バディファイトPresents WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム

日時
2014年1月4日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム
観衆
35,000人(満員)

第4試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

VS

  • 桜庭 和志

  • ホーレス・グレイシー

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 まずは桜庭がサクマスクを被って登場。オレンジ色のサクマスクとTシャツを着用した子供たちと敬礼を決め、サクマスクを被った永田を呼び込む。そして2人は、子供たちと共にグレイシートレインを意識した行進で入場。一方、ダニエルとホーレスも、負けずに“本家”グレイシートレインで入場した。
 
 桜庭対ホーレスで試合開始。ホーレスがスタンドで肩固めを極めるが、ロープエスケープとなる。
 その後、ホーレスがタックルで桜庭を倒し、素早く三角絞めに入る。しかし、桜庭が腕を抜いて立ち上がり、寝ているホーレスの脚へローキックを連射。すると、ホーレスが足をキャッチしてアキレス腱固めを極めるも、すぐに永田がカットした。
 永田対ダニエルの場面。永田が巻き投げから腕を取るが、ダニエルがポジションを入れ替える。そこからグラウンドの攻防を挟み、永田がローキック連射。しかし、ダニエルが背後に回りこんでスリーパーホールドを極め、強引に永田を自軍コーナーへ引き込んだ。
 永田対ホーレスとなり、ホーレスがマウントパンチ連射でマーティー浅見レフェリーに注意される。だが、グレイシー組は永田を逃がさず、ダニエルが青コーナーで膝蹴り連射。
 それでも永田は腕ひしぎ逆十字固めを狙うが、ダニエルが切り返して反対に腕ひしぎ逆十字固め。しかし、すぐに桜庭がカットに入る。
 桜庭対ダニエルの場面。桜庭が掌底連打で先制し、飛行機投げから腕ひしぎ逆十字固めに行く。だが、ダニエルがなんとか逃れ、桜庭を強引に自軍コーナーへ引き込む。そして、ホーレスが桜庭を羽交い絞めにし、ダニエルが膝蹴りを連発。
 しかし、桜庭がダニエルのマウントを取り、モンゴリアンチョップ連射。これで永田対ダニエルとなり、永田と桜庭が太鼓の乱れ打ち。そして、2人が交互にミドルキックを連射する。
 続いて永田がバックドロップでダニエルを叩きつけ、腕固めを極める。そして、ハンマーブロー連射からバックドロップの体勢に入るが、ダニエルが腰投げでテイクダウンさせ、道着を悪用して首を絞める。
 浅見レフェリーが制止したものの、ダニエルがそのまま絞め続けたため、反則負けとなった。
 
 試合後、ホーレスが「私はルールなしで闘うために来た! なんで反則になったのか、意味がわからない! 桜庭! 永田! 今度は俺たちのルールでもう1回試合をして、白黒つけようじゃないか! 俺たちのルールでは、ダウンした者が負けだ!」と、マイクアピール。
 すると桜庭が、「俺はメチャクチャつえーぞ、コラ!!」とマイク叫び、首をかしげておどける。そして最後に永田が、「次は俺も道着きてやってやるよ、バカヤロー!」と言い放った。

COMMENT

──ホントに不完全で不透明な決着となってしまいましたが、改めて永田選手いかがですか。
永田「俺? (グレイシーは)道着使ったよな? 最後な。道着使ったよな? あれ、ダメだろう」
──プロレスルールでは反則技で、レフェリーが反則取りました。
永田「プロレスの闘いをしに来たんだろう? あれはNGだろう。プロレスのルールでは。不思議そうな顔をしやがって」
──何かこうプロレスのルールを知っていたのか知らなかったのか、凄く歯切れの悪いコメントが二人からは聞かれたんですけど、「またプロレスのルールを勉強して新日本のレスラーとやっていきたい」と言ってたんですが、それに関してはどうですか?
永田「ルールを勉強したい? 遅いだろう! 参戦表明から2カ月経ってるんだぞ? 3カ月か? 参戦表明から。3カ月か。今回勉強してこなくてどうするんだよ。おまえらの常識は通用しないんだよ、プロレスの世界では。そういうことだよ」
──桜庭選手は改めてこの闘いはどんな手応えでしたか?
桜庭「もっと自分が極められるように勉強しないと」
──極めるチャンスはあったとご自身では?
桜庭「はい」
──数々のグレイシー一族を撃破してきた桜庭選手だと思いますが、こういう決着はどう捉えてらっしゃいますか?
桜庭「え?(と永田のほうを向く)」
永田「俺に聞かないで(笑)。ああ、効いた……」
──ある意味、プロレスのルールのもとで闘うという試合だったと思うんですが、それを破ったことについて桜庭選手はどう思われますか?
桜庭「自分でなんでも対応できるようにできなかった自分が悪いと思います」
──今後もう一度やりたいと二人も話していましたけど、桜庭選手はどうでしょう? 例えばノールールでやりたいと言ったことはどうでしょう?
桜庭「それでも全然構わないです」
──永田選手はリング上で今度は道着を着てやるって話していらっしゃいましたけど、
永田「いや、こっちで盛り上がっていたからさ。まあ、言わされた感じは否めない。でも、俺がそう言ったら、ファンの反応が思いっきりNGっぽかったんで。よく考えたら、それは違うよなって。道着なんて着たことない。俺はプロレスに引き込むって言った以上は。引き込んだ結果、プロレスのルールではあいつらのやったのは反則なので。まあ、それはある意味、引き込んだことになるけどね。こういうルールなんだからしょうがないじゃん。あいつらは柔術から他の格闘技、総合格闘技に行ったんだから、ダメなものはダメっていうのはハッキリしてるわけだから。それを破ったらどうなるのかはそっちの世界でもそうなんだから、こっちの世界でも同じ。道着を着るか着ないかは今は答えは出さない。さっきは勢いで言わされた、言い訳がましいけど(笑)」
──そうした細かい部分を除いたとしても、やはり反則勝ちではありますけど、歯切れは悪いわけで、もう一度再戦という希望はありますか?
永田「やりたいですね。やっぱり、バックドロップでぶん投げた時のファンの歓声が凄かったんで、ファンは引き込んで欲しいんだなっていうのを肌で感じたんで。バックドロップからエクスプロイダーからナガタロック1234、プロレス技を全部決めるのがファンの望み。今日は引き込みきれなかったっていうのがあったんで。相手あっての競技だけど、引き込むつもりではいたけど、引き込みきれなかったのがこういう試合結果になった一つの要因でもあると思うので、次こそは必ず完全に引きずり込みたいですね」
──改めて桜庭選手、永田選手とのタッグはいかがでしたか?
桜庭「おもしろいです」
──東京ドームが大歓声に湧いたあのバックドロップをどんな思いで見ていましたか?
桜庭「おもしろかったです……また頑張ります!」
──永田選手は桜庭選手とタッグを組んで?
永田「やっぱり、いい流れがきてただけに、連携も出せてたし。もう一丁。グレイシー、次こそプロレスに引き込んでやる」
──またタッグでというのはありますか?
永田「まあ、タッグだね。タッグでバッと片付けたいね」
──桜庭選手はどうですか?
桜庭「はい」
──永田選手にお聞きしますけど、だいぶ前に好む好まないにかかわらず、総合格闘技のリングに上がっていった時代がありましたよね? グレイシーはプロレスを食い物にしてのし上がってきた部分がありましたけど、それを新日本のリングに迎えたことはどう思われますか? しかもタッグマッチというプロレスならではの試合形式の中で。
永田「食い物にしたとかそういう過去はあっても、あんまりそういう意識はしなかったですね。逆に新日本のリングがあいつらにとって魅力的になったんだなと。だから来たんだなと。正直、このカードが組まれた時に、この時代にこれっていうのは思ったんですけど、そうやってリングに活気が出てきて、いろんな人間が新日本に上がってきて、自分自身をアピールしようとしている流れがきているとならばと思いましたけど、あんまり食い物っていうのは……。食い物にできるもんならやってみろって感じですね。新日本のリングに彼らは初めてですから。だから、総合格闘技のリングでプロレスラーをやっつけて、食い物にしたっていう解釈はとれるかもしれないけど、このリングに上がったらそうはいかない。このリングで目一杯彼らの実力を出し切れるか、対応できるか。それは紙一重だと思いますよ。強いところは確かに強かった。だけど、対応できないものが結構ある。さあ、これからっていう時に奥の手を使ったでしょ? 瞬間わからなくなりましたよ。桜庭のビンタと林ドクターの処置でわりと早く目を覚ましましたけど。短かったでしょ?」

−−どういうつもりで、最後、絞め落とすという行為に出たんですか?
ダニエル「グレイシー柔術では胴着(を使って絞めるの)は当たり前のことなんで」
ホーレス「グレイシーは今までノールールで闘ってきたので、(この試合でも)ノールールで。次回はもうちょっと、再び試合をするなら、向こうからルールを教えてもらえるならやります」
−−そう言いますが、今日は1.4東京ドーム、新日本プロレスの(リングで)プロレスのルールで試合を行われたと思うんですが…。
ホーレス「さっき言ったように、今までノールールで闘ってきたので、これから慣れるために練習します。ルールももうちょっと覚えて、これからまた闘いたいと思います」
−−実際に桜庭、永田両選手と闘ってみての印象は?
ダニエル「とても強い選手だったと思います。もちろんほかにも強い選手は(新日本に)いっぱいいますんで、これからもそのために頑張ります」
−−つまり桜庭、永田両選手だけでなくて、ほかの新日本の選手ともこれから闘っていくと受け取っていいんでしょうか?
ダニエル「新日本プロレスに来たらもちろん、相手を選ばず組まれた試合をやります」
−−気になるのは、その中でもルールを守る気はないということですか?
ホーレス「グレイシー一族の名前を背負ってるんで、これからルールーに関しては新日本プロレスと話し合った上で、試合をしていきたいと思います」
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 桜庭 和志
  • シリーズ画像 永田 裕志
  • シリーズ画像 ホーレス・グレイシー
  • シリーズ画像 ダニエル・グレイシー
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ