戦国炎舞-KIZNA- Presents Road to SAKURA GENESIS 2017

日時
2017年3月26日(日)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,743人(超満員札止め)

第7試合 30分1本勝負

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 4・9両国のIWGPヘビー戦を控え、王者オカダと挑戦者・柴田が前哨対決。なお、前日(3月25日)の前哨戦第1ラウンドでは、柴田がPKでYOSHI-HASHIを下している(※柴田のパートナーは真壁)。

 両者の先発で試合が始まり、オカダがロープ際でクリーンブレイク。その後、オカダが腕を取ると、柴田が切り返して腕を極める。だが、オカダが柴田を赤コーナーへ押し込んだ。
 YOSHI-HASHI対永田の場面。YOSHI-HASHIがヘッドロックで絞り、ショルダータックルを浴びせる。それでも永田は倒れず、カウンターキチンシンク、サッカーボールキック、ショルダーアームブリーカーで報復。ところが、YOSHI-HASHIがスライディングで永田の足を取って場外へ引き込み、鉄柵攻撃をお見舞い。一方、オカダも場外戦で柴田に大ダメージを負わせる。
 これで永田が孤立する展開となり、YOSHI-HASHIが逆水平チョップ、ボディブロー、チンロックなどで追撃。さらに、オカダがトップロープ越えのセントーンアトミコ、YOSHI-HASHIが逆水平チョップ、串刺しラリアット、オカダがトーキック連射などに繋ぐ。だが、永田はカウンターフロントスープレックスでオカダに逆襲。
 ここでタッチを受けた柴田は、フロントハイキックでオカダを吹き飛ばし、控えのYOSHI-HASHIにもフロントハイキックを食らわせる。そして、追走式串刺しジャンピングフロントハイキック、エルボー連打、串刺し低空ドロップキック、フロントネックチャンスリーでオカダに追撃。
 次に柴田はコブラツイストでオカダを締め上げ、ロープへ逃げられるとグラウンドコブラツイストを繰り出す。それをYOSHI-HASHIがカットするも、柴田が強烈なエルボーで排除。
 しかし、直後にオカダがフラップジャックで挽回し、串刺しバックエルボー、トーキック、DDT。さらに、ヘッドスプリングで立ち上がると、低空ランニングエルボースマッシュで柴田に追い討ちをかける。
 続いてオカダはコーナー最上段へのぼるが、柴田が立ち上がり、スリーパーホールドで捕獲。さらに、オカダが放ったドロップキックをかわし、PKを発射する。しかし、今度はオカダが回避し、今度こそ柴田にドロップキックを見舞った。
 永田対YOSHI-HASHIの場面。永田がフロントハイキックからミドルキックを連射するも、3発目をYOSHI-HASHIが受け止める。そこからYOSHI-HASHIはエルボーを浴びせて行くが、永田もエルボーを返し、膝蹴りから改めてミドルキック。
 次に永田は串刺しフロントハイキックでYOSHI-HASHIに追撃し、エクスプロイダーの体勢に入る。しかし、YOSHI-HASHIが抵抗したため、ネックスクリューからエクスプロイダーに繋ぐ。
 続いて永田はブレーンバスターの体勢に入るが、YOSHI-HASHIが脱出し、フロントハイキックを回避してヘッドハンター。さらに、串刺し逆水平チョップから永田をトップロープへ乗せ、低空ドロップキックを食らわせる。
 ここでYOSHI-HASHIはパワーボムに行くが、永田が腕を取ってショルダーアームブリーカー。そこから腕固めへ移行するも、オカダがカットに飛び込む。すると、YOSHI-HASHIがフェイント式バックキックで巻き返すが、永田はすぐさま浴びせ蹴りを食らわせた。
 ここでタッチを受けた柴田は、控えのオカダをフロントハイキックで場外へ蹴散らし、「かかって来い!」と叫んで挑発。怒ったオカダがリングへ入り、柴田とエルボー合戦を繰り広げる。そこから柴田が連打で押し込むと、オカダはいきなりレインメーカーを発射。だが、柴田が回避してスリーパーホールドで捕獲。
 続いて柴田はPKを狙ってロープへ走るが、YOSHI-HASHIがカウンターラリアットで迎撃。そして、パワーボムからジャックナイフ式エビ固めで押さえ込むが、カウントは2。
 するとYOSHI-HASHIはカルマを仕掛け、抵抗した柴田に逆水平チョップを浴びせる。そして、ラリアットをクリーンヒットさせるも、柴田が叫び声をあげて仁王立ち。
 直後にYOSHI-HASHIはロープへ走るが、柴田がカウンターで張り手を食らわせ、スリーパーを極める。これでYOSHI-HASHIが腰を落とすと、オカダが慌ててエプロンへのぼる。しかし、柴田がフロントハイキックで場外へ蹴散らし、そのままPKでYOSHI-HASHIにとどめを刺した。

COMMENT

柴田「ありがとうございました」
永田「どうもありがとう」
※2人で握手を交わす
柴田「両国まであと8試合。俺の記憶が正しければ。8試合だよ。この楽しみは、この充実感は、なんか今まで味わったことのない充実感ですね。今日は、オカダが返事をしてくれたということで。別に返事なんかしなくても良かったんだよ。それはそれで面白い。無視を決め込んでも面白かった。だけど、アイツは喋った。それも面白い。プロレスは生ものだ。『根性だけで(IWGPベルト)獲れない』って?何よりも大事なのは根性だよ。根性がなかったら、プロレスラーは生きていけません。何か?ないかな?俺からは以上!ありがとうございました」
永田「どうもありがとう」
※柴田がコメントブースを去る。
永田「柴田とオカダの絡みをじっくり見てましたけど、微妙な緊張感が、お互いの動きを……むしろ、オカダの動きを若干慎重にさせてるな、と最初の立ち合いの攻防を見てて思いましたね。やっぱり、今まであんまり闘ったことがない相手なんで、オカダの方で若干の警戒心というか、何が飛んでくるか?という慎重さを感じたね。逆に柴田は、いつも通り。今のところ、精神的にはちょっと柴田の方が有利かな、と。前の新日本プロレスの闘いとは、ちょっと変化が見え始めてるんじゃないですか?柴田がチャレンジャーになったことで」
――昨年の永田さんとの闘いから、変化が見えてきたのでは?
永田「柴田は元々、自分の信じた道を突き進む選手なんで。それがたまたま、去年1年間、自分と闘ったり、組んだりしてきて。NEVERのベルトだったけど、IWGPの理念を持った闘いをしてきた。その経験を踏まえて、今改めて、IWGPに挑戦する柴田っていうのは、すごく頼もしいし。柴田に新日本を任せた、って思いは去年あったけど、それが間違ってなかったかなと。柴田がもしチャンピオンになったら、俺が挑戦するのもアリかな、って気持ちにちょっとだけさせてもらった。以上です」
 
オカダ「今日はシッカリ、べつに同じ試合だったし、帰ってるわけでもないし、シャワー浴びてるわけでもない。シッカリ呼ばれたから行きましたよ、柴田さん。ただな、いつも言ってんだろ?『根性見せます』? そんだけで獲れるほどな、このベルトはそんな、安くねーんだよコノヤロー。まだ、始まったばっかりだろ。『NEW JAPAN CUP』覇者、今日、大暴れだな? いいよ、もっともっと大暴れしないと、このベルトは…獲れないよ?」
※YOSHI-HASHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ