戦国炎舞-KIZNA- Presents Road to SAKURA GENESIS 2017

日時
2017年4月4日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,633人(満員)

第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • (チャレンジャーチーム)

  • (第11代チャンピオンチーム)

※棚橋&田口&リコシェ(タグチジャパン)が、第12代王者となる。

MATCH REPORT

 LOS INGOBERNABLES de JAPONのSANADA&EVIL&BUSHIが、NEVER 6人タッグ王座2度目の防衛戦を敢行。挑戦者チームは、タグチジャパン代表メンバーの棚橋&田口&リコシェ。

 試合開始前、田口が「絶対勝つぞー!!」と叫び、棚橋&リコシェが「オーー!!」という掛け声で続く。

 そこから棚橋対SANADAで試合が始まり、場内が「棚橋」コールに包まれる。すると、控えのEVILが背後から襲い掛かるが、棚橋はカウンターバックエルボー&フライングボディアタックの連続攻撃をSANADAに見舞った。
 田口対BUSHIの場面。BUSHIが田口の尻を平手で何度も叩き、ローキック連打を浴びせる。しかし、田口がカウンタージャンピングヒップアタックで報復し、ヒップアタックで追撃。そこから田口と棚橋がクイックタッチを駆使してBUSHIにヒップアタックを連発。すると場内が「リコシェ」コールに包まれ、リコシェもBUSHIにヒップアタックを見舞う。
 さらにリコシェは、背中合わせでBUSHIを飛び越え、倒立からのヘッドシザースホイップで場外に落とす。そして、ハンドスプリング&バク宙でフェイントをかけるも、直後にSANADAが低空ドロップキックを食らわせる。
 これでリコシェが孤立する展開となり、SANADAがストンピング連射、踏みつけ攻撃、BUSHIがTシャツによるチョーク攻撃、EVILがセントーン、チンロックなどで集中砲火を浴びせる。
 その後も苦しい展開の続いたリコシェだったが、SANADA&BUSHIの合体攻撃から逃れ、BUSHIにジャンピングスピンキック、SANADAに飛びつきダイヤモンドカッターで逆襲。
 ようやくスイッチした田口は、SANADAとEVILにヒップアタックを連射し、串刺しジャンピングヒップアタック2連発、スリーアミーゴでSANADAに追撃。
 続いて田口は結び目固めを狙うが、掛け方がわからずに動きが停止。諦めてスライディングケツを繰り出すが、SANADAが回避して結び目固めで田口の動きを封じ、低空ドロップキックをお見舞い。
 田口対EVILとなり、EVILがジャンピングヒップアタックを受け止めてアトミックドロップ。しかし田口は、セカンドロープからジャンピングヒップアタックを放ち、EVILをなぎ倒した。
 棚橋対EVILとなり、棚橋がドラゴンスクリューで先制。その後、EVILに突き飛ばされた棚橋が、トップロープを掴んで逆上がりでリングへ戻る。ところが、EVILがバックを取り、ジャーマンスープレックスホイップで投げ捨てる。
 だが、棚橋はEVILの串刺しラリアットを回避し、張り手を浴びせる。そして、EVILをコーナーで固定し、ドラゴンスクリューを敢行。続いてテキサスクローバーホールドを極めるが、SANADAがカットする。
 さらに棚橋はカウンタースリングブレイドからハイフライフローを炸裂させるが、フォールはBUSHIがカット。すると棚橋はドラゴンスープレックスの体勢に入るが、EVILが抵抗してEVILで叩きつけた。
 リコシェ対BUSHIの場面。リコシェがカウンターフロントハイキック、飛びつきDDTでBUSHIに先制し、SANADAの膝を蹴ってエルボーで場外に追いやる。そして、2人にサスケスペシャルをお見舞い。
 だが、BUSHIが変型スイングネックブリーカーで巻き返し、串刺しダブルニーアタックで追撃。さらに、SANADAがフロントハイキックでアシストし、BUSHIがシャイニング延髄斬り、バッククラッカーへ繋ぐ。
 ここでBUSHIはエムエックスを狙うが、リコシェが回避し、田口がBUSHIにジャンピングヒップアタック。そして、田口はSANADAにもジャンピングヒップアタックを放つが、かわされてしまう。
 すると、リコシェがSANADAにフロントハイキックを食らわせ、BUSHIに向かってベナドリラーを放つ。しかし、BUSHIが回避し、コードブレイカーで挽回。
 それでもリコシェは次のコードブレイカーを受け止めるが、SANADAが乱入してリコシェを羽交い絞めにする。その直後、BUSHIがグリーンミストを噴射するが、リコシェによけられてSANADAに誤爆。
 ここでリコシェは、スピンキック、ノーザンライトスープレックス→ブレーンバスターの連続攻撃。それでもBUSHIはブシロールで逆襲し、返された直後にフェイント式ニールキックを浴びせる。
 ところが、田口がBUSHIにジャンピングヒップアタックを食らわせ、リコシェがジャンピングニーアタックで追撃。そして、ベナドリラー2pointでBUSHIに追い討ちすると、左と右の側頭部にミドルキックを浴びせ、頭頂部へかかと落としを食らわせる。そして最後は、リバースロックボトムでBUSHIを葬り、棚橋組が新王者となった。

COMMENT

田口「(※一人でコメントブースに登場)ズバリ、リコシェ的中ですよ。やっぱり、私の目に間違いはなかったですね。リターンマッチしますか? 同じ結果ですよ。リコシェが一人でやってくれますよ。何回やっても同じです。リコシェが一人でやっつけてくれます。ビックリしましたね。パラダイスロックのかけ方がわからないというミスがありましたけど、それを補っても余りあるほどの棚橋選手、リコシェ選手の活躍ということでね、ボクはつけ合わせみたいなもんで。福神漬けみたいなもんで。(※コメントブースに向かってくるリコシェを見て)オッ、キングが帰ってきました。King.Thank you very much.(※リコシェとガッチリ握手)タグチジャパン入りもね、試合直前に伝えたということで、素晴らしい選手」
リコシェ「いやいや。(※田口の肩を叩き)パーフェクトリーダー、(※自身を指さし)パーフェクトパートナー、(※ベルトを指さし)パーフェクトヴィクトリーだよ」
棚橋「(※棚橋が遅れて登場)Thank you リコ」
田口「素晴らしいチームで、バランスもいいと思います。スピードも高さもありますしね。文句ないんじゃないですか」
リコシェ「そうだね。このチームはバランスがいい」
棚橋「リコシェが入るだけで、一気に2倍3倍レベルアップしたから、A代表の座が厳しくなるね」
田口「そうっすね。また、代表入りを狙う選手も増えてくるでしょうし。凄い楽しみです」
棚橋「対ロスインゴにしても、リコシェが入ってくるだけで全然違うから。今日、このNEVER(6人タッグ)のベルトを獲ったけど、第一歩だから。ロスインゴ、全員狩ってやるから。“狩猟解禁”、一人ずつ狩ってやるから。監督、ありがとう(※田口とガッチリ握手)。また、頑張ります。リコシェ、ありがとう(※リコシェとガッチリ握手)」
田口「今日は、特に下ネタはないです(※記者が爆笑)。ありがとうございました」

EVIL「タグチジャパン……ふざけた野郎どもだ…今日、これで終わったと思うなよ。そして、一人、いたよな。一人、いたよな。完全に終わった野郎が。アイツはよう、もう、息の根が止まってんだよ。そして、この俺の方が強ぇんだよ。よく覚えとけ……」
※SANADA、BUSHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ