バディファイトPresents WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム

日時
2014年1月4日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
35,000人(満員)

第7試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ〜後藤洋央紀復帰戦〜

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

大太鼓の音色が場内に響き、石見神楽の演舞が行なわれる。そんな中、後藤が約5ヶ月ぶりにリングへ復帰。
 
開始のゴング、まずはロックアップで組み合う両者。柴田はロープまで後藤を追い詰めると、その胸板に張り手。続いて後藤がロープに押し込み、お返しの張り手を狙うが、逆に柴田が顔面にカウンターの張り手。そして、柴田は後藤に四の字固め。後藤は張り手を繰り出しながら、必死の形相でロープエスケープ。そして、お返しとばかりに村正を叩き込むが、柴田も負けじとヒザ立ち状態の後藤の胸板を蹴りあげていく。
 
エルボー合戦を繰り広げる両者、競り勝った柴田はコーナーに倒れこむ後藤のアゴに追撃のエルボー。さらに串刺しの低空ドロップキックを叩き込む。場外にエスケープする後藤をリングに戻した柴田は、その胸板を蹴りあげていく。
 
しかし、後藤はロープに飛んだ柴田を追いかける形でラリアット。さらに串刺しラリアット、そしてコーナートップからのダイビングエルボードロップで反撃。続いて、またもエルボー合戦を繰り広げる両者。そして互いにロープを利用して、柴田はフロントキック、後藤はラリアットを叩き込む。
 
後藤は柴田の足をつかむと、ショートレンジのラリアット。さらにバックドロップ。なおも柴田のバックを取るが、柴田は取り返すとコブラツイスト。これをロープに逃げられると、バックドロップで後藤を叩きつける。すると、後藤も同じ技でお返し。もう一度、後藤がバックを取ると、柴田はオーバーヘッドキックを後藤の後頭部にヒット。
 
柴田がロープに走り込むと後藤はラリアット。すると今度は柴田がラリアット、そして後藤はP.K.と、お互いの得意技を繰り出していく。雄叫びを上げた後藤は柴田を担ぎあげるが、柴田はバックに回るとスリーパー。そして柴田は力の抜けた後藤を抱え上げて牛殺しを敢行。さらにとどめとばかりにP.K.を炸裂させるが、これは後藤がカント2でキックアウト。
 
柴田は後藤の髪を掴んで立ち上がらせると、抱え上げようとするが、これは逆に後藤が担ぎあげてリバースの牛殺し。さらに正調の牛殺しを二連発。そして裏昇天を決めるが、これはカウント2。
 
続いて後藤は昇天・改を狙うが、これは逆に柴田が昇天・改で切り返す。柴田は後藤を抱え上げるも、これは後藤が足をバタつかせてエスケープ。そして頭突きを見舞うが、負けじと柴田も頭突きをお返し。ここでダブルカウントが数えられ始める。しかし、両者はヒザで立ちあがると、その状態でエルボー合戦。柴田の蹴り足を掴んだ後藤は、強烈なショートレンジのラリアット。さらに後藤はラリアット、延髄ラリアットの乱れ打ち。そして今度こそ昇天・改に成功し、柴田からシングル初勝利を収めた。試合後、柴田は後藤の右手をあげ、その勝利をたたえる。そして両者は方を組んでともに退場した。

COMMENT

──素晴らしい試合でした。おめでとうございます。
後藤「このリングにやっと帰って来ることができました。ありがとうございます」
──柴田選手の肩を借りながら退場してきた、どんな思いが胸にありますか?
後藤「俺たちは今日、全力で潰し合いました。それでも、殺し合っているわけじゃないんで、今日の試合は俺とアイツしかできない試合だと思う」
──柴田選手の技からも後藤選手へのいろいろなメッセージがあったと思うんですけど。
後藤「もう技一つ一つに『待ってたぞ』という声が聞こえました。今日勝ったことで、やっと面と向かって言えます。『お帰り、プロレスに。お帰り』」
──柴田選手はG1でケガをされたあと、「俺は新日本のリングで待っている」と。そして「復帰戦は俺だ」と言って迎えた今日の東京ドームでした。ここまでの5カ月、後藤選手はどんな思いで迎えました?
後藤「やっぱり、復帰戦のことだけを考えて、毎日生活してましたし、焦りももちろんあったし、想像できない不安の中でやってきて、ホントに今日、その結果が出たと思います。この苦しみに耐えてよかったと思いました」
──今日の試合、柴田選手から譲り受けたレガースをつけて登場されました。それにはどんな思いがあったのですか?
後藤「彼が新日本を出て行ってから、俺はずっとこのレガースと供に成長してきたっていうのがあるんで。俺の成長を見てもらう。そういう意味でこのレガースをつけてきたんですけど、やっぱりこのレガースは彼に戻すべき物かもしれませんね」
──そのあたりは「お帰り」という意味も込めて?
後藤「そうですね」
──後藤選手にとって、柴田選手からの初勝利でいいんですよね、高校時代も含めて?
後藤「そうです。初勝利、そう言ってもらって構わないと思います」
──この1勝、今後にどうつながるでしょう、2014年。
後藤「この1勝を機に、俺はトップに上り詰めます」
──欠場期間中、柴田選手以外の新日本の選手のことは気にかけたりしました?
後藤「結果は見てました。もちろんベルト戦線、気にならないって言ったらウソになりますよね。やっぱり気になるし、見てました。やっぱり最後はベルトというのが俺の中にあるんで」
──この闘いを経て、今後、柴田選手と組んでみたいという考えは生まれました?
後藤「そうですね。この新日本プロレスで競い合っていきたい。俺はそう思っているんですけど、それは組んだとしても同じだと思うんで、大いにいいと思いますね」
──最後、柴田選手のほうから後藤選手に声をかけていったシーンがあったと思うんですけど、どんな言葉をリングでかわされました?
後藤「これがプロレスだよなって。そういうこと」
 
——今、後藤選手の復帰戦を闘い終えて、どのような気持ちがあるんでしょうか?
柴田「まずは、後藤が新日本プロレスにいてくれてありがとう。そして今日、試合して思ったことは、俺は今、青春をしている。ここまでプロレスをやって、 あいつの一発一発がほんとに効いて、何度も立ち上がれないぐらい。だけど立ち上がって、今日は最後、アイツが勝ったっていうだけです」
——最後、柴田選手の方から後藤選手に肩を貸して、2人で肩を組んで退場していかれましたが、そのあたりはどんな思いがあったんでしょうか?
柴田「負けたけど、負けた気がしなかった。立ってるのがやっとなんですけど、意地です。ほんとに何か、俺、幸せです。いい同級生を持った。今後のことはよくわからないけど、今日は何か、いいプロレスができた。それだけです。以上です。ありがとうございました」
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ