レスリングどんたく 2023

日時
2023年5月3日(水・祝)   16:30開場 18:00開始
会場
福岡・福岡国際センター  
放送
バナーバナー
観衆
4,489人(札止め)

MATCH REPORT

SANADAがヒロムの夢を打ち破りV1!
なんと辻陽太がSANADAに宣戦布告!
フィンレーが非情のファイトでNEVER強奪!
オカダ&棚橋&石井がNEVER6人タッグ新王者に!
ザックはコブを仕留めきれず引き分け防衛!
ヒクレオがKENTAの無法攻撃をしのぎ王座奪取!

★月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!! 

 5月3日(水・祝)、福岡・福岡国際センターにて毎年恒例のビッグマッチ『レスリングどんたく 2023』が開催された。1993年の初開催から30年、通算では14回目の開催となる今大会では、5大タイトルマッチを中心に激闘が繰り広げられた。

 オープニングマッチは後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&矢野通&YOHvsEVIL&高橋裕二郎&SHO&ディック東郷。毘沙門(後藤&YOSHI-HASHI)とEVIL&裕二郎は、共にオージー・オープン(マーク・デイビス&カイル・フレッチャー)のIWGPタッグ王座への挑戦をアピール。そして5.1大分でIWGPタッグのベルトを強奪したEVIL&裕二郎は、入場時にそのベルトを携え不敵に登場。毘沙門はゴング前に襲いかかり、試合は大荒れの幕開けに。毘沙門は一気呵成に攻め込み、東郷から消灯で3カウントを奪取。試合後、EVIL&裕二郎は番外戦を仕掛けるも、そこにオージー・オープンが駆けつけてIWGPタッグのベルトを奪還。そしてフレッチャーはマイクを握ると、毘沙門とオージー・オープンにIWGPタッグを懸けた3WAYマッチをアピールした。

 第2試合はマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&藤田晃生vsマーク・デイビス&カイル・フレッチャー&グレート-O-カーン。4.29鹿児島のIWGPタッグ王座戦で熱闘を繰り広げたニコルス&ヘイストとオージー・オープンは、目まぐるしい連携技の読み合いを展開。終盤、藤田はオーカーンに見事なジャーマンスープレックスホールドを炸裂。だが、奮闘及ばず、最後はオーカーンが藤田を大空スバル式羊殺し・ルーナで仕留めた。

 第3試合は海野翔太とJET SETTERS(KUSHIDA&ケビン・ナイト)のトリオが、UNITED EMPIREのアーロン・ヘナーレ&Catch 2/2(TJP&フランシスコ・アキラ)と対峙。4.27広島でJET SETTERSにIWGPジュニアタッグを奪われたCatch 2/2は、スピーディーなタッグプレーを見せる。するとJET SETTERSも負けじと連携技で応戦。ヘビーのヘナーレと海野は力強い攻防を繰り広げる。最後はKUSHIDAが変形の首固めで、TJPから技アリの3カウントを奪取した。

 第4試合はL・I・Jの内藤哲也&鷹木信悟&BUSHI組と、Just 5 Guysのタイチ&金丸義信&DOUKI組が対決。SANADAのL・I・J脱退、Just 5 Guys加入で遺恨を深めてきた両ユニット。今大会のメインに勝利のバトンをつなぐべく、開始からつばぜり合いを繰り広げる。終盤、金丸&DOUKIがBUSHIにダブルのアトミックドロップを決めると、間髪入れずにタイチがアックスボンバー。そしてタイチが聖帝十字陵でBUSHIを捕らえると、金丸が鷹木を4の字固め、DOUKIが内藤をイタリアンストレッチNo.32で捕獲しアシスト。BUSHIは逃れることができず、Just 5 Guysに凱歌が上がった。

 第5試合はヒクレオがKENTAの保持するSTRONG無差別級王座に挑戦。KENTAは巨漢ヒクレオに対し、悪のインサイドワークで切り崩しにかかる。だが、ヒクレオも体格を利したダイナミックな技で反撃。しかし、KENTAはヒクレオのビッグブーツを佐藤レフェリーに誤爆させると、竹刀で滅多打ち。すると、ヒクレオは竹刀をへし折り猛攻。それでもKENTAはなりふり構わず攻撃を仕掛けるが、ヒクレオはパワートリップで動きを止めると、とどめのゴッドセンドを炸裂。シングル王座初戴冠を成し遂げた。

 第6試合ではNJPW WORLD認定TV王者のザック・セイバーJr.が、ジェフ・コブを相手に6度目の防衛戦。序盤、ザックはコブの規格外のパワーの前に攻めあぐねるも、足関節技で徐々にダメージを蓄積させる。それでもコブは豪快な技で反撃し、雪崩式サイドスープレックスやぶっこ抜きジャーマンでザックを追い詰める。終盤、ザックはスキをついて腕ひしぎ逆十字を仕掛けるが、コブは力任せにブレーンバスターで叩きつける。そしてコブがザックに追撃を狙ったところで、試合終了のゴング。ザックは時間切れ引き分けで6度目の防衛に成功するも、試合後は渋い表情を見せた。

 第7試合はNEVER無差別級6人タッグ王者のSTRONG STYLE(鈴木みのる&エル・デスペラード&成田蓮)に、紆余曲折を経てメンバーが決定したオカダ・カズチカ&棚橋弘至&石井智宏組が挑戦。鈴木はこの試合が復帰戦となる棚橋に狙いを定め、欠場理由となった脇腹を攻める。だが、棚橋が必死に応戦すると、石井はその思いに応えるようにタッチの手を伸ばし、デスペラードと鬼気迫る攻防を展開。そして、オカダと成田は真っ向から闘志をぶつけ合う。終盤、オカダ組は成田に波状攻撃。そして最後はオカダが変形のエメラルド・フロウジョンからレインメーカーを叩き込み、成田を撃沈。オカダ&棚橋&石井組がNEVER6人タッグ新王者組となった。
 試合後、海野が姿を現してオカダに宣戦布告。師匠であるジョン・モクスリーと共に、6.4大阪城での対戦をアピールした。

 セミファイナル(第8試合)はNEVER無差別級選手権試合、王者タマ・トンガvs挑戦者デビッド・フィンレー。前哨戦で遺恨を深めてきた両者は、開始からラフファイトの応酬。フィンレーは場外戦で蹂躙するが、怒りのタマもフィンレーをフェンスに幾度となく叩きつけて反撃。試合が過熱の一途をたどる中、フィンレーはコーナー最上段に上るも、フィンレーは突き飛ばしてフェンスに激突させる。これでタマの動きが落ちると、フィンレーはパワーボムを連発。そしてとどめのINTO OBLIVIONを決めるが、カウント3寸前でタマを引きずり起こす。フィンレーは同じ動きをもう一度見せてから、3発目のINTO OBLIVIONでタマを葬り、NEVER王座を強奪した。
 すると試合後、フィンレーにBULLET CLUBを追放されたエル・ファンタズモが乱入。フィンレーと外道にトペ・コンヒーロを食らわせた。

 メインイベント(第9試合)ではIWGP世界ヘビー級王者のSANADAが、初防衛戦として高橋ヒロムを迎撃。IWGPジュニアヘビー級王者として世界ヘビー戴冠を目指すヒロムは、その夢の実現すべく、機動力を武器に果敢な攻めを見せていく。だが、SANADAもテクニカルなファイトで徹底抗戦。試合が佳境に入ると、SANADAはヒロムの背中にラウンディング・ボディプレスを炸裂。だが、二発目を膝で迎撃したヒロムは意地の猛攻を見せ、TIME BOMB、TIME BOMB IIを食らわす。さらにTIME BOMB 2.5を狙うが、回避したSANADAは巻き返しをはかる。ラウンディング・ボディプレスは執念で返したヒロムだったが、最後はシャイニングウィザードからのデッドフォールの前に撃沈。SANADAが初防衛に成功した。
 試合後、SANADAは“ギフト”を演出すると、「日本で一番ここ、福岡が好いとうよ」とアピールし、大会を締めくくった……と思いきや、突如場内が暗転。そして、なんと海外修業中だった辻陽太が登場。SANADAを豪快なスピアーでKOすると、世界ヘビーのベルトを掲げ、次期挑戦をアピールした。

 また、第0試合では『CSテレ朝チャンネル Presents ヤングライオン THREE CONSECUTIVE BATTLE』を実施。この試合は“チャレンジャー”の大岩陵平が、中島佑斗、オスカー・ロイベ、ボルチン・オレッグの3選手とそれぞれシングルマッチで5分1本勝負で戦い、「3連勝した場合はNJPW WORLD認定TV王座への挑戦権、ならびにCSテレ朝チャンネルより、焼肉券20万円分が与えられる」というルール。結果、大岩が0勝1敗2分で、何も得ることはできなかった。

【5月3日(水)22時~!】『真夜中のレッスル&キングダム』今回は「ヒクレオ選手(後編)!ファレとの関係は“遠い親戚”! 神戸でのジェイ裏切りの真相は?」

RESULT

第0試合 5分1本勝負
CSテレ朝チャンネル Presents ヤングライオン THREE CONSECUTIVE BATTLE

2分33秒  逆エビ固め
※大岩の0勝1敗2分

試合詳細を見る

第1試合 20分1本勝負

試合詳細を見る

IWGPタッグベルトを奪回したオージー・オープンが 3WAYマッチを提案!

試合詳細を見る

第2試合 20分1本勝負

試合詳細を見る

第3試合 20分1本勝負

試合詳細を見る

第4試合 30分1本勝負

試合詳細を見る

★『BEST OF THE SUPER Jr.30』対戦カード発表

試合詳細を見る

第5試合 30分1本勝負
STRONG無差別級選手権試合

vs

  • ※3度目の防衛戦
9分45秒  ゴッドセンド→片エビ固め
※ヒクレオが第4代チャンピオンとなる

試合詳細を見る

第6試合 15分1本勝負
NJPW WORLD認定TV選手権試合

15分00秒  時間切れ引き分け
※ザックが6度目の防衛に成功

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <第25代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
19分36秒  レインメーカー→片エビ固め
※オカダ&棚橋&石井が第26代チャンピオンチームとなる

試合詳細を見る

海野がオカダへ挑戦表明!“パートナー”モクスリーもVTRで登場!

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <第38代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
25分01秒  INTO OBLIVION→体固め
※フィンレーが第39代チャンピオンとなる

試合詳細を見る

ファンタズモがフィンレーを急襲! 身につけたライオンマークを誇示!

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
IWGP 世界ヘビー級選手権試合

  • <第7代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

試合詳細を見る

なんと辻陽太が出現! 強烈スピアーでSANADAをKO!【エンディング】

試合詳細を見る

EVENT CALENDAR

2024年3月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ