戦国炎舞-KIZNA- Presents SAKURA GENESIS 2017

日時
2017年4月9日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
東京・両国国技館
放送
バナーバナー
観衆
10,231人(超満員札止め)

MATCH REPORT

 棚橋弘至&&ジュース・ロビンソン&田口隆祐&リコシェ組が、内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHI組と激突。4.4後楽園では棚橋&田口&リコシェ組が、SANADA&EVIL&BUSHI組からNEVER無差別級6人タッグを奪取。今回の8人タッグはその追撃戦となる。試合前、内藤がリングにインターコンチのベルトを投げ込むと、田口が救出するようにキャッチ。さらに内藤はリング下から服部レフェリーの足を引っ張る暴挙。試合前、タグチジャパンは「絶対勝つぞ-!」と気合いを入れる。
 
 先発は棚橋とEVIL。棚橋はリストの取り合いからヘッドロック。しかし、EVILは髪を引っ張って脱出。続くロープを使った攻防では、棚橋がアームドラッグでEVILを捕獲。次は田口とBUSHIが対峙。田口はエグザイルのようなフリを見せて挑発。さらにロープワークでBUSHIを延々と走らせると、続いてタグチジャパン総出で延々とトレイン攻撃。
 そして、田口はセカンドロープにリングに背を向けてのぼると、タグチジャパンはその尻にBUSHIの顔面をたたきつける。さらにSANADAもスローするが、SANADAは田口の尻にドロップッキク。ここでL・I・Jが乱入し、場外戦へ。SANADAはロープに絡めるかたちで田口にパラダイスロック。
 続いて内藤が田口にコーナーミサイル。さらにEVILがセントーン。続いてSANADAが田口のヒップアタックをマンハッタンドロップで迎撃。ピンチの続いた田口だが、SANADAにフェイントを織り交ぜてヒップアタックをヒット。
 ここでリコシェが登場。SANADAに滞空時間の長い飛びつきDDT。さらに内藤とEVILにソバット連発から、二人まとめてネックブリーカー。そして、SANADAにトペ・スイシーダを見舞うと、返す刀で内藤とEVILとはラ・ケブラーダを炸裂。
 リング上、棚橋がSANADAにパラダイスロックを狙うが、BUSHIがカット。すると、棚橋は二人まとめてドラゴンスクリュー。しかし、EVILがラリアットで妨害。そして、棚橋と意地をむき出しにして激しい攻防。棚橋が強烈な張り手を見舞うと、EVILも負けじとラリアットを炸裂させる。
 続いて内藤とジュースが対峙。ジュースは変形のバックブリーカー、河津落とし、セントーンとたたみかけていく。さらにパルプフリクションを狙うが、これはSANADAがカット。ここでL・I・Jはジュースに連携の低空ドロップキック。さらに内藤はボディスラムの構えから裏DDTにつなぎ、デスティーノを狙うが、棚橋がスリングブレイド。その棚橋をEVILがラリアットで場外に落とすと、リコシェがEVILに延髄斬り。すると、間髪入れずにBUSHIがリコシェにコードブレイカー。ならばと田口がBUSHIにヒップアタック。SANADAにも見舞うがこれはかわされてしまう。しかし、ジュースがSANADAにスパインバスター。
 ここで内藤がジュースに急所蹴りを狙うが、ジュースはディフェンス。そして、ナックルをたたき込むと強烈なラリアット。最後はパルプフリクションで内藤をマットに突き刺し、殊勲のフォール勝ちをスコア。
 

COMMENT

 

リコシェ「みんなは、この試合は番狂わせだって思ったかもしれないけど、俺はそうは思わなかった。ジュースは、タグチジャパンを代表して、ナイトーを倒した。ジュースが3カウントを取った」
※ここで、ジュース、棚橋、田口がコメントブースに現れ、ジュースの健闘を口々に讃える。
ジュース「俺の誕生日は明日だ。俺がチャンピオンになるぞ」
棚橋「アイム・ジェラシー」
ジュース「棚橋選手は、去年一緒にタッグリーグに出て、色々教えてくれた。尊敬している。カントク!やった!」
田口「ユア・グッド・レスラー」
リコシェ「カントクも凄い!(※日本語で)スゴイ、タグチ!」
※ジュースとリコシェがコメントブースを去る。
田口「タグチジャパンに入って、各選手がイキイキして、ジュースは大金星……もう大金星じゃないですよ、これは。今シリーズを通して、ジュースのめざましい成長、目に見えて成長してましたから。」
棚橋「カントク、1個だけお願いがあって」
田口「はい」
棚橋「スタンドプレーになるかもしれないんですけど、俺、EVILいっていいですか」
田口「……お」
棚橋「マンツーマン。このままじゃ終われないんで」
田口「分かりました。じゃ、マンツーマンで、分かりました」
※棚橋がコメントブースを去る。
田口「エース・棚橋弘至。復活ののろしが上がったんじゃないですか。タグチジャパンをきっかけに、踏み台にして。EVILの踏み台にはならないかもしれないですけどね。EVILの言葉を借りると。EVILの踏み台にもならないらしいですけど、タグチジャパン、EVILのためにやってるわけじゃないですから。タグチジャパンの各選手のために、タグチジャパンをステップにして、上にいってもらおうと。そういうことをやってますから。ステップにもならないと言ってしまうEVILに、成長はないです。なんなら、タグチジャパンを相手にして、もっと一段階上にEVILが成長していくという、そういう気持ちがあれば、もっと彼も成長していくでしょうけど。言葉を見る限り、彼にこれ以上の成長はないでしょう。棚橋弘至の今後の、エース、トップを極めてから、さらにもう一段階……トップを極めたら、もうないですからね、その上は。それをタグチジャパンという所に、1回入って、冷静に周りを見ることで、さらに一段階上に、ステップアップ。棚橋弘至、復活の春、夏に向けて。棚橋さん、G1に向けて、良いステップを踏んでいってると思います。ジュース。素晴らしいです。リコシェ。素晴らしいです。田口。しっかりしろ、と言いたいですね。僕は踏み台に、踏み台にしてもらえれば大丈夫です。僕をステップにして、駆け上がっていってもらえれば、こんな嬉しいことはないです。監督冥利に尽きます。以上です。以上です……すいません、今日も下ネタはありません」
(※記者一同の笑いと、下ネタが欲しそうな目)
田口「踏んづけて、あぁそうっすね、踏んづけてもらえれば、僕は十分です。Mなので。どんどん踏んづけて、上に上がって行ってください。ツバも吐きかけてください。終わりです」
※ここで、ジュースが再び戻ってくる
ジュース「俺はハッキリ伝えたい。俺は今回ナイトーを倒したけど、ナイトーを弱いとは思っていない。俺はプロレスラーとして、ナイトーのことはリスペクトしてる。IWGPヘビーも獲っているし、今はインターコンチのチャンピオン。G1も、NEW JAPAN CUPも優勝してる。ロスインゴの人気は、ナイトーのおかげだ。その上で、俺は今日ナイトーを倒した。会場も盛り上がった。だから、ナイトーのIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦したんだ。次はナイトーが答える番だ。本物のチャンピオンなら、俺の挑戦を受ける。誰が挑戦しても、受けるのがチャンピオンだ。そして、本物の男なら、IWGPインターコンチネンタル選手権、ナイトーvsジュース・ロビンソンが実現する」
 
内藤「(引き上げながら)ドロール(痛い)だぜ、カブロン!」
BUSHI「オイ、田口! 『たとえリマッチやったとしても、同じ結果になる』?  そう言ったよな? ホントにそうなると思ってるのか? どうせNEVER無差別級6人タッグベルト、次の挑戦者、誰もいないんだろ? だったら挑戦させろよ? お前らもリマッチして欲しいんだろ。リコシェ、田口、やられた分をたっぷりお返ししてやるからな。エンセリオ、マジで」
EVIL「棚橋!この俺ともう一度やりたいって? フン!お前みたいな終わった野郎は踏み台にもならねえが、やってやってもいいぞ。その代わり、完膚なきまでに返り討ちにしてやるよ。よく覚えとけ! THIS IS EVIL! EVERYTHING IS EVIL! 全てはEVILだ!」
※SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ