AEW x NJPW: FORBIDDEN DOOR

日時
2022年6月27日(月)   18:00(アメリカ東部時間)開始
会場
アメリカ・United Center(イリノイ州シカゴ)  
放送
バナー
観衆
16,529人(札止め)

MATCH REPORT

棚橋がAEW暫定王座戦でモクスリーに無念の惜敗!
ジェイが4WAYマッチを制しIWGP世界ヘビー死守!
“X”カスタニョーリがザックを撃沈!
オスプレイに敗れたキャシディを柴田が救出!
コブ&オーカーンが3WAYマッチに敗れIWGPタッグ陥落!

Photo :All Elite Wrestling
 
月額330円!試合詳細&BSコメント、日記も読めるスマホサイト入会はコチラ!! 

 6月26日(日・現地時間)、アメリカ・United Center(イリノイ州シカゴ)でAEWとの歴史的な合同興行『AEW x NJPW: FORBIDDEN DOOR』が開催され、王座戦を中心に激闘が繰り広げられた。

 第1試合はクリス・ジェリコ(AEW)&鈴木みのる&サミー・ゲバラvsエディ・キングストン(AEW)&ウィーラー・ユウタ(AEW)&海野翔太。開始と同時に『BEST OF THE SUPER Jr.』で活躍したユウタが、ジェリコを一気呵成に攻め立てる。ジェリコ組もラフファイトを軸に応戦。鈴木はキングストンと激しい打撃戦を繰り広げる。海外修業中の海野も成長した姿を見せ、ジェリコをあと一歩のところまで追い込むが、最後はジェリコのジュダスエフェクトの前に沈んだ。

 第2試合はROH世界タッグ&IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ(WINNER TAKE ALL)として、ROH世界タッグ王者の“FTR”ダックス・ハーウッド(AEW)&キャッシュ・ウィーラー(AEW)、IWGPタッグ王者のジェフ・コブ&オーカーン、そして“ロッポンギヴァイス”バレッタ(AEW)&ロッキー・ロメロが激突。勝利チームがベルトを総取りする三つ巴の戦いは、開始から混戦模様に。試合中、ハーウッドが脇腹を負傷し戦線離脱に追い込まれる一幕も。終盤、ロッポンギヴァイスがコブにストロングゼロを炸裂するが、カウント3寸前でウィーラーがカット。最後はFTRがロッキーにカウンターのビッグリッグを決め、タッグ二冠王に輝いた。

 第3試合はAEWオールアトランティックチャンピオンシップ初代王座決定4WAYマッチとして、PAC(AEW)、ミロ(AEW)、 マラカイ・ブラック(AEW)、そして クラーク・コナーズが激突。石井智宏の欠場を受けてチャンスをつかんだコナーズは、果敢な攻めを見せるが、ミロが驚異的なパワーで大暴れ。PACとブラックも抜群の身体能力で技を繰り出していく。試合が佳境に入ると、コナーズは場外で机を背にしたミロに強烈なスピアーを炸裂。机を真っ二つにして見せ場を作る。だが、目まぐるしく展開が変わる中、最後はPACがコナーズからブルータライザーギブアップを奪い、初代王者に君臨した。

 第4試合はマット・ジャクソン&ニック・ジャクソン&エル・ファンタズモwithヒクレオvsスティング&ダービー・アリオン&鷹木信悟。BULLET CLUBの入場時、スティングが入場ゲートの上からプランチャを炸裂。だが、BULLET CLUBに一夜復活したヤングバックス(マット&ニック)も、ファンタズモと共に狡猾かつスピーディーな動きで反撃。対するアリンも軽快な攻撃で存在感を見せる。最後は鷹木がラスト・オブ・ザ・ドラゴンでファンタズモを仕留め、現地のファンの拍手を集めた。

 第5試合はAEW女子世界王者のサンダー・ロサ(AEW)が、トニー・ストーム(AEW)を相手に防衛戦。今大会で唯一組まれた女子同士の対決は、両者の意地が爆発。初戴冠を狙うストームの猛攻に対し、ロサも左肩を狙いながら応戦し、終盤にはファイヤー・サンダー・ドライバーを炸裂。これはストームが必死に返すも、最後はロサがファイナルレコニングで王座防衛に成功した。

 第6試合はIWGP USヘビー級王者のウィル・オスプレイが、挑戦者としてオレンジ・キャシディを迎撃(AEW)。キャシディは緩急自在のトリッキーな攻撃で、オスプレイ相手に互角に渡り合う。終盤、大技が飛び交う攻防の中で、キャシディは驚異的な粘りを見せる。だが、オレンジパンチをしのいだオスプレイが、最後はストームブレイカーで辛勝。試合後、なおもオスプレイとオージー・オープンがキャシディに襲いかかると、なんと柴田勝頼が救出に登場。UNITED EMPIREを蹴散らした。

 第7試合はザック・セイバーJr.とXが対決。当初、ザックとブライアン・ダニエルソン(AEW)の一騎打ちが決定していたが、ダニエルソンが怪我により欠場。その相手として、WWEでも活躍したクラウディオ・カスタニョーリ(前リングネームはセザーロ)が登場。ザックの卓越したサブミッションに対し、実力者カスタニョーリは持ち前のパワーに加え、テクニックも駆使して対抗。一進一退の攻防の末、最後はカスタニョーリが豪快なリコラボムでザックから3カウントを奪取した。

 セミではIWGP世界ヘビー級選手権4WAYマッチとして、王者ジェイ・ホワイトが、オカダ・カズチカ、ハングマン・ペイジ(AEW)、アダム・コール(AEW)を迎撃。開始と同時にジェイとコールが共闘姿勢を見せると、オカダとペイジも徹底抗戦。それぞれが持ち味を発揮し、丁々発止の攻防を繰り広げる。ペイジがジェイに裏切りのバッククラッカーを食らわせてから、さらに試合は混戦模様に。終盤、オカダはコールを開脚式ツームストンパイルドライバーで叩きつけ、とどめのレインメーカーへ。だが、ジェイがオカダを捕らえレインメーカーを炸裂。そしてグロッキー状態のコールをカバーし、3カウントを奪取。策士ジェイが接戦を制し王座初防衛に成功した。

 メイン(第9試合)ではAEW暫定世界王座戦として、ジョン・モクスリー(AEW)と棚橋弘至が注目の初シングル。両者は序盤からメインにふさわしい、重厚な攻防を展開。場外戦になると、モクスリーが棚橋をテーブルに投げつけて本領を発揮。しかし、棚橋も必死に応戦し、場外で流血したモクスリーに対してコーナー最上段からハイフライアタックを敢行。さらにはカミゴェを食らわせ、ハイフライフロー二連発を炸裂する。だが、ダメージでカバーが遅れ、モクスリーはキックアウト。執念を見せたモクスリーが、最後は渾身のスリーパーからデスライダーにつなぎ、暫定王座戦を制した。
 試合後、棚橋とモクスリーが言葉をかわしていると、次々とレスラーが乱入し混沌状態に。だが、BLACKPOOL COMBAT CLUBがジェリコ感謝協会を追いやり、大会を締めくくった。

 そのほか、ダークマッチが4試合行なわれ、第1試合では“毘沙門”後藤洋央紀&YOSHI-HASHI組が、THE FACTORYのQTマーシャル&アーロン・ソロウ組(AEW)に勝利。第2試合ではランス・アーチャー(AEW)がTHE FACTORYのニック・コモロト(AEW)との肉弾戦を制す。第3試合ではエル・デスペラード&金丸義信組がキース・リー&スワープ・ストリックランド組(AEW)に敗北。第4試合ではLA DOJOのアレックス・コグリン&ザ・DKC&ケビン・ナイト&上村優也組が、ビリー・ガン&コルテン・ガン&オースティン・ガン&マックス・キャスター組(AEW)に敗れた。

『AEW x NJPW: Forbidden Door』
★見逃し配信中! 新日本プロレスワールドでPPV独占配信!

 


『真夜中のレッスル&キングダム』最新回!「内藤哲也選手(前編)!“会場マニア”トークが全開!一番好きな会場は? ファン時代の広島遠征でニアミス!?」

RESULT

BUY IN MATCH

vs

試合詳細を見る

BUY IN MATCH 第2試合

vs

試合詳細を見る

バックステージ、ジェイ・ホワイト&ジュース・ロビンソンがコメント

試合詳細を見る

BUY IN MATCH 第3試合

vs

試合詳細を見る

BUY IN MATCH 第4試合

vs

試合詳細を見る

6人タッグマッチ

vs

試合詳細を見る

60分1本勝負
ROH世界タッグ&IWGPタッグ選手権 3WAYマッチ(WINNER TAKE ALL)

  • <ROH世界タッグチャンピオン>
  • <第95代IWGPタッグチャンピオン>

vs

境界線

  • <チャレンジャー>
  • トレント・バレッタ

 ビッグリッグ→体固め
※ハーウッド&ウィーラーがROH世界タッグ&IWGPタッグ新チャンピオンとなる

試合詳細を見る

60分1本勝負
AEWオールアトランティックチャンピオンシップ初代王座決定4WAYマッチ

vs

  • PAC

    結果

  • ミロ

境界線

15分10秒  ブルータライザー
※PACがAEWオールアトランティックチャンピオンシップ初代王者となる

試合詳細を見る

6人タッグマッチ

vs

  • マット・ジャクソン

  • ダービー・アリン

  • ニック・ジャクソン

  • スティング

  • with ヒクレオ

試合詳細を見る

バックステージで、ジェリコが海野にファイヤーボール!

試合詳細を見る

60分1本勝負
AEW女子世界王座戦

  • <第5代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

  • サンダー・ロサ

    結果

  • 結果

    トニー・ストーム

10分43秒  ファイナルレコニング
※ロサが王座防衛に成功。

試合詳細を見る

60分1本勝負
IWGPUSヘビー級選手権

  • <第16代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

16分43秒  ストームブレイカー→片エビ固め
※オスプレイが初防錆に成功

試合詳細を見る

グロッキー状態のキャシディにUNITED EMPIREがさらなる追撃……このピンチを柴田が救出!

試合詳細を見る

スペシャルシングルマッチ

vs

試合詳細を見る

60分1本勝負
IWGP世界ヘビー級選手権 4WAYマッチ

  • <第5代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

境界線

  • <チャレンジャー>
  • <チャレンジャー>
21分05秒  片エビ固め
※ジェイが初防衛に成功

試合詳細を見る

60分1本勝負
AEW暫定世界王座戦

18分14秒  デスライダー→エビ固め
※モクスリーがAEW暫定世界王者となる

試合詳細を見る

ジェリコ感謝協会が乱入……その後もレスラーたちが次々とリングイン!

試合詳細を見る

「CMパンクは悪くないんじゃないか?」【ジェイ・ホワイト選手、試合後会見】

試合詳細を見る

満員の会場、大歓声に「これが日本のプロレスが目指していく方向」【オカダ・カズチカ選手、試合後会見】

試合詳細を見る

「偉大なプロレスラーの一人、タナハシと一緒にリングに上がれたのは喜びでしかない」モクスリー試合後会見

試合詳細を見る

EVENT CALENDAR

2022年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
ariete
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ