ベルク Presents WRESTLE KINGDOM 18 in 東京ドーム

日時
2024年1月4日(木)   14:45開場 16:30開始
会場
東京・東京ドーム  
放送
バナーバナー
観衆
27,422人

MATCH REPORT

内藤が世界ヘビーを奪取し4年越しのデ・ハポン締め!!
オカダが強豪ダニエルソンに執念の雪辱勝利!
フィンレーが三つ巴の戦いを制し初代GLOBAL王者に!
デスペラードがヒロムの快進撃を食い止め王座奪取!
ヒクレオ&ELPが毘沙門を討ち取りタッグ2冠王に!
タマが鷹木を撃破し意地のNEVER返り咲き!
EVIL&成田が海野&清宮に無法勝利!
上村が辻との同期のライバル対決に激勝!
“新社長”棚橋がNJPW WORLD認定TV王座初戴冠!
Catch 2/2がWAR DOGSからIWGPジュニアタッグ奪還!
 
★月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!!  

 1月4日(木)、東京・東京ドームで新日本プロレス年間最大のビッグマッチ『ベルク Presents WRESTLE KINGDOM 18 in 東京ドーム』が開催された。

 第1試合はIWGPジュニアタッグ選手権試合として、『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023』優勝チームのCatch 2/2(フランシスコ・アキラ&TJP)が、第73代チャンピオンチームのクラーク・コナーズ&ドリラ・モロニー組に挑戦。おどろおどろしい姿のTJPは、ゴングを待たずに奇襲攻撃。だが、コナーズが首輪でTJPを分断すると、BC WAR DOGSはアキラを狙い撃ち。しかし、Catch 2/2はチームプレーで挽回し、TJPがモロニーに血のようなものを噴射。モロニーがひるむと、最後はCatch 2/2が2/2で沈め王座奪還に成功した。

 第2試合のNJPW WORLD認定TV選手権試合では、昨年12月に新日本の新社長に電撃就任した棚橋弘至が、初代チャンピオンのザック・セイバーJr.にチャレンジ。ザックは次々と得意のサブミッションを仕掛け、棚橋を追い込んでいく。だが、棚橋も意地の反撃。終盤、両者は目まぐるしい丸め込みの応酬を繰り広げ、最後は棚橋が3カウントを奪取。TV王座初戴冠を果たした棚橋は試合後、あらためて新社長として所信表明を行なった。

 第3試合はスペシャルシングルマッチとして、同期のライバル同士である辻陽太と上村優也が激突。凱旋帰国以来、初の一騎打ちを迎えた両者は熱のこもったせめぎ合いを展開。終盤、上村は辻のカーブ・ストンプをかわすと、怒濤のたたみかけ。変形の裏投げからドラゴンスープレックスで辻に大きなダメージを与えると、最後はカンヌキスープレックスホールドで3カウントを奪取した。

 第4試合のスペシャルタッグマッチでは、海野翔太がプロレスリング・ノアの清宮海斗と越境タッグを結成し、遺恨深まるEVIL&成田蓮組と激突。試合はHOUSE OF TORTUREのメンバーたちが随所で乱入し、海野&清宮は苦しい戦いを強いられる。だが、息の合った連携で反撃し、終盤には清宮がEVILに掟破りのEVILを炸裂。だが、EVILはお返しのEVILで清宮を分断。最後は成田が海野をプッシュアップバーで殴りつけてから、DOUBLE CROSSを食らわせ撃沈。HOUSE OF TORTUREがなりふり構わず勝利を強奪した。

 第5試合はNEVER無差別級選手権試合として、前チャンピオンのタマ・トンガと現チャンピオンの鷹木信悟がリマッチ。昨年、シングルで3度対戦し1勝1敗1引き分けの両者は、序盤から気迫あふれる攻防。共に下がらず、闘志をぶつけ合う。終盤、鷹木は相手のお株を奪う鷹木式ガンスタンを食らわす。だが、タマはラスト・オブ・ザ・ドラゴンを切り抜けると、スタイルズクラッシュを炸裂。続いてガンスタンからカバーするが、鷹木は必死にカウント2でキックアウト。しかし、タマが追撃のDSDで王座返り咲きを果たした。

 第6試合はIWGPタッグ&STRONG無差別級タッグ選手権試合として、第99代IWGPタッグチャンピオンチーム&『WORLD TAG LEAGUE 2023』優勝チームの毘沙門(後藤洋央紀&YOSHI-HASHI)が、第6代STRONG無差別級タッグチャンピオンチームのヒクレオ&ファンタズモと対決。昨年の『WORLD TAG LEAGUE』で接戦を繰り広げた両チームは、連携技とチームの絆でつばぜり合いを繰り広げる。終盤、ヒクレオ&ファンタズモは後藤にスーパーサンダーキス’86を炸裂するが、後藤は必死にキックアウト。すると、巨漢ヒクレオがファンタズモのアシストを受け、なんとコーナー最上段から豪快にダイブ。この新技サンダーストラック’91で、G.o.Dがタッグ2冠王に君臨した。

 第7試合はIWGPジュニアヘビー級選手権試合、第93代チャンピオンの高橋ヒロムが、チャレンジャーのエル・デスペラードと激突。宿命のライバル対決は、デスペラードが入場時のヒロムにトペ・コンヒーロを叩き込んで開戦。以降も両者は魂の攻防を展開し、「負けるか!」「絶対に負けねえ!」と気迫をぶつけ合う。最後はデスペラードが垂直落下式リバースタイガードライバーからのピンチェ・ロコで激勝。ヒロムのV8を食い止め、3度目の同王座戴冠を成し遂げた。

 第8試合はIWGP GLOBALヘビー級選手権 初代王者決定3WAYマッチとしてウィル・オスプレイ、ジョン・モクスリー、そしてデビッド・フィンレーが対峙。序盤、オスプレイとモクスリーは邪魔者のフィンレーの動きを止めると、そこから一騎打ちのように白熱の攻防を展開。だが、復活したフィンレーがラフファイトで大暴れ。オスプレイとモクスリーも応戦し、三つ巴の王座戦は大荒れの様相に。終盤、フィンレーがピンチになるとコグリン&ゲイブが乱入するも、オスプレイとモクスリーが排除。しかし、最後は3人の必殺技が飛び交う中、フィンレーがオスプレイを新技オーバーキルで撃沈。
 初代王者となったフィンレーは試合後、リングサイドでこの一戦を見届けた元WWEのニック・ネメス(前名ドルフ・ジグラー)と乱闘を繰り広げた。

 セミファイナル(第9試合)はスペシャルシングルマッチ、オカダ・カズチカvsブライアン・ダニエルソン。両雄は昨年6月にシングル、さらに10月にタッグで対戦。どちらもダニエルソンが勝利するも、その代償として右腕や目を負傷。共に復讐を胸に臨んだ一戦は、ダニエルソンがオカダの右腕に狙いを定め集中攻撃。オカダも必死に応戦するが、終盤にダニエルソンは昨年6月にオカダからギブアップを奪った変型リバースダブルアームバーで捕獲。オカダは絶体絶命のピンチに陥るも、執念で切り抜けると猛反撃。最後は渾身のレインメーカーで死闘に終止符を打ち、雪辱勝利を飾った。

 そしてメインイベント(第10試合)はIWGP世界ヘビー級選手権試合として、第7代チャンピオンのSANADAがチャレンジャーの『G1 CLIMAX 33』覇者・内藤哲也を迎撃。2005年の新日本の入門テスト以降、それぞれキャリアを重ねる中で、導かれるように交わりを見せてきた両雄が、ついにドームのメインで激突。SANADAと内藤は序盤から心理的駆け引きを含め、緊張感ある攻防を展開。内藤は首攻めで切り崩しにかかるも、SANADAも一歩も譲らず。試合が佳境に入るとSANADAがデスティーノ、内藤がデッドフォールと、相手の得意技を繰り出し意地をぶつけ合う。死力を尽くした攻防は最後、内藤がバレンティアからのデスティーノで粘るSANADAを撃破。
 試合後、IWGP世界ヘビー初戴冠を果たした内藤がマイクを握ると、なんとEVIL&東郷が襲撃。場内がブーイングに包まれる中、EVILは「オマエに大合唱なんかやらせねえんだよ! 第8代IWGP世界ヘビー級チャンピオンは、この俺なんだよ!」と傍若無人に咆哮。するとSANADAがEVILをシャイニングウィザードで排除。内藤はSANADAに感謝を告げると、4年越しの東京ドームでの「デ・ハポン!」の大合唱で大会を締めくくった。
 
 また、第1試合前には第0試合として20選手参加の「KOPW 2024」進出権争奪ニュージャパンランボーを実施。フジタ“Jr.”ハヤト(みちのくプロレス)や飯塚高史がサプライズ登場した時間差バトルロイヤルは、グレート-O-カーン、YOH、矢野通、そして石森太二の4選手が、明日の1.5墨田区で行なわれる「KOPW 2024」決定戦4WAYマッチの進出権を獲得した。


【スマホプレミアムPodcast“新春SP“3連発!】①『THE対談』SANADA×武藤敬司の“師弟対談”!② 『タナポ・プレミアム』に小橋建太が登場!③『真夜中王国』で海野翔太がSNSを大いに語る!!

RESULT

第0試合
「KOPW 2024」進出権争奪ニュージャパンランボー ※15時30分開始予定

32分40秒  オーバーザトップロープ
※オーカーン、YOH、石森、矢野が「KOPW 2024」決定戦4WAYマッチ進出権を獲得

試合詳細を見る

【本日で投票が締め切り!】「投票がまだのみなさん、ぜひよろしくお願いします!」テレ朝・三谷紬アナが「バラバラ大選挙」へ向けてファンへメッセージ!

試合詳細を見る

第1試合 60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

  • <チャレンジャーチーム/SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023優勝>
  • <第73代チャンピオンチーム>
9分38秒  2/2→体固め
※クラーク&モロニ―が4度目の防衛に失敗。Catch 2/2が新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第2試合 15分1本勝負
NJPW WORLD認定TV選手権試合

  • <チャレンジャー>
  • <初代チャンピオン>
8分53秒  エビ固め
※ザックが防衛に失敗。棚橋が新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

「全力で闘っていきます!これからもよろしくお願いします!」社長就任の棚橋がファンにメッセージ!

試合詳細を見る

第3試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ

試合詳細を見る

第4試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

試合詳細を見る

第5試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <チャレンジャー>
  • <第41代チャンピオン>
13分46秒  DSD→片エビ固め
※鷹木が2度目の防衛に失敗。タマが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第6試合 60分1本勝負
IWGPタッグ&STRONG無差別級タッグ選手権試合

  • <第99代IWGPタッグチャンピオンチーム/『WORLD TAG LEAGUE 2023』優勝チーム>
  • <第6代STRONG無差別級タッグチャンピオンチーム>
9分47秒  サンダーストラック‘91→片エビ固め
※毘沙門が3度目の防衛に失敗。ヒクレオ&ファンタズモがIWGPタッグ&STRONG無差別級タッグ王者となる

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • <第93代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
14分21秒  垂直落下式リバースタイガードライバーからのピンチェ・ロコ→片エビ固め
※ヒロムが8度目の防衛に失敗。デスペラードが新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
IWGP GLOBALヘビー級選手権 初代王者決定3WAYマッチ

22分17秒  オーバーキル→エビ固め
※フィンレーがIWGP GLOBALヘビー級初代王者となる

試合詳細を見る

IWGP GLOBALヘビー級王者・フィンレーがニック・ネメスを挑発!ヒートアップする両者は大乱闘へ……!

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
スペシャルシングルマッチ

vs

試合詳細を見る

第10試合 60分1本勝負
IWGP世界ヘビー級選手権試合

  • (第7代チャンピオン)
  • (チャレンジャー/『G1 CLIMAX 33』優勝)
25分42秒  デスティーノ→片エビ固め
※SANADAが5度目の防衛に失敗。内藤が新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

EVIL&東郷が襲撃……内藤のピンチをSANADAが救出!最後はファン待望の“デ・ハ・ポン”大合唱!

試合詳細を見る

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ