Road to TOKYO DOME

日時
2014年12月20日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2,015人(超満員札止め)

第3試合 20分1本勝負

レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 1月4日東京ドームでケニー・オメガの挑戦を受けるIWGP Jr.ヘビー級王者・田口が登場。
 
 小島対中西で試合がスタート。小島がショルダータックルを連発するも、中西がことごとく受け止めて反対に小島をなぎ倒す。さらに中西は、小島のチョップ連射も受け止めるが、天山が救援に登場。小島と共にヘッドドロップ&エルボードロップの同時攻撃を食らわせた。
 その後、小島が中西へ逆水平チョップ連射、串刺しジャンピングエルボー。そして、「いっちゃうぞバカヤロー!」をファンと大合唱するも、直後に永田がフロントハイキックをお見舞い。そして、中西とのダブルショルダータックルへ繋いだ。
 田口対キャプテンの場面。田口がカウンタージャンピングヒップアタック、ヒップアタック連射。だが、キャプテンが「キミたち見たまえ!」などと言いつつ、ヒップアタック連射で田口に反撃。さらに、モンゴリアンチョップを繰り出すも、怒った天山が背後から急襲。
 中西対田口となり、中西がネックハンギング、ブレーンチョップ。タッチを受けた永田がカウンターキチンシンク、ミドルキック連射などで追い討ちをかける。しかし田口は、カウンタージャンピングヒップアタックで永田に逆襲。
 スイッチした天山が、モンゴリアンチョップ連射、カウンタージャンピングラリアット、ブレーンバスターで永田に追撃。すると、永田がフェイントで張り手を見舞うが、天山がマウンテンボムからアナコンダバイス。その後、天山がニールキックで追撃するも、永田がカウンターフロントスープレックスで報復。
 田口対キャプテンとなり、キャプテンが地獄突き、ジャンピングショルダータックル。そして、トレイン攻撃からダイビングヘッドバットを放つも、かわされて自爆してしまう。
 ここで田口がキャプテンチャージのアクションから自分の尻を叩き、ジャンピングヒップアタックを発射。しかし、キャプテンが受け止め、ヒラボトムで逆転。
 だが、天山と小島がテンコジカッターをキャプテンへ見舞い、田口をアシスト。それでもキャプテンは下からの前方回転エビ固めで巻き返すが、田口が後方回転して切り返し、キックアウトされた直後にアンクルホールド。そこからグラウンドへ持ち込み、ギブアップを奪った。

COMMENT

天山「年内最後の大会、新日本の中では最後だからね。テンコジプラス田口、ちょっと試合中笑かしそうになって、まぁでもアイツのキャラがね、ああいう風なキャラになって、それはそれでいいんじゃないんですか。俺はほんと付き合うのは勘弁してほしいけど。まぁともかく、今年一年振り返ったらあっという間でしたね。今日が最後っていうか、新日本最後っていうのもね、2015年のドームに向かってBULLET CLUB対テンコジ・本間でやるから。これほんまに、俺らの存在意義というか、俺らまだまだまだまだ東京ドームの上でやらなあかんっていう、それぐらいの気持ちやからね。まぁしっかりと今年もビシッと決められたから、ドームに向けてガッチリいきたいと思いますよ。来年は今年以上に大暴れしたいなって、今年はちょっとおとなしいな部分もあったかもしれんけど、来年ハチャメチャに暴れたいなと。以上です」
小島「2014年、1年間ありがとうございました。今年の小島聡はNWAシングルのヘビー級獲ったり、 NWAタッグのベルト獲ったり、 NWAのシングル獲られたり、タッグ獲られたり、天山と喧嘩したり、仲直りしたり、そんな1年でした。そしてまだまだ続く2015年、まだまだいろんなところで、小島聡頑張りたいと思います。ノアも待ってるから。今年、新日本は終わっちまったけど、ノアの試合まだ待ってるからさ。丸藤、次はお前の番だコノヤロー」
田口「2014年、最後の試合、最高の形で締めくくりました。オーマイ&ガーアンクル、オーマイ&ガーアンクルでボクのアンクルホールドが正式に命名したいと思います。オーマイ&ガーアンクル、宜しくお願いします。2014年、シックスナインしたり、舐めたり舐められたり、いろいろ好き放題やらせてもらったんで、最高の1年になりました。2015年、初っ端からオメガを相手にしないといけないという、いきなりの試練。まぁ何回も言ってるけど、オメガだろうがなんだろうが、舌が痺れようがなんだろうが、舐め返してやるんで。舐められたら舐め返す。舐められなくても舐める。それがシックスナインチャンピオン」
——キャプテンもヒップ攻撃を仕掛けてきましたが?
田口「キャプテンという強敵を相手にしても、一歩も怯むことなく、これで結果を得られたんで。キャプテンであろうがね、意外とキャプテンのヒップバット、効きましたね。結構効きました。予期せぬ、突発的な動きにでも対応できる、上を舐められると思ったら下を舐められるというね、まぁ舐めたり舐められたり、いろいろあります。2015年も舐めて吸って、相手からいろんなものを吸収するという意味ですよ、吸うというのは。吸って吸って頑張ります。気持ちよくなります、2015年は。突いて突いて突きまくります。突いてるぜ。あぁ、2014年はツイてました」

※キャプテンは足を引きずりながら登場
キャプテン「チャンピオン田口君…君はね…オメガにね」
中西「すまんな…」
※中西がキャプテンの肩を叩く
キャプテン「田口君…こんなじね 強烈なの(アンクルホールド)を持っていたらね、絶対、ヤツのパワーに勝てる」
中西「昨日は勝ったけど今日はやられてもうたな。せやけど負けは負けや。次は勝ってやるから見とけ」
永田「テンコジ…ドーム頑張れよ?オレみてぇに元気を無駄にすんなよ…!」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ