THE NEW BEGINNING in OSAKA

日時
2015年2月11日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
7,500人(超満員札止め)

第9試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • (第65代王者組)
  • (挑戦者組)

VS

境界線

※後藤&柴田が初防衛に失敗。アンダーソン&ギャローズが第66代王者組に。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 1月4日東京ドームの再戦となるIWGPタッグタイトルマッチ。そのときは後藤&柴田が勝利し、同王座を初戴冠した。
 
 後藤対アンダーソンで試合が始まり、後藤がショルダータックルをお見舞い。さらに、柴田とのダブルショルダータックルへ繋ぐ。
 柴田対ギャローズの場面。ギャローズがカウンター地獄突きで先制すると、柴田がカウンターローキックとローキックで動きを止め、足4の字固めで締め上げる。
 しかしギャローズは、合体ブレーンバスターを仕掛けた後藤と柴田を反対に投げ捨て、ラリアットで後藤を場外へ落とす。それでも後藤はリングへ戻るが、アンダーソンが場外へ引き込み、パワーボムホイップでエプロンへ叩きつける。
 ここから後藤がローンバトルを強いられ、ギャローズが踏みつけ攻撃で追い討ち。さらにアンダーソンが、後藤をスローイングしてコーナーへ勢いよく叩きつける。その後もギャローズのボディブロー連射などで苦しんだ後藤だったが、ブレーンバスターを狙ったギャローズを反対に投げ捨て、ようやく柴田とタッチ。
 柴田対アンダーソンとなり、柴田がエルボー連打でギャローズをコーナーに座らせ、串刺し低空ドロップキック。そして、フロントネックチャンスリーで追い討ちをかけると、乱入したギャローズを蹴散らし、アンダーソンへカウンターキチンシンク。
 後藤対アンダーソンの場面。後藤が串刺しニールキックからバックドロップ。それを見たギャローズが妨害に入ると、控えの柴田が羽交い絞めで捕獲。ところが、後藤が放ったラリアットはかわされて誤爆。たちまちアンダーソンがスピニングスパインバスターで巻き返した。
 後藤対ギャローズとなり、アンダーソン組がトレイン攻撃を敢行。さらに、アンダーソンがバックブリーカーで固定し、ギャローズがジャンピングエルボードロップを投下。そして、ギャローズが後藤を抱え上げ、アンダーソンがダイビングリバースガンスタンを敢行。
 続いてアンダーソンとギャローズはマジックキラーの体勢に入るが、柴田がカット。すると後藤は、トレイン攻撃から逃れてギャローズをコーナーへ激突させ、アンダーソンにカウンターラリアット。そして、追走式ラリアットでギャローズを倒す。
 ここから柴田がエルボー連打でギャローズをコーナーへ追い込むも、アンダーソンが背後から襲撃。すると柴田はアンダーソンもエルボー連打でコーナーへ追い込み、後藤を呼び込む。そして、後藤がアンダーソンに串刺しニールキック、柴田がギャローズに串刺し低空ドロップキックを同時にお見舞い。さらに、合体ブレーンバスターでギャローズを投げ捨てる。
 ここで後藤がアンダーソンを羽交い絞めにし、柴田がフロントハイキックを浴びせる。その直後、柴田がギャローズを羽交い絞めにするも、後藤が放ったラリアットはかわされて誤爆してしまう。それでも後藤と柴田は合体攻撃を仕掛けるが、アンダーソンがカット。
 そこから後藤とアンダーソンがロープワークで激しく交錯し、後藤がガンスタンを回避して牛殺しを狙う。だが、アンダーソンが回避し、なんと反対に牛殺しを敢行。すると、柴田がアンダーソンをジャンピングフロントハイキックで蹴散らすも、ギャローズがシットダウン式ラストライドで黙らせる。
 それでも柴田はスリーパーホールドでギャローズに絡みつき、背中にぶら下がる。ところが、アンダーソンがリバースガンスタンでカットに入り、後藤にはガンスタンをお見舞い。
 後藤不在の中、アンダーソンとギャローズは柴田を捕まえてマジックキラーの体勢に入る。しかし、柴田が体を揺すって脱出し、2人へエルボーを交互に見舞う。だが、ギャローズが地獄突きとトラースキックで動きを止め、アンダーソンがガンスタンで追い討ち。そして、今度こそマジックキラーがさく裂させ、柴田を轟沈した。

COMMENT

アンダーソン「最初はジャイアント・バーナードと、そして今はシンニホンプロレスの歴史のおいても偉大な大型選手のドク・ギャローズと2度、IWGPタッグチャンピオンになった。俺は計3回、タッグチャンピオンなっている。オーサカではいつも俺たちが勝っている。負けたことなんてない。なぜかわかるか? 俺たちこそが、誰もが認めるベストなタッグチャンピオンだからだ。みんなよく聞け。俺たちがIWGPタッグのニューチャンピオンだ」
ギャローズ「ギャローズ&ガン、BULLET CLUBこそがリアルなんだ」
アンダーソン「何か質問はあるか?」
——新チャンピオンになって、次の目標は?
アンダーソン「このベルトを10年間、守り続ける。そしてそのまま引退する。その前に湖畔に大きな家を建てて、そこでゆっくりする。それを約束する。もう、俺らの後に誰もIWGPタッグチャンピオンにはならない。みんなゴトーが好きだろうと、シバタが好きだろうと、俺たちには関係ない。俺たちだけを見ていればいいんだ。俺たちこそがベストタッグチャンピオンなんだから。このベルトはもう、俺たちの腰から離れることはない。アリガトゴザイマス」
 
※後藤、柴田はノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ