新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

News

最新情報

  • Home  ≫
  • News  ≫
  • Topics  ≫
  • IWGP Jr.タッグ王座を返上した田口隆祐選手が現在の心境をコメント!
  • All
  • Topics
  • Media
  • Event
  • Other
  • Shop

2010-04-21

IWGP Jr.タッグ王座を返上した田口隆祐選手が現在の心境をコメント!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

IWGP Jr.タッグ王座を返上した田口隆祐選手が現在の心境をコメント!


 
 4月21日、大阪大会の試合開始前、田口隆祐選手が緊急記者会見を開き、IWGP Jr.タッグ王座(パートナーはプリンス・デヴィット)返上についてコメントした。

■田口選手のコメントとマスコミとの質疑応答

 
田口「Jr.タッグチャンピオンとして防衛戦をやっていくのが使命だったんですけど、デヴィちゃんが欠場して、シリーズに穴を開けてしまって。Jr.タッグリーグ(5月8日『SUPER J TAG TOURNAMENT 1st』)もあるということで、フェアにと言いますか、心機一転というか、1度ベルトを返上します。全チームに公平になるというか、そういう意味もありまして。このトーナメントで優勝すればいいことだろうと思いまして、それを会社に受け入れていただきました。このタッグトーナメントもベルトが懸かっているということで盛り上がり方も違うと思いますし、Jr.タッグベルトをさらに価値のあるものにするために、こういう判断を2人で下しました」
 
--デヴィット選手のケガの具合を知っていますか?
田口「『手術をした』ということしか聞いてないんですけど、いまリハビリをしていて、だいぶ回復をしていると。『8日のトーナメントには間に合う。まだ日にちもあるし、大丈夫。心配しなくていい』ということは聞いています」
 
--欠場明けのデヴィット選手と、1日3試合を闘い抜くことになりますが?
田口「まぁ、デヴィットが2ヶ月ちょっとですか? 休んでいる中で、どこまで回復しているかというのが、僕らの優勝する鍵になると思うんですけど、そこはタッグですから。僕がその部分をカバーして。このトーナメント出場チームの中で、僕らが頭二つも三つも抜けていると思いますので。まぁ、ベルトは返上しましたけど、IWGP Jr.タッグベルトの挑戦者という気持ちで臨みますので。優勝は僕らで間違いないと思います。またベルトをもう1度僕らの腰に巻いていきたいと思います。その前に、僕のほうが(5月)3日に福岡で、IWGP Jr.のシングルのベルトに挑戦というのがありますので(王者はプロレスリング・ノアの丸藤正道)。僕の気持ち的にも、1度(タッグ)ベルトを返上してまっさらな何もない状態でチャンピオンに挑戦して、シングルを取り返して、タッグのほうも取り返して。シングルとタッグを同時戴冠、さらにトーナメント優勝で、そのあとの『(BEST OF THE)SUPER Jr.』も優勝。新日Jr.の完全制覇というんですか。グランドスラムまでもって行く。そういう意味で、デヴィちゃんの話を了承して、(Jr.タッグ王座を)返上しました。だけど、僕らの優勝は間違いないと思います。自信があるから返上したということです」
 
--逆に気持ちがリフレッシュした?
田口「そうですね。チャンピオンとしての気持ちも持ちつつ、チャレンジャーとしての気持ちも忘れずに。そういう感じですかね」
 
■5月8日(土)
「SUPER J TAG TOURNAMENT 1st 」
東京・JCB HALL

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.