INVASION ATTACK 2014

日時
2014年4月6日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
8,500人(満員)

第8試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • (挑戦者組)
  • (第64代王者組)

VS

境界線

※王者組が2度目の防衛に成功。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 後藤と柴田の盟友タッグが、アンダーソン&ギャローズの持つIWGPタッグ王座に挑戦。
 
 アンダーソンと柴田が先発し、アンダーソンがエルボー連打。しかし、柴田が強烈な1発で逆襲し、強力なヘッドロックで絞り上げる。
 これをアンダーソンが強引に振りほどこうとすると、柴田はキーロックへ移行。アンダーソンをロープエスケープさせた。
 後藤対ギャローズの場面。ギャローズがアンダーソンと共にダブルショルダータックルで後藤を吹き飛ばす。それでも後藤はブレーンバスターを仕掛けるが、ギャローズが反対に投げ捨て、フロントハイキックで場外に落とす。
 場外乱闘を挟み、ギャローズがハンマーブロー連射、スリーパーホールド、アンダーソンがカウンターゼロ戦キックなどで後藤に追撃。さらに、ギャローズがエプロンから後藤を場外へ投げ捨て、鉄柵へ激突させる。
 その後もアンダーソンのセントーンを浴びた後藤だったが、ブレーンバスターを仕掛けたアンダーソンを反対に叩きつけ、ようやく逆転に成功。タッチを受けた柴田が、キック連射、ショルダーアームブリーカー、腕極め卍固めで追い討ちをかける。
 さらに柴田は串刺し低空ドロップキックを狙うが、アンダーソンが追走式串刺しドロップキックで逆転。スイッチしたギャローズが、ボディブロー連射、串刺しバックボディアタックで追撃する。しかし柴田は、カウンターキチンシンクで巻き返した。
 後藤対ギャローズとなり、後藤と柴田が交互にローキック連射。そして後藤がバックドロップからサソリ固めを極めると、柴田はアンダーソンを分断。ところが、ギャローズが両腕ラリアットで後藤と柴田を吹き飛ばす。
 ここから後藤とギャローズのラリアットが2度相打ちになり、ギャローズのショートレンジラリアットがヒット。これで後藤対アンダーソンとなり、アンダーソンがジャンピングフロントハイキック、ランニングパワーボムと得意技を連発。
 続いてアンダーソンはコーナー最上段へのぼるが、柴田がジャンピングフロントハイキックで妨害。そして、後藤と柴田は合体牛殺しをアンダーソンに見舞い、後藤が串刺しニールキック、柴田が串刺し低空ドロップキック、ジャーマンスープレックスホイップ、後藤がバックドロップで攻め立てる。
 さらに、柴田がスリーパーホールドでアンダーソンを押さえ、後藤がPK。次に、後藤の牛殺しから柴田がPKを見舞い、後藤がフォール。しかし、ギャローズがカット。
 続いて後藤が牛殺しでアンダーソンに追撃し、昇天の体勢に入る。しかし、アンダーソンが背後に着地し、乱入したギャローズが地獄突き、ハイキック、串刺しボディアタック。
 さらに、アンダーソンとギャローズが合体スピニングパンケーキで後藤に追撃し、マジックキラーを狙う。これを柴田がカットすると、ギャローズがパワーボム、シットダウン式ラストライドで排除。
 そのギャローズを後藤がラリアットで場外に落とすと、アンダーソンがガンスタンに行く。これを後藤が回避して追走式ラリアットを狙うが、アンダーソンがかわし、またもやガンスタンを仕掛ける。これは後藤が脱出したものの、直後にアンダーソンが今度こそガンスタン。そして最後は、合体技マジックキラーがついにさく裂し、後藤が轟沈した。

COMMENT

アンダーソン「柴田と後藤、この二人は世界でもベストな二人だ。非常に闘い方も強いし、本当の強さを持っている。だが、その強い二人を倒した人間がベストだ。すなわち、俺たちがベストなチームなんだ!」
ギャローズ「新日本プロレスの中で、最強のコンビが俺たち。それを今夜、証明できた」
アンダーソン「次の挑戦者、どこでも誰でも受けてやる。柴田&後藤のリマッチでもかまわないぞ。違う相手でも誰でもかまわない。日本でもアメリカでもオーストラリアでも、どんな選手でもいい。場所もどこでもいいんだ。俺たちはIWGPの王者であり続ける」
──BULLET CLUBに新しく加入したAJスタイルズについては?
アンダーソン「イエス。彼は非常にいい選手だと思う。“フェノメノン”(驚異的、の意味)のAJなんだ。今BULLET CLUBは非常にいいメンバーが揃っている。その中にAJという素晴らしい選手を加えて、ますますベストなチームとなるだろう」
ギャローズ「AJはスターだ。スーパースターだ。そのスター選手が加わって、BULLET CLUBはますます最強になるだろう」
 
※後藤はノーコメントで控室へ。柴田は記者陣を振り払うようにして、バックステージへ。
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ