新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

News

最新情報

  • Home  ≫
  • News  ≫
  • Topics  ≫
  • 『SUPER Jr.』優勝のデヴィット、6・22大阪で棚橋に勝利すると断言! Jr.王者のままIWGPヘビー戴冠を狙う!
  • All
  • Topics
  • Media
  • Event
  • Other
  • Shop

2013-06-10

『SUPER Jr.』優勝のデヴィット、6・22大阪で棚橋に勝利すると断言! Jr.王者のままIWGPヘビー戴冠を狙う!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 『BEST OF THE SUPER Jr. XX』決勝戦から一夜明けた6月10日、優勝者のプリンス・デヴィット選手が会見を開き、現在の心境をコメントした。
 
 6月22日大阪『DOMINION 6.22』では棚橋弘至選手との一騎打ちも決定。勝利した暁には、かねてから掲げていたヘビー級王座戴冠へ本格的に乗り出す構えを見せた。
 
■デヴィット選手のコメントと質疑応答
デヴィット「2013年の『BEST OF THE SUPER Jr.』、プリンス・デヴィットは10戦をすべて勝ってチャンピオンになった。俺はこうしてIWGP Jr.のベルトを持っている。『SUPER Jr.』は2回勝っている。そして、Jr.タッグ王者には何度もなった。つまり、俺は世界で一番のJr.のレスラーなんだ」
 
――3年前の優勝と違った感想はお持ちですか?
デヴィット「イエス。俺はこの3年間でずいぶん成長した。Jr.の世界にとどまらず、ヘビー級のタナハシに勝ったこともある。そういう意味でも、俺はJr.の枠を超えたベストなレスラーになった」
 
――『SUPER Jr.』ではすべての試合でBULLET CLUBメンバーの介入がありました。それで満足なのですか?
デヴィット「セコンドのメンバーがコーナーにいたことはたしかだ。しかし、肉体的に何かサポートしてくれたわけではない。彼らは単にアドバイスをくれただけ。すべて自分の力で勝利した」
 
――ファンから浴びせられたブーイングについては、どう感じていますか?
デヴィット「一部のファンからブーイングをもらっているかもしれないが、ノープロブレム(キッパリ)。タグチ(田口隆祐)はケガで欠場したが、俺はこうして自分が強いことを証明している。そのことがApollo 55を解散して、BULLET CLUBを作った理由でもある。一部のファンも、そのうちこの俺を支持するだろう」
 
――棚橋選手に対して、特に敵意をむき出しにしているように見えますが?
デヴィット「タナハシについて、特別気にかけていることはない。単なる敵の1人だ。ヤツを含め、これからはヘビー級のレスラーをどんどん倒していく。ここにある『SUPER Jr.』の大きなトロフィーは、単なるワンステップに過ぎない。次に闘うタナハシも、しょせんはただのワンステップだ。タナハシを倒し、IWGPヘビーのベルトを獲る。大阪ではオカダ(・カズチカ)とマカベ(真壁刀義)のことも特に気にしてはいない。マカベは単なるゴリラかチンパンジー、オカダは単にレインメーカーでブームになっているだけ。本当に強い“シューター”(射撃手)はこの俺。必ずIWGPヘビーを手に入れる」
 
――IWGP Jr.王座の防衛戦は考えていないのですか?
デヴィット「タイトルマッチをやるとして、誰かチャレンジャーがいるのか!? いないだろう? 『SUPER Jr.』では10人の選手に勝った。この3年間でことごとく相手を倒してきた。もはや俺にかなうヤツはいない」
 
――これからもJr.ヘビーのベルトを持ったまま闘うということですか?
デヴィット「オフコース! 返上するなんて考えは毛頭ないね。このベルトを持ったままヘビー級のベルトを獲り、両方とも保持し続ける。挑戦したいというのなら、誰でも挑戦してくればいい」

※この会見の模様はYouTubeでご覧いただけます!

■『DOMINION 6.22』
6月22日(土)17:00〜大阪・ボディ メーカーコロシアム
 
 
 
Twitterハッシュタグは #nj622 です!皆様のつぶやきお待ちしております。

【写真:山本正二】

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.