Road to DESTRUCTION

日時
2017年9月22日(金)   18:00開場 19:00開始
会場
山口・キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター
観衆
1,415人(満員)

MATCH REPORT

 9・24神戸で行われるIWGPタッグ戦3WAYトルネードマッチ(※3チーム同時にノータッチルールで試合を行ない、いずれかの1チームが勝利した時点で決着。反則&場外カウントはなし)ロウ&ハンソン(王者組)vsタマ&スミスvsアーチャー&スミスの最終前哨戦。なお、ジュースは同所でIWGP US王座に挑戦するが、王者ケニー・オメガは今大会も左膝の負傷で欠場した。

 試合開始前、ファレの襲撃を察知した阿部誠リングアナウンサーが素早く場外へ退避。残されたマイクをタマが奪い、ファレの名前を勝手にコールした。

 そこからフィンレー対タマで試合が始まり、フィンレーがリープフロッグからドロップキックを浴びせる。その直後、ロウ&ハンソンがファレたちを場外へ落とし、フィンレー&ジュースがレオにダブルドロップキック、ロウ&ハンソンがダブルショルダータックルをお見舞い。
 ここからロウたちは場外戦を仕掛けるが、BULLET CLUBがラフファイトで逆転。これでフィンレーは動きが止まってしまい、レオがボディスラムで投げ捨てる。
 しかしフィンレーは、タンガのバックドロップを回避し、ハンソンとタッチ。そのハンソンは、エルボー、バックブロー、フロントキックでタマとタンガをコーナーへ追いやり、連続串刺しラリアットを開始する。
 ところが、ファレがカットに入り、またもや両軍入り乱れての大乱闘が勃発。今度はハンソンが孤立し、タンガが平手で尻を何度も叩いて挑発。そして、そのままニュートラルコーナーへ激突させると、タマが串刺しジャンピングボディアタックを食らわせる。
 しかしハンソンは、コーナーを背にしてタマにカウンターフロントハイキックを浴びせ、カウンターヒッププレスで逆転に成功。さらに、トップロープをずらしてファレを場外へ落とし、赤コーナーへ戻った。
 ジュース対レオとなり、ジュースがラリアット2連発から顔面パンチ連射、ショートレンジドロップキック。そして、ラリアットをかわしてフライングボディアタックを繰り出すが、レオが受け止め、バックフリップで叩きつける。
 ここでBCがジュースにトレイン攻撃を仕掛けるも、ロウがカット。そして、レオにジャンピングエルボー、タマに打撃コンビネーション、タンガにニーアタックを食らわせる。
 続いてフィンレーがタマにエルボースマッシュ、タンガがフィンレーにスピアー、ジュースがタンガにバックスピンキック、ファレがジュースにタックル。その直後、ハンソンが側転でファレにフェイントをかけ、ラリアットで場外に落とす。
 するとレオはフロントハイキックでハンソンを蹴散らし、ジュースの首を鷲掴みにする。だが、ジュースが振り切って顔面にパンチを見舞い、パルプフリクションで一気に勝負を決めた。

COMMENT

ロウ「俺たちの怖さを少しは感じ取ったか? ウォーマシンはこのまま(9・24)コーベまで突っ走るぞ。そして、そのコーベでは3WAYマッチだ。しかもトルネードルールでな。これがどういう意味わかるか? 教えてやれ、ハンソン」
ハンソン「それはウォーマシンのルールだってことだ。そうだ、ノールールだ。俺たちのルールなのに、俺たちを止められるとでも思ってるのか? ウォーマシンが世界を制圧する」
ロウ&ハンソン「ウォーー!!」
ジュース「いよいよだな。あと2日。俺はもう準備OKだぜ、ケニー・オメガよ。お前はどうなんだ? 俺自身、こんなに待ち切れないなんて思ってもみなかったよ。IWGP USヘビー級に挑戦するだけじゃなく、あんなに大会場でのメインイベントなんて初めてだしな。しかも相手は“世界最高のレスラー”だろ。さすがにそれを考えるとナーバスになってしまうけど、どんな気持ちで当日を迎えるかなんて、今は考えられないよ。だけど、俺にはハッキリと見えてるものがある。それはUSヘビー級のベルトを手にしている姿だ。俺はもう、それに向けた道を突き進んでる。あと2日、突き進めばいいだけだ。コーベまでの道をな。ケニーよ、脚の具合はどうだ? 100%になってることを願うよ。どっちにしろ、コーベではその時により優れてる方が勝つ。それだけは間違いない。ここまで来るのは決して簡単な道ではなかった。2年前、ニュージャパンでデビューしたころは、毎日、負けてばっかりだった。仲間もいなかったしな。だけど、いつかニュージャパンのベルトを手にするんだという思いは捨てなかった。だから、このチャンスを手にできたんだ。2年前と違って、今の俺は毎日、勝利している。それも、お前の仲間であるBULLET CLUBの連中からな。お前は俺を簡単に倒せると思ってるんだろ? なんたって“世界最高のレスラー”だからな。だけど、『G1(CLIMAX 27)』のあの瞬間を思い返してみろ。ほかの相手にはなかなか勝てなかったこの俺が“世界最高のレスラー”に勝ったんだ。なぜだかわかるか? 何度も何度も負けながらも、俺はずっとビクトリーロードを歩いてきたからだ。その道の向こうに、そのベルトがあるんだ。コーベの試合が終わったとき、俺はUSヘビー級のベルトを肩に掛けている。それがコーベでの現実になるんだ。俺が勝利を積み重ねている間、お前はどうしてた? 病院でのんびりしてたんだろ。だから100%のコンディションに戻ってるよな。『イエス』って言えるだろ? まあ、お前自身は50%と思ってるかもしれないけど。いや、25%か? だけど、俺はお前が100%で戻って来ると信じてる。まあ、それはリング上で闘えばすぐにわかるだろう。とにかく俺は、コーベでお前と闘うのが楽しみだ」
※フィンレーはノーコメント

※ファレ&タマ&タンガ&レオはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
記念切手
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
tekken
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ