• 2019.9.20
第61回「年始の旅行計画」

皆さま、こんにちは!先日の鹿児島大会ではKENTA選手に「東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証」が入った大切なアタッシュケースを壊されてしまいましたね。こらぁ!KENTA選手め。もお!作り直すの、意外と時間かかるんだで!もしアタッシュケースをまた壊す選手がいたら、今度はマジで制作実費+罰金5万円を情け容赦なく徴収したいと思います。

しかしあの日鹿児島のリング上で、KENTA選手が飯伏選手からアタッシュケースを奪い取り、パカっと中を開ける瞬間、「ギャッ!権利証じゃなくて、なんか違うものが入っていたらどうしよう!」と本能的に身構えたのはきっと私だけじゃないと思います。コカ・コーラとかゲーム機とか…。でも、大丈夫でした!もっと飯伏選手を信頼しなくちゃと思いました。本日9月20日(金)も京都市体育館(ハンナリーズアリーナ)で17時半開場、18時半から試合開始です!当日券は12時より発売しておりますので、お近くの方はぜひお越しください!
★9月20日(金)京都市体育館(ハンナリーズアリーナ)大会のチケット情報はコチラ!

さて、2020年1月4日(土)・5日(日)『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』に向けて、チケットの確保やホテル予約など、準備はそろそろ始めていただいておりますでしょうか?毎年WRESTLE KINGDOM は家で配信で観ているという方も、2020年は東京オリンピックの開催年で開催都市(あれ?ダジャレやん!)、一生忘れることのないすごい思い出になると思いますので、ぜひこの機会に東京に泊りがけで遊びに来てください!2日間ドーム連続観戦のために宿泊するにはどのエリアが便利でおすすめなのか、ちょっと考えてみました!

★おすすめエリア
やはり東京ドーム周辺エリアがおすすめです。東京ドーム周辺はエンターテイメントやスポーツの街で大小のホテルがたくさんあります。『東京ドームホテル』や周辺のシティホテル、ビジネスホテルの来年の1月3日と4日と5日の予約状況を確認してみたところ、まだ空室があって今ならお好みで選べますので(9月19日現在)、ぜひお早めにご予約ください!『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』の開催時間は4日(土)は15時開場、17時開始、5日(日)は13時開場、15時開始ですので、やはり1月4日やその前後はこのエリアを拠点にするのが楽ちんだと思います。ホテル探しのためネット検索するワードは最寄り駅の「後楽園」や「水道橋」でもOKですが、「東京ドーム ホテル」で試してみてください。

東京ドームや後楽園ホールが入る『東京ドームシティ』はとても大きな都市型複合レジャーランドで、敷地内に飲食店は70軒以上、洋服や雑貨店などのショップや遊園地(アトラクションズ)、屋内型スポーツ施設や宇宙ミュージアム、ボウリング場、ローラースケートアリーナ、スパ ラクーアには天然温泉や低温サウナ、ボディケアやアロマオイルリンパケアなどのサロンもあり、丸一日かけてもまわり切れないほど充実した人気おでかけスポットです。私もレストランや観覧車などがあるアトラクションズに行ったことがありますが、お店や施設はきれいでとても快適です。

遠方から東京ドーム大会2日間を観に行って、ステイ先も東京ドーム近辺でいいのかな?せっかくなのにもったいないかな?と思われるかもしれませんが、東京ドームシティは年始も営業していて遊び場が大変充実していること、そして東京ドームシティの周辺にもお店がたくさんあって昼も夜も賑やかなこと、美味しい店がたくさんあること、すぐ近くに闘魂SHOP水道橋店や矢野通選手のお店EBRIETASもあるので、まずはやはりこのエリアが宿泊の第一候補だと思います。

ディズニーランドとディズニーシーは年末年始も開いていますので、WRESTLE KINGDOM 14の前後に行こうかなとお考えの方は、アクセスの良さや東京ドームとの中間地点ということで東京駅周辺がおすすめです。東京駅からディズニーリゾートがある舞浜駅まではJRで一本(15~20分くらい)、東京駅から東京ドーム近辺(東京メトロ丸ノ内線 後楽園駅)までは地下鉄一本(10分弱)で到着します。

さらに東京・飯田橋にある「ホテルメトロポリタン エドモント」や両国の「第一ホテル両国」、新宿の「京王プラザホテル」は都内にありながら、東京ディズニーリゾートと提携する「グッドネイバーホテル」であり、ホテルから東京ディズニーリゾートまで無料送迎バスが利用できますので(予約制)これらのホテルも「WRESTLE KINGDOM 14+ディズニーリゾート」の両方を楽しみたい方におすすめです。飯田橋から東京ドームまでは徒歩圏内(10分くらい)、両国から東京ドーム近辺は地下鉄で乗り換えなしの10分(都営大江戸線の両国駅から春日駅)、JR新宿から東京ドーム最寄り駅のJR水道橋までは乗り換えなしのJRで13分ほどです。

新宿は高速バスターミナル「バスタ新宿」が2016年4月に開業し、それまで新宿駅のまわりに分散していた高速バス乗り場が集約され、とても便利でわかりやすくきれいになっています。新宿はお買い物に便利で飲食店が多く東京ドームへのアクセスも良いので、高速バスで東京入りされる方は新宿も宿泊拠点としておすすめです。

泊りがけでお越しになる方も、東京ドームに日帰り可能な方も『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』のチケットを押さえることはどうかお早めにお願いします!現在チケット販売は好調で、1月4日(土)のチケットは「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」が完売、「アリーナB」は残りわずかです!1月5日(日)は「ロイヤルシート」「バルコニースタンド」が完売、「アリーナA」が残りわずかです!よろしくお願いしますっ!
★『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』のチケット情報はコチラ!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ