Road to POWER STRUGGLE

日時
2014年11月3日(月)   15:00開場 16:00開始
会場
岐阜・岐阜産業会館
観衆
2,500人(超満員)

第6試合 無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament 2014」決勝戦

VS

境界線

※オライリー&フィッシュが優勝
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 オライリー対ニックで試合が始まり、ニックが前方回転エビ固めを繰り出す。しかし、オライリーが回転をこらえ、素早く腕ひしぎ逆十字固めを極めた。
 フィッシュ対マットの場面。マットとニックが場外へ降り、花道を引き下がってしまう。これをフィッシュとオライリーが追いかけると、マットとニックがトラースキックを同時にお見舞い。ダッシュでリングへ戻り、カウントアウト勝利を狙う。
 これは何とか免れたフィッシュだったが、完全に動きがストップ。マット&ニックが長時間に渡っていたぶり続ける展開となる。
 しかしフィッシュは、ドラゴンスクリューでマット、バックフリップでニックに逆襲。ようやくタッチを受けたオライリーが、スライディングでニックの股下をくぐり、打撃ラッシュでダウンさせる。
 さらにオライリーは、乱入したマットにニックの脚を持たせ、マットへドラゴンスクリュー。これで2人をいっぺんに投げ飛ばす。さらにスライスブレッドでニックを叩きつけると、クラッチを離さずに立ち上がり、そのままブレーンバスターで追撃。
 次にオライリーは腕ひしぎ逆十字固めを繰り出すも、ニックが自分の腕をクラッチして抵抗。すると、フィッシュがダイビングヘッドバットでその手を解き、オライリーが腕を伸ばしきる。しかし、マットがカット。
 ここでオライリーとフィッシュは、マットにトレイン攻撃を敢行。さらに、合体ダイビングニードロップで追い討ちをかける。苦しくなったニックは、フィッシュにラリアット、トラースキックでオライリーに逆襲。
 ここでマットがパワーボムでオライリーを投げ、同時にニックが背中へキックを浴びせる。さらに、マットがスピアー、ニックが低空ランニングニーアタックで追撃。
 次にマットとニックはインディーテイカーを狙うが、フィッシュが妨害。すると、オライリーがフロントネックロックで逆襲。マットが変型ノーザンライトスープレックスで叩きつけても、さらに絞めるが、ニックがファイヤーバードスプラッシュで振り解く。
 それでもマットとニックは、今度こそオライリーにインディーテイカーを敢行。しかし、フィッシュがフォールを妨害し、1人でマットたちへ立ち向かう。そして、串刺しジャンピングニーアタックをニックへお見舞い。
 その後、マットとニックがモア・バンク・フォー・ユア・バックを仕掛けるが、オライリーが脱出し、マットを場外に落とす。すると、フィッシュが場外を駆けてスピアーを浴びせ、そのまま鉄柵へ叩きつける。そして、オライリーがエプロンからジャンピングニーアタックで追撃。
 さらにフィッシュが、雪崩式ファルコンアローでニックを叩きつけ、コーナー越えのトペコンヒーロでマットを分断。そこから合体技チェイシング・ザ・ドラゴンへ繋ぎ、接戦を制した。
 
 見事、「Super Jr. Tag Tournament」を制したオライリー&フィッシュに、菅林直樹会長から優勝トロフィーと賞金500万円の目録が贈呈された。

COMMENT

フィッシュ「やったぞ。今日の勝利で、レッドドラゴンはまだまだ成功を重ねていくことを証明してやった。今日の勝利は、私の人生の中でも記憶に残るものだ。だけどまだ、タッグチームとしてナンバーワンであることすべて証明したわけじゃない。今日の勝利は、また次につながっていくものなんだ。今日の勝利はほんの一部に過ぎない。まだまだそれを続けていかなければならないんだ。そう、俺たちが地球上でナンバーワンタッグチームであると証明することをな」
オライリー「アレックス・シェリー、KUSHIDA、そうタイムスプリッターズよ、お前たちにセイブドームで敗れた。今こそお前たちにリベンジを要求する。オーサカでだ。俺たちレッドドラゴンの次の視線はIWGP Jr.タッグチャンピオンになることを見据えている」
フィッシュ「俺たちは日本を制圧するためにやってきたゴジラだ。この混沌としたリング上を制圧するためにな」
オライリー「俺たちはゴジラとして、伝説になるような行く先々で大きなインパクトを残してきた。そして今度は、今までになかったほど大きなインパクトを残して、レッドドラゴンが“陽が昇る国”を制圧するのだ」
 
※マット、ニックはノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ