Road to POWER STRUGGLE

日時
2014年11月1日(土)   17:30開場 18:30開始
会場
神奈川・相模原市立総合体育館
観衆
1,950人(超満員札止め)

第5試合 30分1本勝負

VS

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊vsBULLET CLUBの10人タッグマッチ。
 
 BULLET CLUBが奇襲攻撃を仕掛け、大混乱で試合がスタート。そこからアンダーソンがキャプテンに襲い掛かる。しかしキャプテンは、ジャンピングショルダータックルでアンダーソンをなぎ倒した。
 本間対アンダーソンとなり、本間が小こけしを発射。しかし、アンダーソンが回避して自爆させ、ギャローズたちと内藤たちが場外乱闘を開始。一方、アンダーソンは顔面攻撃で本間に追撃。
 これで本間は動きが止まってしまい、トンガがジャンピングエルボードロップ、ファレが変型ショルダースルー、ギャローズがブレーンバスターなどで集中砲火を浴びせる。
 しかし本間は、ブレーンバスターを仕掛けたトンガを反対に投げ捨て、ようやく脱出に成功。タッチを受けたKUSHIDAが、スワンダイブブレーンチョップで追い討ちをかける。
 さらにKUSHIDAとシェリーが、乱入した高橋を連携攻撃で蹴散らし、そのままトンガにも追撃。そして、シェリーがKUSHIDAを踏み台にして串刺し攻撃に出るが、トンガがキャッチしてKUSHIDAと激突させる。これで高橋が登場するも、KUSHIDAはハンドスプリングエルボーをお見舞い。
 内藤対高橋の場面。内藤が低空ドロップキック、ランニングサンセットフリップ。そして、内藤が自分の膝を立てて高橋を固定し、本間が小こけしを浴びせる。
 内藤の攻撃は続き、高橋を踏み台にしてエプロンへ飛び出し、トップロープ越えの串刺し低空ドロップキック。そこからミサイルキックを狙うも、ファレが妨害に入り、高橋が雪崩式フロントスープレックスで逆転。
 さらに高橋は顔面攻撃を繰り出し、フロントハイキックで追撃。しかし、内藤はジャンピングエルボーアタックで巻き返した。
 キャプテン対アンダーソンの場面。キャプテンが地獄突きで先制するも、高橋が場外から足を引っ張って転倒させる。これでBULLET CLUBのトレイン攻撃となり、高橋が串刺しフロントハイキック、アンダーソンが横からのジャンピングフロントハイキック、ギャローズとファレが串刺しボディアタック。
 続いてアンダーソンとギャローズが合体リバースガンスタンでキャプテンに追撃し、アンダーソンがスピニングガンスタンからフォール。しかし、キャプテンは自力で跳ね返す。
 その直後、内藤がアンダーソンにミサイルキック、トンガが内藤にスピアー、本間がトンガにこけしロケット、ギャローズが本間にジャンピングフロントハイキック。
 その直後、ギャローズがシェリーのフライングボディアタックを受け止める。しかし、KUSHIDAがスワンダイブミサイルキックでシェリーの背中を押し、ギャローズをなぎ倒す。そして、シェリーがブリッジで高橋の上体を起こし、KUSHIDAが側転から低空ドロップキックをお見舞い。さらに2人は、同時プランチャで高橋たちを分断。
 一方、リング上では、キャプテンがカウンターヒラボトムでアンダーソンを叩きつけ、「キャプテン」コールを浴びる。ところが、次のカリビアンデスグリップをアンダーソンが回避し、ガンスタンで逆転。最後は、合体技マジックキラーで決着がついた。

COMMENT

ギャローズ「BULLET CLUBがリアルだ。見たか、ゴールデンメンバーの力を、そしてIWGPタッグチームチャンピオンの力を。トゥー、スウィート」
アンダーソン「ユウジロウ、日本語はわかるか?」
高橋「I do not know. I do not understand」
アンダーソン「いいか、BULLET CLUBが新日本プロレスのすべてを制する、すべてをだ」
※ファレ、タマはノーコメント
 
本間「いやぁ、さすが真壁さんの地元。熱いよ、熱い。お客さんのパワーを受けて、今日こそは勝ちたかったけど、やられちまった。でも今日の今までの成果としては俺が負けなかったこと。負けない、絶対負けない。BULLET CLUB、お前らには絶対負けない。あとよ、IWGPタッグ、そんな大事なベルトをよぉ、粗末にするなって。俺はよぉ、ずっと前から狙ってんだ。お前ら絶対許さねぇから、BULLET CLUB」
KUSHIDA「ハァハァ、俺たちは誰でもかまわないよ。ヤングバックスでも、レッドドラゴンでも、フォーエバーフーリガンズでも。国、団体、リング、階級、試合形式、なんだって俺らタイムスプリッターズはなんでもかまわない。常に最高の結果、最高の内容をみせてやる。それはBULLET CLUBが敵であっても同じだよ」
シェリー「レッドドラゴン、フォーエバーフーリガンズ、ヤングバックス、どんなタッグチームが来ても問題ない。なぜならタイムスプリッターズはレッドドラゴンよりも強い、タイムスプリッターズはフォーエバーフーリガンズよりも強い、タイムスプリッターズはヤングバックスよりも強いからだ。そして新日本プロレスでベストタッグチームは俺たちだ。トーナメントが終わったら、どのチームでもかかってこい。大阪で覚悟しとけ。オマエラハ、モウ、シンデイル」
※内藤、キャプテンはノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ