• 2022.4.18
  • #Media
『“GK”金沢克彦の新日本プロレス通信』!「“底知れぬ王者ぶり”を見せつけたオカダ、5.1福岡ドーム 内藤戦は“10年越しの総決算”な闘いに!!」4.9両国決戦を大総括!

プロレス界随一の論客・“GK”金沢克彦氏の独特の視点から、現在進行形の新日本プロレスに関するコラムを続々レポート(不定期連載)!!

「“底知れぬ王者ぶり”を見せつけたオカダ、5.1福岡ドームの内藤戦は“10年越しの総決算”な闘いに!!」4.9両国決戦を大総括!

 

スマホサイト会員の方、全文はコチラ!

■新日本50年の歴史を遡ってみても、ここまで嫌悪されたヒールというのは、タイガー・ジェット・シンとEVILが双璧ではないか?

全8戦、6大タイトルマッチが開催された4・9両国国技館大会。今回は後半4試合に絞ってレポートしてみたい。

 第5試合で行なわれたのが、EVILの保持するNEVER無差別級王座に高橋ヒロムが挑戦する因縁の一番。周知の通り、両者は『NEW JAPAN CUP2022』3回戦(3.18後楽園ホール)で対戦し、掟破りのEVILを炸裂させたヒロムが快勝している。

 自分のフィニッシャーで敗れるというのは、これ以上ない屈辱。3.26大阪城ホールでヒロムを襲撃するなど、EVILはそうとうに荒れ狂っていた。

 一方のヒロムにしてみれば、「してやったり!」の展開。対ヘビー級はヒロムにとってひとつの課題というか永遠のテーマでもある。同時にEVILは特別な相手。プロレスラーとしてのスタートではヒロムのほうが1年先輩にあたるし、EVILがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切ったときの落とし前をまだ完全につけたわけではなかったから。

 ここで、NEVER王座初戴冠となれば、一挙両得というか、プロレスラー・ヒロムとしての価値観をまたワンランク上げることができる。ヒロムのプロレス頭はこの日も冴えていた。

 EVILとの対戦というのはセコンドのディック東郷も相手にする2対1のハンディキャップ戦であることは、ハナから承知の上となる。そこで発想の転換。東郷が手を出す前に、自ら場外に降りて東郷を挑発していく。

 中盤、サンセットフリップ・パワーボムを仕掛ける際にEVILをそのまま東郷に投げつけるという頭脳プレイも。焦る東郷のスポイラーズチョーカーも回避してみせた。

 終盤、TIME BOMB、ビクトリー・ロイヤルで追い込む。名も無きヒロムロールでは3カウント寸前へ。だが、トドメのTIME BOMBⅡをかわされて、カウンターのEVILを食って逆転負けを喫した。

 試合の8割はヒロムが握っていた。それを跳ね返したのは、EVILのヘビー級としての意地であり、ロス・インゴと決別した男の意地だろう。この2年、もっとも新日本マットを混沌とさせ、ファンのブーイングの嵐に晒されてきたEVIL。唯一無二のヒール道を貫いてきた男の意地だろう。

 試合後、BULLET CLUBを追放されたタマ・トンガがガンスタンを見舞って、リベンジをアピール。きたる5.1福岡で、タマは新日本隊の一員としてEVILのNEVER無差別級王座へ挑戦が決定。

 絵に描いたようなベビーターンとなるが、反対にみるならあくまでヒールを貫くEVILの存在感は却って際立ってくる。過去の新日本プロレス50年の歴史を遡ってみても、ここまで嫌悪されたヒールというのは、タイガー・ジェット・シンとEVILが双璧ではないか? いま、あらためてそんな気もしてくるのだ。

■プロレスが人生の縮図であり、リング上が社会の縮図であるなら、それをもっともわかりやすいカタチで体現してみせたのがオーカーン

 第6試合のIWGPタッグ選手権は、じつの見応えのあるタッグマッチとなった。ここ1年ほど感じはじめている現象は、「いまIWGPタッグ選手権がおもしろい!」というもの。そう指摘されてみたら、ファンの方々も「そういえば……」という感覚を抱いてくれるかもしれない。

 そのスタート地点は、棚橋弘至&飯伏幸太のゴールデン☆エースがタイトル戦線に顔を出し、対抗馬としてタイチ&ザック・セイバーJr.が活躍を始めたころ。

以降、内藤哲也&SANADA、後藤洋央紀&YOSHI-HASHIとつづいてきた。
 それ以前のIWGPタッグ戦線はやはり外国人タッグ天国であり、イマイチ試合への思い入れが薄くなっていた感は否めないだろう。

 こと、タッグマッチとなると、もっともいい仕事ぶりを見せているのが後藤だろう。IWGPタッグ王座に関しては、柴田勝頼との同級生コンビ、YOSHI―HASHIとの毘沙門での二度戴冠となるが、暮れの『WORLD TAG LEAGUE』では、カール・アンダーソンとのチーム(2012年)、柴田とのチーム(2014年)、毘沙門(2021年)で過去10大会のうち3度制覇…。

※無料公開はここまで!
※この続きは、NJPWスマホサイト or NJPWスマホプレミアムでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全文はコチラ!

 


【“加入月”無料!】話題沸騰! スマホサイトの“プレミアムプラン”! 飯伏選手、オーカーン選手、清野アナのPodcast番組が絶賛配信中!

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ