戦国炎舞-KIZNA- Presents Road to SAKURA GENESIS 2017

日時
2017年3月26日(日)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,743人(超満員札止め)

MATCH REPORT

 棚橋弘至&ジュース・ロビンソン&中西学&田口隆祐&KUSHIDA組と、内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHI&高橋ヒロム組が激突。この10人タッグは4.4後楽園でのNEVER無差別級王座戦、そして4.9両国でのIWGPジュニアヘビー級王座戦の前哨戦となる。
 
 ゴング前、タグチジャパンが円になって士気を高めているところを、L・I・Jが急襲するかたちで試合開始。リング上、内藤が田口の尻をひっぱたいていく。しかし、田口もお返しのヒップアタック。そして、タグチジャパン全員で内藤にトレイン攻撃を3周にわたって敢行。さらに田口がセカンドロープにのぼり、リングに向けて尻を向けると、タグチジャパンはそこ目掛けて内藤をスロー。しかし、内藤は田口の尻にドロップキック。これを合図にL・I・Jがリングインし、一気にタグチジャパンを蹴散らす。
 リング上はヒロムとKUSHIDA。ヒロムはエプロンサイドに、パワーボムの要領でKUSHIDAの腰を叩きつける。続いてEVILがリングインし、KUSHIDAの顔をむしっていく。田口が救助に入るが、内藤とBUSHIが阻止すると、すばやい連携から田口の顔面に低空ドロップキック。
 次に登場したSANADAはKUSHIDAにその場飛びムーンサルト。これをかわされると、KUSHIDAの背中に低空ドロップキック。続いてヒロムがKUSHIDAにスリーパー。KUSHIDAが捕まる展開が続く。KUSHIDAはヒロムとBUSHIの同士討ちを誘い、自軍コーナーに戻ろうとするが、L・I・Jが阻止。しかし、KUSHIDAは内藤とEVILにダブルのハンドスプリングエルボーを炸裂。そして、ヒロムにはウラカン・ラナ、横入り式エビ固めと丸め込みを連発。続いてオーバーヘッドキックを見舞うと、ようやく中西とスイッチ。
 中西は両手を握ったハンマー攻撃でEVILと内藤からダウンを奪う。そして、BUSHIにはショートレンジラリアット。さらに「ホー!」と雄叫びを上げ、EVILにもラリアット。そこからEVILをアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げ、SANADAに投げつける。
 続いて登場した棚橋は、EVILにエルボーからスリングブレイド。そして、ハイフライフローを狙うが、EVILは海野レフェリーをロープに突き飛ばすと、その反動で棚橋は落下。スイッチしたBUSHIは棚橋にスピンキック。だが、棚橋も張り手を見舞い、田口にスイッチ。田口は串刺しヒップアタックを連発。そして、セカンドロープに上がり、尻を向けると、そこ目掛けてタグチジャパンがBUSHIの顔面をヒットさせる。
 そこから田口はスライディングのヒップアタックをBUSHIに決めるも、L・I・Jが一斉にカット。ならばと田口はどどんを狙うが、BUSHIは変形のネックブリーカーで切り返す。すると、ジュースが登場し、BUSHIに豪快なラリアット。しかし、内藤が乱入し、ジュースにマンハッタン・ドロップ。続けてBUSHIがコードブレイカーを炸裂。
 続いてL・I・Jはジュースの顔面にトリプルの低空ドロップキック。間髪入れずにSANADAがハイアングルのバックドロップを決めるが、ジュースはカウント2でキックアウト。ここを勝機と見たSANADAはSkull Endの体勢に入るが、棚橋が背後からドラゴンスリーパーで捕獲。だが、その棚橋のバックを取ったEVILが投げっぱなしジャーマン。
 ここでKUSHIDAがEVILにスワンダイブ攻撃を狙うが、寸前でかわされてしまう。すると、間髪入れずにヒロムがKUSHIDAにトラースキック。そして、田口のヒップアタックには、BUSHIがアトミックドロップを合わせ、場外に排除。
 リング上ではSANADAとジュースが対峙。SANADAはTKOを決めると、続いてSkull Endの体勢へ。だが、ジュースはこれを切り抜け、パルプフリクションを炸裂。見事に逆転勝利をゲットした。
 試合後、内藤がジュースの髪を引っ張ってキャメルクラッチのようにのけぞらせると、そこにBUSHIが低空ドロップキックをお見舞い。さらにL・I・Jは本隊に暴行。内藤は田口を捕獲すると、その尻目掛けてBUSHIがドロップキックをヒット。その後も内藤はジュースの髪を引っ張って大暴れ。勝利したはずの本隊がリングで大の字になるのを尻目に、L・I・Jは堂々とリングをあとにした。

COMMENT

田口「棚橋選手、ありがとうございます。みんな、ありがとうございます。みんなを称えてください。選手を称えてください、今日は。勝ったのに、この負けた感が……強いなあと。なんとも後味の悪い勝利になってしまいましたけども。ま、タグチジャパン、結果をシッカリ残しましたので。非常に、昨日、今日と選手がいいパフォーマンスを見せてくれましたので。ま、メンタルの面はだいぶ強いモノを持ってますので、フィジカル的な部分を強化して、コンビネーションなんかもね。ま、このシリーズずっとありますんで。フィジカル面を上げていきたいと思います。ハイ。ま、KUSHIDA選手はジュニアヘビー、シングルのほうで私の敵をとってくれるということなので、非常に期待しています。楽しみです」
KUSHIDA「タッグマッチに監督がいたら、怖いモノなしですよ。ボクもベルトを獲って、丸くなってる場合じゃないから。まだまだ、どんなレスラーよりもワンパクだから。1年間、耕す作業から、次は新しい畑を作り出す作業で。両国、ベルトを獲って、新しいことを、男子たる者、成し遂げます! 期待してください!」
※KUSHIDAは先に控室へ
中西「ジュース!カモン!」
ジュース「オーケー。まずは、タグチ・コーチ、キャプテン・タナハシ、ナカニシさん、サンキュー。今日は、タグチジャパンがキッチリと勝利を挙げた。最後は、ボクがSANADAからピンフォールを奪ったけど、みんなのチームワークのおかげで勝てたと思うよ。そして、ナイトウに言いたいことがある。おまえはなぜ、いつもゴングが鳴ったあとに背後から攻めたてるんだ? おまえはロス・インゴの負けを認めないのか? 男らしくないヤツだな。まあ、ロス・インゴはたしかに鉄壁のチームかもしれない。だが、俺は彼らのわずかなウィークポイントを見つけて、そして勝利を挙げたんだ。そして、『NEW JAPAN CUP』の前には俺はナイトウと闘いたい、IWGPインターコンチネンタル王座に挑戦したいと言った。だが、ヤツからは俺にリスペクトのかけらも感じない。いいよ。今日の試合を経て、俺は決めたよ。とにかくナイトウをぶっ潰したい。ただ、それだけ。インターコンチのベルトはもはや関係ない。おまえはたしかにグレイトレスラーかもしれない。だが、内面はただのクソヤローだ。俺はおまえのことが大嫌いだ。このマザー・フ〇ッカー!」
※ジュースは先に控室へ
中西「いや~、激しいねえ! 俺もインフルエンザから帰ってきたけど、徐々にペースを上げていこうと思ったけど、そんなこと言ってられへんからな。いやいやいや、(ジュースは)動きはいいし、表情もいいし、声も出てるし。若手にも負けないぐらいのエネルギー持ってるからな。ほんで技術も持っているんやから。いや~~~、なあ、タグチジャパンで生き残るのも大変やな! せやけど、食らいついていくからな!」
田口「ハイ。いつもありがとうございます」
※中西は握手して、先に控室へ
棚橋「(田口に)誰からも点を決めれるようになってきたのは、いいよね? これでゲームがおもしろくなるからさ」
田口「ハイ。中盤から上がっていって点を取れますし」
棚橋「タグチジャパンの決定力が上がってきたから。あとはNEVER6人タッグを取り戻して、状況をフラットに戻す」
田口「そうですね。ヒロムからね、なんですか、タグチジャパンを“変態お笑い集団”という非常にありがたいお言葉を頂きまして。まあ、あれですね。“コスプレ・ハロウィン集団”のロス・インゴと。“コスプレ・ハロウィン集団”と“変態お笑い集団”のどっちが強いかっていうね。史上最強の闘い、世紀の対決を4月4日、観に来てください! お笑いとコスプレ、ハロウィンと変態、どっちが強いのか? 近年、まれに観る大熱戦となるでしょう!」
※棚橋と一緒に、監督も帰りかけて
田口「あっ、あっ! リコシェはちゃんと来ると思いますんで。大丈夫だと思います!」
 
EVIL「ノーコメント!」
BUSHI「次だ。次の後楽園。4月4日。NEVER無差別級6人タッグベルト。このベルト、現在最多防衛記録タイになってるこのベルト。次勝ったら、最多防衛記録に並ぶんだよ。まぁ、たったの2回だけどな。リコシェが当日まで来ないんだろ?ふざけたヤツだ。まぁ、オマエが遅れてきたところで、結果は何も変わらねぇんだ。それを次の後楽園で見せてやるぜ。EN SERIO、マジで」
ヒロム「無難な道を選んだKUSHIDA。自分の人気が心配で、無難な道を選ぶしかなかった。オマエに、この愛するベルトさんは、絶対に渡さねぇよ。(※ベルトに耳を当てて)うん?うんうん、分かった。今日ベルトさん本人から話があるみてぇだ。オマエら、ベルトさんだけ撮っとけ。ベルトさんだけを撮れ」
IWGPジュニアヘビーベルトさん「みなさん、はじめまして。ベルトさんです。ボクはKUSHIDAくんが大っきらいです。あのヤローを絶対に、髙橋ヒロム選手が両国でたおしてくれるはずです。そうしたらもう一度、ヒロム選手の元にもどれます。だから、みなさん、ヒロム選手のおうえん、よろしくおねがいします」
ヒロム「なんて良い子なんだ。なんて良い子なんだ、ベルトさん。(※ベルトを抱きかかえて)分かったよ、必ず防衛して、もう一度、俺の腰に戻してあげるからね。それまで少しだけ待っててね。4.9!両国国技館!KUSHIDA!オマエの終わりの日だ!!!それまで!もっと!もっと!!もっと!!!もっと!!!!もっと!!!!!もっと!!!!!!もっとーーー!!!!!!!プロレスを楽しんどけよ!ハハハハハハハ」
内藤「『NEW JAPAN CUP』にエントリーしたいと言ったのに却下され、『NEW JAPAN CUP』優勝者は、当然のように、IWGPヘビー級王座を指名。NEVER王者は、しれーっと両国大会でタイトルマッチが組まれている。何もないのは、インターコンチネンタル王座だけだよ。今シリーズ、そして両国大会。俺はテーマのない闘いだよ。新日本プロレスは、俺のやる気を無くすことが目的なの?王座防衛戦、決まった期間内にやらなきゃいけないんでしょ?期限が切れて、俺から王座を剥奪するのを待ってるの?今日の後楽園ホールの歓声を聞いてみろよ。お客様が何を求めてるのか、すぐに分かるだろ?ちゃんと新日本プロレスは、新日本プロレスを応援してくださる皆様の意見を、もっと聞いた方がいいんじゃないの?カブローン」
※SANADAはノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ