濵かつ Presents レスリングどんたく 2017

日時
2017年5月3日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
福岡・福岡国際センター
放送
バナーバナー
観衆
6,126人(超満員札止め)

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • <第12代チャンピオンチーム>

  • <チャレンジャーチーム>

※SANADA&EVIL&BUSHIが第13代王者組となる。

MATCH REPORT

 第12代王者組の棚橋&田口&リコシェが、前王者組のSANADA&EVIL&BUSHIと約1ヶ月ぶりのリターンマッチを敢行。

 棚橋対EVILで試合が始まるが、控えのBUSHIが後ろから髪を引っ張る。それでも棚橋が腕を取ってロープ際へ追い込むと、今度は田口がEVILの髪を引っ張る。そして、棚橋がカウンターバックエルボー&フライングボディアタックの連続攻撃をお見舞い。
 田口対SANADAとなり、SANADAが仕掛けた結び目固めを田口が脱出。そして、連続ドロップダウンでSANADAを翻弄し、ロープワークで何度も往復させる。するとSANADAは低空ドロップキックを繰り出すが、田口が鮮やかに回避。
 ここで田口は結び目固めを狙い、カットに来たBUSHIにジャンピングヒップアタックを食らわせる。そこから棚橋&田口&リコシェがSANADAにヒップアタックを連発して行き、田口がコーナー2段目へのぼって尻を突き出す。ところが、SANADAが棚橋のハンマースルーを切り返し、田口の尻に激突させる。そして、SANADA&EVILがリコシェを同じ目に遭わせる。
 状況が掴めていない田口は満足気な表情を見せるが、いつの間にか背後へ立っていたSANADA&EVIL&BUSHIに気づいて驚愕。笑顔でEVILとBUSHIのあいだを通り抜けようとするも、当然のごとく襲撃されてしまった。
 これで田口が孤立する展開となり、BUSHIがミサイルキック、Tシャツによるチョーク攻撃で追い討ち。さらに、SANADAがジャンピングヒップアタックをかわして自爆へ追い込み、結び目固めから低空ドロップキックを食らわせる。
 その後も田口のピンチは続き、SANADAのバックエルボーから、EVILがセントーン。そして、EVILが顔面攻撃からロープへ走るが、田口がカウンターラリアットで逆転。
 リコシェ対EVILの場面。リコシェがセカンドロープからのジャンピングバックエルボーでBUSHIを排除。そして、EVILにミドルキックを浴びせ、その反動でSANADAにバックキックを見舞う。すると、EVILが脚を取って振り回すが、リコシェはその勢いを利用してSANADAにバックスピンキックを食らわせる。
 さらにリコシェは、EVILとSANADAを激突させ、コーナーを利用した619、スワンダイブエルボースマッシュでEVILに追撃。ここで棚橋が登場するも、EVILが脚を取ってマーティー浅見レフェリーに持たせ、ガラ空きのボディにトラースキックをお見舞い。
 続いて棚橋とEVILがエルボー合戦を繰り広げ、EVILが串刺しショートレンジラリアット。しかし棚橋は、グラウンドドラゴンスクリューで挽回し、テキサスクローバーホールドで捕獲。その直後、田口が腕固めでBUSHI、リコシェが変型アルゼンチンバックブリーカーでSANADAを分断する。
 その後、棚橋がスリングブレイドでEVILに追撃し、コーナー最上段からハイフライフローを敢行。だが、EVILが両膝でブロックした。
 田口対BUSHIの場面。田口がBUSHIとSANADAにジャンピングヒップアタックを浴びせ、両者へランニングヒップアタックを連発。そして、ギタッたのちにBUSHIの低空ドロップキックをかわす。
 田口のペースは続き、串刺しジャンピングヒップアタックでBUSHI追い討ち。ところが、2発目をBUSHIが回避し、SANADAが串刺しバックエルボー、BUSHIが串刺しダブルニーアタック、SANADAがトーキック、BUSHIがコードブレイカーと畳み掛ける。
 続いてBUSHIはエムエックスを繰り出すが、田口が回避。ここから混戦となり、SANADAがリコシェにドラゴンスクリュー、棚橋がSANADAにドラゴンスクリュー、EVILが棚橋にトラースキック、田口がEVILにジャンピングヒップアタック、BUSHIが田口にマンハッタンドロップ。
 その後、リコシェが変型フィッシャーマンバスターでBUSHIを叩きつけると、SANADAが棚橋を捕まえてSkull Endを極める。これを棚橋がツイスト&シャウトに切り返すも、EVILがラリアットでなぎ倒す。
 だが、田口がダイビングヒップアタックでEVILを蹴散らし、カウンター延髄斬りをBUSHIにお見舞い。そして、どどんからフォールに行くも、SANADA&EVILがカットに入る。
 すると、棚橋&リコシェが同時プランチャでEVIL&SANADAを分断し、田口がアンクルホールドでBUSHIを捕まえる。ところが、BUSHIが抵抗して田口を振り回し、浅見レフェリーが巻き込まれてしまう。
 それでも田口が再びアンクルホールドを極めると、BUSHIはギブアップの意思表示を見せる。ところが、浅見レフェリーが場外でダウンしており、幻となってしまう。
 すると田口は浅見レフェリーの様子を伺うが、直後にBUSHIが毒霧を噴射。そして、ブシロールで丸め込むも、田口は辛うじて跳ね返す。
 続いてBUSHIはコーナー2段目からエムエックスを田口に見舞うが、フォールを棚橋&リコシェがカット。ところが、SANADAがTKOでリコシェ、EVILがダークネスフォールズで棚橋を黙らせる。そして、BUSHIがコーナー最上段からエムエックスを炸裂させ、田口を轟沈した。

COMMENT

EVIL「この(NEVER無差別級6人タッグ)ベルトは、俺たちによってとんでもない価値を、見出してしまった。どうする? お前ら、全員欲しいだろ? ドンドンかかってこいよ。This is EVIL.Everything is EVIL.すべては……EVILだ!」
BUSHI「田口、いやタグチジャパン。残念だったな。このNEVER無差別級6人タッグのベルト、俺たちが取り戻した。俺はリコシェや田口、お前らにはまだまだ借りがいっぱいあるんだよ。いつでもいい、挑戦して来いよ。ベルトにふさわしいのは、BUSHI、EVIL、SANADA。EN SERIO、マ・ジ・で」
※SANADAはノーコメント

※田口インタビュースペースにたどり着くなり、「クソ」とつぶやいてフロアに仰向けにダウン。遅れて戻ってきた棚橋が田口の顔を覗き込み……。
棚橋「大丈夫?(目は)見える?」
田口「ちょっと……まぁ、ちょっと見えるぐらいです。慣れてますから。すみません」
棚橋「(今日の敗戦は)監督のせいじゃないから。これはチームのせいだから」
田口「力がちょっと足りなかった。采配が……いやぁ、すいません。ま、取り返しましょ」
棚橋「これであきらめるわけにはいかないでしょ」
田口「あきらめられるわけはないですよ。あきらめるわけじゃない。もう1段、上へ行くための負けです。これで私たちは、タグチジャパンはますます強さを手に入れます。何か(質問は)ありますでしょうか?(※しばらく無言の後)更迭ですか? そんな失礼なこと言ってんの誰ですか? 誰ですか? 更迭? しっかりやってるでしょ、しっかり。誰ですか、そんな失礼なこと言うのは? 出ていきなさい! 出ていきなさい!」
ヨシタツ「(※田口が起き上がったところで、割って入って)すいません、ちょっといいですか? 今日はNEVER6人タッグ、防衛(できなくて)残念でした。実は今日、ビリー・ガンから棚橋さんに伝言があります。棚橋さんと1対1でやりたいそうです」
棚橋「オオ……それは……」
ヨシタツ「ああ、返事は大丈夫です。今日はただ、伝えに来ただけなんで」
棚橋「ありがとう」
ヨシタツ「伝えましたよ(※と言ったところで要件が済んで去っていく)」
棚橋「よしっ。リコ、サンキュー」
※2人のやり取りをじっと眺めたままだったリコシェは、棚橋と握手をかわし、交わし、コメントを発せず棚橋とともに控室へ。
田口「(※1人残されて)ちょっと熱くなって、すいませんでした。ちょっと熱くなりました」
――ここでベルトを失うっていうのは、監督の資質に欠けるのではないかと……
田口「いえ、それは……十分やってるでしょ? 一生懸命やってるじゃないですか。汲み取ってくださいよ。一生懸命やってんだから」
――選手兼任が重荷になってる部分はないですか?
田口「それは、まぁ、ないと言ったらウソになりますけど、こんなことでタグチジャパンをやめるわけにはいかないと……まぁ、これで第2期タグチジャパンは解散ということで。第3期は私も含めて(メンバーを見直すと)……(第2期は)解散というかね、発展的解散で……まぁ、解散じゃないんですけど、解散で……」
――メンバーを選び直す?
田口「そうですね。ンー、やっぱりいいや、このままで。とりあえずはこの3人で」
――じゃあ、第2期のままじゃないですか?
田口「次、また、選び直すかもしれないんで……」
――どっちですか?
田口「選び直すかもしれないんで、もしかして第3期になるかもしれない……」
――とりあえず、キャンプでもやって鍛え直すとか?
田口「そうですね」
――監督が優柔不断だと、選手もついてこないと思いますけど。
田口「今まだ2期は続いてます、3期は次(また考えます)……」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ