Collision in Philadelphia

日時
2023年4月17日(月)   16:00(EST)開場 17:00(EST)開始
会場
アメリカ・2300 Arena(ペンシルバニア州フィラデルフィア)  
観衆
977人(札止め)

MATCH REPORT

石井&ラッシュの奮闘及ばずオージーがV1!
トーナメント1回戦にジュースが乱入!
アーチャーがロッサーを破り決勝へ!
キャシディがゲイブリエルを下し王座防衛!
BC入りしたコナーズがDKCを一蹴!

★月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!! 

★今大会は FITE TV のPPVで配信(英語のみ)!

 4月16日(現地時間・日)、アメリカ・2300 Arena(ペンシルバニア州フィラデルフィア)にて『Collision in Philadelphia』が開催された。
  
 オープニングマッチではエル・デスペラード&ボラドールJr.のが日墨師弟タッグが、ROHで活躍したデリリアスとJET SETTERSのケビン・ナイトの異色コンビと対戦。ナイトはボラドールのスピードにも負けない身体能力を披露。デリリアスもトリッキーな動きで試合をかき乱す。だが、終盤にボラドールがデリリアスにバッククラッカーを食らわすと、そこからデスペラードがピンチェ・ロコにつなぎ勝利を決めた。

 第2試合ではLA DOJO出身のアレックス・コグリンが、技巧派のトレイシー・ウィリアムズとROHピュアルールズマッチで対戦。ウィリアムズのテクニックに対し、コグリンは規格外のパワーで対抗。尻餅状態でウィリアムズをブレーンバスターの体勢で捕らえると、そこから立ち上がりマットに叩きつけ、場内のどよめきを誘う。最後はウィリアムズのローリングエルボーをかわしたコグリンが、ジャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪取した。

 第3試合は急遽決定した追加カードとして、ザ・DKCとクラーク・コナーズが一騎打ち。前日の4.15ワシントンの10人タッグ終了後、仲間割れした両者。そしてコナーズはデビッド・フィンレーの勧誘を受けて衝撃のBULLET CLUB入りを果たした。一夜明け、黒づくめのコナーズの入場時にはフィンレーが帯同。前夜の雪辱を狙うDKCは、ゴングを待たずに打撃で猛攻を見せる。だが、コナーズは荒々しいファイトで反撃し、最後は強烈なスピアーで一蹴した。

 第4試合では前日のワシントン大会でNJPW WORLD認定TV王座戦で激闘を繰り広げた王者ザック・セイバーJr.とトム・ローラーが、それぞれシェイン・ヘイスト&バッドデュード・ティト、ロイス・アイザックス&ジョレル・ネルソンとトリオを結成し追撃戦。TMDKとTeam FILTHYによる6人タッグは、それぞれが持ち味を発揮。ローラーは昨晩のリベンジとばかりに、ローラーに果敢に攻撃を繰り出す。終盤、両軍入り乱れる大混戦の中、ローラーがティトにランニングニー。そして最後は必殺のNKOTBで息の根を止めた。

 第5試合はホミサイド&ロッキー・ロメロ組と、5.3福岡で高橋ヒロムの挑戦を受けるIWGP世界ヘビー級王者のSANADA、そして4.27広島でヒロムのIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦する金丸義信のJust 5 Guysが対峙。試合巧者が揃ったタッグマッチは、スリリングなせめぎ合いに。SANADAがパラダイスロックを決めると、場内は大きな歓声が巻き起こる。終盤、ホミサイドはSANADAにダ・コップ・キラーを狙う。だが、切り抜けたSANADAがオコーナーブリッジでホミサイドから3カウントを奪取した。

 第6試合はAEWインターナショナル選手権試合として、王者のオレンジ・キャシディにゲイブリエル・キッドが挑戦。当初の対戦相手だったエディ・キングストン(AEW)の負傷欠場により、王座挑戦のビッグチャンスが舞い込んだゲイブリエルは、序盤から闘志を全開に。対するキャシディは持ち前の緩急自在のファイトで応戦。終盤、キャシディのオレンジパンチでゲイブリエルはロープに吹っ飛ぶも、その反動でラリアットを炸裂。さらに襲いかかるが、キャシディはマウストラップで押さえ込んで技アリのピンフォール勝ち。粘るゲイブリエルからベルトを守り抜いた。

 第7試合は内藤哲也&高橋ヒロム組が、KENTA&チェーズ・オーエンズ組と激突。次期シリーズでタイトルマッチ2連戦を控えているヒロムは、エネルギッシュなファイトで場内を大いに沸かす。だが、BULLETタッグは狡猾な試合運びでペースを握らせない。終盤、L・I・Jはオーエンズに波状攻撃。連携のトルネードDDTを食らわすと、最後は内藤がデスティーノでオーエンズを沈めた。試合後、ロッキーが登場し、8月19日に今大会と同じ会場で『ALL STAR Jr. FESTIVAL U.S.A 2023』が開催されることを発表。場内は歓声と拍手に包まれ、ヒロムも喜びをあらわにした。

 セミファイナル(第8試合)はIWGP USヘビー級王座ナンバーワン・コンテンダートーナメント 1回戦として、ランス・ランス・アーチャーとフレッド・ロッサーが激突。当初、アーチャーの相手はジュース・ロビンソンだった。しかし、前日のワシントン大会でのロッサーvsジュースにおいて、ジュースは入場時のロッサーを襲撃し、試合はノーコンテスト裁定に。これを受けて新日本はジュースのトーナメント出場資格を剥奪と、ロッサーの代替出場を発表した。
 迎えた一戦はアーチャーの要求により“フィラデルフィア式ストリートファイトマッチ”に。劣勢のロッサーだったが、終盤に竹刀でアーチャーを滅多打ち。そしてSTCを決めるが、何とジュースが乱入し、反則パンチでロッサーをKO。最後はアーチャーがロッサーにショートレンジラリアットを叩き込み3カウントを強奪した。

 メインイベント(第9試合)では石井智宏&リオ・ラッシュのCHAOSタッグが、オージー・オープン(マーク・デイビス&カイル・フレッチャー)のSTRONG無差別級タッグに挑戦。当初、棚橋弘至&石井智宏&リオ・ラッシュvsオージー・オープン&TJPが予定されていたが、棚橋が前日のワシントン大会で脇腹を負傷、またTJP選手がフライトトラブルのため今大会を欠場。石井&ラッシュが、前日にSTRONGタッグを奪取したオージー・オープンの牙城に挑むことに。
 体格で優るオージー・オープンに対し、CHAOSタッグはひるまず応戦。ラッシュはスピード、石井は気迫あふれる攻撃で立ち向かい、場内も声援で後押しする。試合が佳境に入り、攻守が激しく入れ替わる中、フレッチャーは石井をグリムストーンで排除。そしてデイビスはラッシュにクローズユアアイズで大ダメージを与える。そして最後はオージー・オープンがコリオリスをラッシュを撃沈。CHAOSタッグの奮闘及ばず、王者組が初防衛に成功した。
 試合後、フレッチャーが「これがニュージャパンプロレスだ。俺たちオージー・オープンが、知ってのとおり、世界を回す」とアピールし、大会を締めくくった。
 

※鈴木みのる選手の『一問一答』タイムシフト配信、アフタートークを好評中!

RESULT

第1試合 20分1本勝負

試合詳細を見る

第2試合 20分1本勝負
ROHピュアルールズマッチ

vs

試合詳細を見る

第3試合 20分1本勝負

試合詳細を見る

第4試合 30分1本勝負

試合詳細を見る

第5試合 30分1本勝負

試合詳細を見る

第6試合 30分1本勝負
AEWインターナショナル選手権試合

vs

  • オレンジ・キャシディ

    結果

  • 結果

    ゲイブリエル・キッド

11分52秒  マウストラップ
※キャシディが王座防衛に成功

試合詳細を見る

第7試合 30分1本勝負

試合詳細を見る

ロッキーが『ALL STAR Jr FESTIVAL U.S.A 2023』の開催を正式発表!

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
IWGP USヘビー級王座ナンバーワン・コンテンダートーナメント 1回戦

14分22秒  ラリアット→片エビ固め
※ランスがトーナメント決勝戦進出

試合詳細を見る

トーナメント決勝戦進出を決めたランスがマイクアピール!

試合詳細を見る

第9試合 30分1本勝負
STRONG無差別級タッグ選手権

vs

  • リオ・ラッシュ

    結果

  • 結果

    カイル・フレッチャー

20分58秒  コリオリス→片エビ固め
※オージー・オープンが初防衛に成功

試合詳細を見る

2夜連続のタイトルマッチを制したオージー・オープンが堂々のマイクアピール!

試合詳細を見る

EVENT CALENDAR

2024年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
かんたん酢
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ