バディファイトPresents G1 CLIMAX 24

日時
2014年7月21日(月)   13:30開場 15:00開始
会場
北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆
6,000人(超満員札止め)

第3試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 24」Bブロック公式戦

VS

境界線

レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

 『G1』3回優勝の実績を誇る天山が、リーグ戦初試合でアンダーソンと対決。
 
 試合開始早々、アンダーソンがクリーンブレイクせずに不意打ち。さらに、モンゴリアンチョップで挑発に出ると、場内がブーイングに包まれる。
 すると、天山がカウンターニールキックで逆襲し、ヘッドバットから“本家”モンゴリアンチョップで報復。さらに、手刀を振りおろし、ヘッドドロップキック、スリーパーホールドに繋ぐ。
 だが、アンダーソンがカウンター低空ドロップキックで膝を打ち抜き、場外戦へ持ち込む。そして、鉄柵を悪用し、天山の膝に追撃を加える。
 大ダメージを負った天山がリングへ戻ると、アンダーソンは膝に集中攻撃を開始。ストンピング、ニードロップ、ジャンピングニードロップをすべて膝に浴びせる。
 それでも天山は串刺し攻撃に行くが、アンダーソンが回避し、ジャンピングフロントハイキックで逆襲。そして、パワーボムの体勢に入るも、天山がバックスープレックスで投げ捨てる。
 ここから天山は、モンゴリアンチョップ連射、串刺しラリアット、カーフブランディング、ブレーンバスターと畳み掛ける。そして、顔面攻撃とカウンターエルボースマッシュを食らっても怯まず、マウンテンボムへ繋ぐ。
 続いて天山はムーンサルトプレスを繰り出すが、アンダーソンが回避して自爆させ、ジャンピングフロントハイキックで逆転。そして、スピニングガンスタンからガンスタンを狙うが、天山が踏ん張って逃れ、ショートレンジヘッドバットをお見舞い。
 天山の攻撃は続き、ダイビングヘッドバットからアナコンダバイス。そこから立ち上がるも、アンダーソンが暴れて脱出する。だが、天山がヘッドバットを見舞い、アアナコンダバイスの進化系であるアナコンダマックスでアンダーソンを仕留めた。

COMMENT

天山「オケー、オッシャーいいぞ、いいぞ。見たか、見たか、見たかって。オイ、このタッグのベルトをだてに俺は巻いてんのちゃうぞって。テンコジ、コジがいない。タッグじゃない。シングルやったけど、今日から2014の『G1 CLIMAX』この北海道何年振り? 10年近くやな。またこの北海道きたえーるにね、何年振りかに戻ってきて、この『G1』スタートやけども。ほんまハッキリ言って今日の相手、あのハゲボウズ。クソクラブのギャーギャーギャーうるさいヤツ。俺からしたら、アイツとの相性最悪。今まで4回5回全部負けとんねん。1回も勝ったことない。そんなね、クソ相性が悪いヤツと、開幕この北海道で札幌で決まって、やるしかないやろって『G1』っていったら、夏の『G1』いうたら、この天山広吉しかいいひんやろ。今年で19回目、どんだけ出てる思うてんねんって。もう俺が最初に出た頃考えたら、成人すんねんアイツ来年は。それぐらい出とんねんって。俺から言わしたら、全部スケジュール日程か知らんけども、誰と試合組まれようが全部ひっくるめて、なにもかもやっぱり経験してきてる中で、俺が全部やったるよって。怪我しようが、途中でヤバい状況になろうが。今日もな、ムーンサルト決めるって飛んだけど、すかされて自分の頭打ってな、脳震盪きたけども、なにが脳震盪やって。頭打とうが、首を折ろうが、俺は生きてる限り、目ん玉開けられるだけの時はやりますよ。とことんやるってば。リングに上がったら、なにも恐いものない。リングでのたれ死のうが、死んでまおうがね、俺はもう全部覚悟してんねんって。この『G1』一戦一戦、天山広吉どこまでも喰いついて、絶対逃がさへんって。リーグ戦何試合か知らんけども、毎日毎日相手喰らわらせて、ボコボコにして、ケチョンケチョンにしてやるよって。最後の最後西武ドーム待ってるからねぇ。俺にとっても初めてやし、どんな未知の戦場っていうかね。めっちゃ楽しみですよ。それまでずっと、明後日の青森からずーっと連戦続くけども、しっかりと19回出てる『G1』の天山広吉のプライドを全部見せつけてやるって。俺を怒らせるなって。10倍、100倍1000倍にして返してやるから。どんなヤツが来ようが、誰でも来いって。ハッキリ言っとくぞ『G1』誰も下馬評で俺の名前の『天』の字も出なかった。ふざけんなコラ、アホンダラ。遅いんじゃ、アホ。バカタレが。誰も天山広吉の名前書いとらへんやないか。ふざけやがって。そういうのもひっくるめて頭きとんじゃって。見るもんみしてやるよ。2014『G1 CLIMAX』見とけよって。天山広吉、見とかんと後悔するぞって」

アンダーソン「『G1 CLIMAX』は世界で最も厳しい戦いである事は間違いない。だがオレはそのチャンピオンを目指しているんだ。今日は天山…『G1 CLIMAX』の中でも“レジェンド”と言われている天山にオレは負けてしまった。だけども、オレは次の1戦の青森に“標準”を合わせているんだ。“ニセンジュウヨン”の『G1 CLIMAX』チャンピオンになるのは、この『カール・アンダーソン』だ」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ