Road to POWER STRUGGLE

日時
2013年11月6日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,950人(超満員)

第9試合 時間無制限1本勝負
Super Jr. Tag Tournament 2013 決勝戦

※ヤングバックスが「Super Jr. Tag Tournament2013」優勝。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 試合開始直後、ロメロとコズロフがマットとニックを場外に落とし、同時にプランチャをお見舞い。そこからロメロがニックを客席へ連れ込み、「西」と書かれた看板に叩きつける。続いてロメロは、ニックを鉄柱へ叩きつけ、「フォーエバーフーリガンズ、サイコー!!」とマイクアピール。
 リングへ戻り、ロメロとコズロフが合体攻撃でマットを蹴散らす。そして、コズロフがニックの串刺しボディアタックをかわし、スワンダイブミサイルキックをお見舞い。さらに、コサックダンスキックで追撃し、乱入したマットにもコサックダンスキックを食らわせる。
 しかしコズロフは、ロープワークを妨害されてペースダウン。これを合図にヤングバックスがコズロフを捕まえ、ラフプレーで徹底的に痛めつけて行く。
 長時間のローンバトルとなったコズロフだったが、マットとニックの同士討ちを誘い、ようやく脱出。タッチを受けたロメロが、マットにフライングボディアタック、ニックにヘッドシザースホイップを見舞い、交互に連続串刺しラリアットを敢行。さらに、両腕ラリアットでまとめて吹き飛ばす。
 ロメロの攻勢は続き、マットにマンハッタンドロップ、フロントハイキックで追撃。さらに、アッパーカットで動きを止め、ジャンピングダブルニーアタックで顔面を砕く。続いてコズロフがロメロを踏み台にし、マットへ串刺しジャンピングボディアタック。そして、コズロフがマットをトップロープへ乗せ、ロメロがミサイルキックを見舞う。
 次にロメロとコズロフはヘルズブルドーザーを仕掛けるが、マットが回避し、ニックがコズロフにニーアタックをお見舞い。そして、マットがスライスブレッドで叩きつけ、ニックが低空ランニングニーアタックを食らわせる。
 さらにニックがスワンダイブ式フェースクラッシャーを繰り出すが、ロメロがアシストに入り、コズロフがノータッチトペコンヒーロで逆転。そして、コズロフが場外にテーブルを設置し、コーナーから雪崩式ブレーンバスターを狙う。しかし、ニックが脱出し、エプロンからトラースキックを発射。これでコズロフがテーブルへ転落してしまう。
 ここで両軍のセコンドが大乱闘を繰り広げ、合体パイルドライバーからマットがコズロフをフォールするも、ロメロがカット。そして、ロメロはマットとニックにエルボーを連打するが、ダブルトラースキックを浴びてダウン。
 ここでマットがロメロを捕獲してコーナーへ走るが、ロメロがウラカン・ラナで脱出し、ニックのキックがマットに誤爆。その直後、コズロフがニックを捕まえ、ロメロと変型コントラクトキラーを敢行。そしてロメロが、マットにフェイント式ニールキックを見舞う。
 ここでコズロフがニックを担ぎ、ロメロがスワンダイブの体勢に入る。それを見たマットが妨害しようとすると、ロメロが軌道を変えて飛びつきDDTをお見舞い。一方、コズロフはニックを丸め込み、3カウントを迫る。
 ここでニックはトラースキックを放つが、なんとレッドシューズ海野レフェリーにクリーンヒットしてしまう。そして、コズロフがニックを首固めで丸め込むが、カウントは入らない。
 レフェリー不在の中、ファレがリングへ乱入し、コズロフにグラネードを仕掛ける。しかし、外道がイス攻撃で妨害し、オカダがファレをドロップキックで排除。さらに、そのままアンダーソンに襲い掛かると、ロメロがマットを場外へ落とし、トペスイシーダで分断。
 その後、ニックがスワンダイブ攻撃を繰り出すが、コズロフが受け止め、ロメロとコントラクトキラーを敢行。ところが、サブレフェリーとして登場したマーティー浅見のカウントを、デヴィットが妨害。
 さらにアンダーソンも乱入し、ロメロ、コズロフにガンスタンをお見舞い。そして最後は、ニックとマットが連携殺法モアバング4ユアバックでコズロフを仕留めた。 

COMMENT

デヴィット「飯伏よ、よくこのリングに戻って来たな。IWGPジュニアに挑戦したいだと? 俺は十数回もこのベルトを守ってきた。このベルトを常に巻いているのはこの俺、リアルロックンローラーのプリンス・デヴィットだ!」
アンダーソン「オカダよ、聞いてるか? BULLET CLUBは新日本クラブを乗っ取るんだ! キング・オブ・スポーツの名、新日本プロレスを代表するのは俺たちなんだ! ベストなレスラーは俺たち、BULLET CLUBだ! 大阪では必ずおまえをやっつけてやる! そして見ろ!(と言って、東スポの岡本記者に暴行を加える)オカダよ、大阪でのおまえの運命はこうだ!」

ニック「なんていう気分だ! 俺たちこそチャンピオンだ! この日本で勝ち続けることができたし、これからも勝ち続けるぞ!」
マット「俺たちは賞金を手にした! 俺たちこそベストなタッグチームだ! どんなタッグが挑戦してこようと、俺たちに勝てるわけがない!」
ニック「俺たちの得意技、スーパーキック、そしてフィニッシュホールド、これは誰もマネできない技だぜ!」
——賞金の使い道は?
マット「子どもにプレゼントを買ってやりたいな!」
ニック「俺もだ! あとはカリフォルニアのディズニーランドにも行くぜ!」
——IWGPジュニアタッグ王座には挑戦したいですか?
マット「俺たちのプライオリティとして、ぜひ挑戦したいと思ってる」
ニック「そのとおりだ!」
——新日本に初参戦した感想は?
マット「とてもファンタスティックな気分だ! 俺たちは前から参加したいと思ってたし、それが実現した」
ニック「俺たちが加入したBULLET CLUBは素晴らしいチームだ。新日本というベストな団体のなかでベストなBULLET CLUB。その仲間になれて幸せな気分だ!」
 
ロッキー「今夜!! 俺たちはベストを尽くし、ハードに闘った。しかし、俺たちは勝てなかった……なぜだ! あの最悪なBULLET CLUBのヤローどものせいだ! マシンガン! デヴィット! バッドラック・ファレ! 俺たちは、IWGPジュニアタイトルを取り戻すチャンスを失ってしまった。あのクソヤローどものせいだ!」
コズロフ「ガッデム! 頭にくるぜ! とにかくだ! おまえたち覚えておけ、フォーエバー・フーリガンズは必ず、復活し、そして勝利する。マシンガン、デヴィット、おまえたちは最低のクズ、そしてマザーフ○ッカーだ!」
ロッキー「オカダ! オカダ! ここへ来てくれ! プリーズ!(オカダを招き寄せる)。この! この3人こそが、新日本プロレスリングのリアルチャンピオンだ! 俺たちこそがリアルパワー! 俺たちこそがCHAOS!!  俺たちはけして、死なない!!」
オカダ「イエス!」
外道「イエス。テイク・イージー・ガイズ! 大阪は、このレインメーカーがヤツらをぶっ潰す!!」
ロッキー「頼んだぞ! ブラザー、俺たちのリベンジを頼んだぞ!」
※ロッキー、コズロフがオカダの手を固く握って
オカダ「イエー! まかせろ!」
ロッキー「頼んだぞ! オーサカ! フォーエバー! エバー! エバー!」
オカダ「……シッカリな、フォーエバー・フーリガンズのぶんもシッカリ。マシンガン、貴様だ。BULLET CLUBじゃねーぞ。いい調子で、俺のキレ具合もいい感じで、大阪、挑めそうです。シッカリ、マシンガン、テメーだ。ぶちのめしてやる。覚悟しておけ」
外道「オイ、マシンガン。オメーが勝てねーのは、当然だけどよ! 負け方も、これ以上、ねーくらい、ミジメな負け方させてやるぞ、コノヤロウ!」
 
飯伏「ベルト、必ず、挑戦します。それだけです」
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ