WRESTLE KINGDOM 9 in 東京ドーム

日時
2015年1月4日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
36,000人(満員)

第10試合 60分1本勝負
ダブルメインイベントII IWGPヘビー級選手権試合

  • (第61代王者)
  • (挑戦者/G1 CLIMAX 24優勝者)
※棚橋弘至が初防衛に成功
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 ゴングが鳴ると、両者へ向けた大コールで場内が騒然となる。そんな中、グラウンドの攻防からオカダがヘッドロック。これを振り解かれると、ショルダータックルへ繋げる。しかし、棚橋もすぐにヘッドロック&ショルダータックルをお返し。
 その後、両者がもつれてコーナーへ移動し、オカダがクリーンブレイクせずに不意打ち。棚橋が怒ってエルボー合戦が勃発し、そこから棚橋がコーナー最上段へ座る。ところが、オカダがランニングバックエルボーで場外へ落とす。
 場外戦になり、オカダが鉄柵攻撃、串刺しフロントハイキック。そして、棚橋の両足を鉄柵へかけ、場外マット上でDDTを食らわせる。
 さらにオカダは、特設花道でツームストンパイルドライバーを仕掛けるが、棚橋が抵抗してチンクラッシャー。そして、軽やかなステップで距離を取るも、オカダがヘビーレインで特設花道へ叩きつける。
 リングへ戻り、オカダが低空ランニングフロントキックで追撃。しかし棚橋は、串刺し攻撃とセントーンを回避して流れを変え、エルボー&太陽ブロー連射、フライングフォーアーム、ダイビングサンセットフリップで逆襲。
 だが、オカダがフラップジャックで巻き返し、フライングボディアタックをかわしたのちにDIDで捕獲。さらに、トップロープ越しのセントーンアトミコへ繋ぐ。
 その後、両者は激しいエルボー合戦を展開。そこからオカダがショートレンジドロップキックをヒットさせ、棚橋を担ぐ。だが、棚橋が空中でスリングブレイドに切り返す。それでもオカダは棚橋をコーナー最上段へ乗せ、ドロップキックを狙う。これを棚橋が蹴散らし、ダウンしたオカダめがけてハイフライフローを発射。ところが、かわされて自爆してしまう。
 これで息を吹き返したオカダは、スライディングエルボースマッシュ、リバースネックブリーカー、ボディスラム、ダイビングエルボードロップとラッシュ。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーを放つが、棚橋がかわして回転エビ固め。さらに、ドラゴンスクリュー、低空ドロップキックで追い討ちをかける。
 場外戦になり、棚橋がオカダの突進をかわして鉄柵の外へ追いやり、コーナー最上段からボディアタック式ハイフライフローを敢行。リングへ戻ると、スリングブレイドで追撃する。
 次に棚橋はボディスラムアタック式ハイフライフローに行くが、オカダが受け止め、ツームストンパイルドライバーを仕掛ける。しかし、棚橋が切り返し、反対にオカダの脳天をパイルドライバーで突き刺す。続いて棚橋はコーナー最上段へのぼり、うつ伏せ状態のオカダにハイフライフローをお見舞い。そして、オカダを仰向けにしてハイフライフローからフォールするも、カウントは2。
 さらに棚橋はスリングブレイドで追撃し、レインメーカーポーズを真似してからレインメーカーを発射。しかし、オカダが回避して“本家”レインメーカーをお見舞い。だが、フォールは棚橋がキックアウト。
 ダブルダウンからほぼ同時に立ち上がった両者は、エルボー合戦を開始。そこからオカダがツームストンパイルドライバーを狙うも、棚橋が前方回転エビ固めに切り返し、膝に低空ドロップキック。そして、強烈な張り手を連発し、オカダをひざまずかせる。
 オカダが辛うじて立ち上がると、棚橋はなおも張り手を放つ。しかし、オカダがかわして逆さ押さえ込みを繰り出し、そこから腕を離さずにレインメーカーを発射。だが、棚橋が回避し、ダルマ式ジャーマンスープレックスホールドで反撃。さらに、ドラゴンスープレックスに行くが、オカダが切り返してジャーマンスープレックスホールド。そして、クラッチを離さずにレインメーカーを狙うが、棚橋がかわして今度こそドラゴンスープレックスホールド。
 続いて棚橋はロープへ走るが、オカダがカウンタードロップキックで迎撃。そして、右腕をかかげてからレインメーカーを繰り出すも、またもや棚橋が回避。
 次に棚橋は、オカダをロープに絡めて固定し、リング内とエプロンからドラゴンスクリュー。さらに、ボディアタック式ハイフライフローを浴びせる。そして、グラウンドドラゴンスクリューで追撃すると、座っているオカダの上半身へハイフライフローをお見舞い。そして最後は、仰向け状態のオカダをハイフライフローで押し潰し、3カウントを奪取した。

COMMENT

キャプテン「棚橋君、防衛おめでとう。乾杯! (キャプテン、KUSHIDA、シェリーが棚橋へビールをかける)」
——ドームで浴びるビールの味は格別ですか?
棚橋「ありがとうございます。最高っす」
——やはり時代の中心は棚橋選手でしたね?
棚橋「結果的に立ちはだかりました。そういう表現がふさわしいんじゃないかなと。オカダの涙を見て思いました」
——リング上で見るオカダ選手の涙は、棚橋選手の目にどのように映りましたか?
棚橋「どんな相手とやっても、ポーカーフェイスを崩さなかったオカダが、初めて感情をあらわにした。そういう試合だったんでしょうね」
——そこであえて、「IWGPは遠いぞ」という言葉を送りましたが?
棚橋「あれは俺自身のケジメです。2011年の東京ドームで『IWGPは遠いぞ』って言って、次負けちゃったんで。これから結果を残していって、証明しますよ」
——今日試合、“史上最大の試合”にふさわしい試合となりましたが、振り返っていかがですか?
棚橋「そうですね。オカダの打撃に対しての打たれ弱さってのが、ちょっと見えたかなってのがあって。まだね、攻略する術(すべ)があったなと思いましたね。まぁあらゆる相手に対応してきてますけど、張り手がちょっと効いたかなっていう、細かい分析ですけど」
——20分を超えたあたりでの張り手がありましたが、それは棚橋選手が過去闘ってきた中で見出したウィークポイントですか?
棚橋「ボクは闘いの中でね、競った方が面白いかなって、自然とそういう感情が働いてしまうんですけど。今日はちょっと心を鬼にして、あくまで見た人から見て、勝者と敗者、そういうのがクッキリ分かれる、そういう闘いをね、心がけたというか。自分の感情をコントロールするってのは凄く難しいんですけど、まぁそこはね、あえてやってやりました」
——鉄柵を越えてのハイフライフローなど、今までとは違う棚橋選手が見れましたが?
棚橋「そうですね。“くすんだ太陽”、進化止まってるんじゃないですか? 戦前に言われましたんで。確かにね、俺自身も進化の速度、オカダの角度に比べたら、緩やかになってきてるかもしれないけど、俺は進化する気持ちがあって、止まる気持ちはないんですね。必ず進化してみせます。そして俺の進化が止まらない限り、新日本プロレスの進化は止まりません」
——5年連続ドームのメインでしたが、今年のメインからの景色はいかがですか?
棚橋「そうですね。メインイベンターっていうのは、やっぱり責任があって、5年連続任されてるってことは、新日本プロレスを託されてるんですね。それは集客であったり、試合内容であったり。ただね、その責任がプレッシャーにはならないんですよね。期待されてるっていう喜びになるから。プレッシャーってものはね、2009年の武藤戦に置いてきました。緊張の極限状態を乗り越えたんで、俺はその向こう側にいます」
——2015年はどういった1年にしたいですか?
棚橋「最高のスタートが切れたんで。今日もね、ほんとに日本全国から東京ドーム集まって来てくれたんで、また日本全国の皆さん、その場所場所で会いましょう。そんな気持ちですね」
——今年も全国の会場でビッグマッチも行われますが、ファンの方へメッセージをお願いします。
棚橋「俺のこの双肩に任せてください」
——今日の試合は海外のユーザーにも多く発信されたと思いますが
棚橋「そうですね。そういう状況にあるって事をね、凄く嬉しく思います。で、そういう物を提供してくれた、新日本プロレスを誇りに思います」
——ダブルメインイベントの中邑vs飯伏も激闘でしたが、どのようにご覧になっていましたか?
棚橋「またいじわるな質問。控え室にモニターがちゃんとあるんで、見てたんですけど。自然とね、見入ってしまったというか…見なきゃ良かったなと」
——それを超えてやるという気持ちで…?
棚橋「いつも言ってますけどね、メインイベンターって言うのは、セミファイナルまでどんな試合があってもね、必ずメインイベントに意味を持たせてね。そして、プロレスをしっかり楽しんでもらって、帰って貰うってのが、メインイベンターの役目なんでね。ハイ。その気持ちはずっと変わりません」
——去年の始まりはインターコンチネンタルを奪取して始まりました。今年はIWGPの防衛でした。今年1年間は、どんな闘いをして、どんな試合にしたいですか?
棚橋「上半期のね、8月のG1までのスケジュールが出ましたけど、楽しみで仕方がないですね。で、その中でね、どういう役目を果たして行くか。“エース”として。まぁ去年に引き続き、スタートダッシュを棚橋は切れたんでね。エースとして。コスチュームに“エース”って入ってますけど! ついに自分で言い始めましたけど! 日本全国に見せびらかしてきます」
——観客動員が36.000人ということで、去年より1,000人増になりました。ご感想をお聞かせください。
棚橋「もっと、いろんな所でプロレスを知ってもらって。その努力はやめないし。そうしてね、今日まで来たんで。やれるだけの事は全部やって。これからも、プロモーションであったり、プロレスをね、丁寧に説明して廻ります。最近ね、話す仕事も増えてきて。説法みたいになってますけど。自分もプロレスの喜びっていうものを知って、人生楽しかったんで。一人でも多くの方に知って欲しいし、これから俺が向う先は、もっと…『プロレス今流行ってんでしょ?』『盛り上がってるんでしょ?』『今度連れてってよ!』とかいう、日常の皆さんの会話の中でプロレスが出てくる。プロレス用語を落とし込む日常会話っていう か。そしたら、僕もプロレス好きだったんで思うんですけど、プロレスラーがプロレス以外の番組に出てたりとか、全然プロレス知らない人の話の中で、プロレスの話をしてきたりとか。すっごい嬉しいですね。『ようやく分かったか!』『でしょっ!』って言いたい。そういうプロレスをイメージしています」
——上昇気流に乗っている新日本を引っ張る“エース・棚橋”と“オカダ・カズチカ”とは何が違うんでしょうか?
棚橋「それをね…言い始めると、キリが無いんだけど…皆さんで判断して下さい」
——今回はLIVE配信で見ている多くのファンが居ますが、今後会場に来てもらえるようにする作戦はありますか?
棚橋「丁寧にやって行くしか無いですよ。一歩一歩ね。俺ね、一人でも多くの人が来てくれるんだったら…ケツでも出しますよ」
——棚橋選手にとっての初めての舞台が7月に待ってます
棚橋「ああそうですね。21年ぶりの大阪城ホールがありますんでね。やりますよ!全力!期待して下さい!」
——そこでももちろんメインイベンターで?
棚橋「そうですね。そういう所でやりたいな!ありがとうございます。良い質問ありがとうございます」
——ありがとうございました
棚橋「そして、改めまして、新年おめでとうございます!本年もよろしくお願い致します!!」

オカダ「正直……ベルト以外のモノも掛かってたと思いますから、ほんと悔しいっすね。でもほんと……また明日から……またボクは来年のドームに向けて、しっかり進んでいこうかなと思います。ただね、やっぱりボクが新日本プロレスを盛り上げないと、金の雨は降りませんから。チャンピオンになるだけじゃない。しっかりまた来年のドームへ、俺がしっかり盛り上げて、チャンピオンになってまた、すぐ俺がチャンスを得て、すぐまたチャンピオンになってやる。それだけじゃない、しっかり来年のドーム、俺がまたお客さん超満員にして、しっかりまた金の雨を降らしてやる」
外道「オイ、いいか。レインメーカーにはよぉ、今言った通り“使命”があるんだよ。レインメーカー以外の誰が、このプロレス界を盛り上げていくんだ? 来年のドーム見とけよ。チャンピオンとしてリングに上がってやる」
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ