KING OF PRO-WRESTLING

日時
2013年10月14日(月)   14:30開場 16:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
9,000人(超満員札止め)

第6試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ

VS

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 試合開始前、格闘家として世界的に名高いグレイシー一族のダニエル・グレイシーとホーレス・グレイシーが登場!
 1月4日東京ドーム大会への参戦を表明すると、そのままリングサイド席へ陣取った。
 
 そんな中、桜庭と永田が入場し、第6試合がスタート。いきなり桜庭が指切りを要求したものの、永田が拒否。すると、桜庭が張り手を見舞い、そのままゴングが鳴らされた。
 そして、桜庭がスリーパーホールドを極めると、永田が前方に投げて脱出。一旦、場外へエスケープした桜庭が、フロントネックロックを狙う。これを永田が嫌ってグランドになるが、すぐにブレイクとなった。
 スタンディングになり、両者がハイキックと掌底でけん制。そこから桜庭がタックルで永田を倒し、マウントポジションでモンゴリアンチョップ。だが、永田が体勢を入れ替えた。
 その後、永田が首相撲で膝蹴り連射。すると、桜庭は左右の張り手を連打し、フロントネックロック。そして、永田の胴体に両脚を絡めるが、永田がその体勢から変型フロントスープレックスで投げ捨てた。
 それでも桜庭はスリーパーホールドで反撃し、永田のタイナーをかわして逆転。後頭部にストンピングを見舞い、変型ネックロックで絞り上げる。
 桜庭の攻撃は続き、ローキック連射から腕ひしぎ逆十字固め。しかし、永田は腕が伸びきる前に脱出し、腕固めに切り返す。そして、白目をむいて絞り上げた。
 さらに永田は、バックドロップからフォールに行くが、桜庭がその体勢からサクラバロックで逆襲。これを永田が切り返すと、さらに切り返して上から押さえ込む。
 続いて桜庭はヘッドロックを極めるが、永田がバックドロップホールドに切り返し、3カウントを奪取した。
 
 試合後、永田が「なんかスゲーお客さんが来ているみたいなんで、リングで挨拶してもらいましょうか?」と、ダニエルとホーレスをリングへ呼び込む。そして、「新日本プロレスへようこそ! しかし、君たちはひとつミステイクを犯した。新日本プロレスはベストであり、グレイトであり、キング・オブスポーツだ」と2人を英語で挑発した。
 さらに永田は、「やるか? 東京ドーム、いつでもいいぞ」とグレイシーを挑発。すると、桜庭が後ろから永田の肩を叩き、「俺も俺も。まぜて下さい」とアピール。これを受けた永田が「グレイシーといえば桜庭だよな?」と呼びかけると場内が大歓声に包まれ、永田と桜庭は指切りで意思を確認した。
 そして2人は、ダニエルたちにも指切りを求めるが、これは成立せず。ダニエルとホーレスがリングを下りると、永田と桜庭は再び指切り。続いて永田が「ゼア!」と叫んで敬礼すると、桜庭も「ゼア!」叫んで同じく敬礼で呼応。最後はダブルで敬礼を決め、記念撮影に収まった。

COMMENT

桜庭「おつかれさまでした!」
永田「ありがとうございました!」
※2人はガッチリ握手。
永田「気ぃ、変わらない?」
※桜庭は、笑顔で敬礼ポーズをしたあと、控室へ。
永田「うれしいなぁ…(笑)。ま、こうなったら、グレイシーもやるでしょう。向こうから来たんだし。だって、ウソついたら、針千本飲ませるんだから。いや〜、でも、こういう展開になるとは思わなかった」
——史上初、グレイシー一族がタッグマッチに出場し、永田&桜庭が迎え撃つ?
永田「ま、タッグ戦が決まったかわからないけど、2人来たから、俺がやってやる、と言ったら、桜庭が俺も混ぜてと来たから(笑)。まさか、こういう相手が新日本のリングに来るとは思わなかった。この数年間、ああいうのは全然来なかったから。でも、現実来ちゃったんだから。ああいうのが来たら、出ていくしかないだろう? 正直。誰がほかに出ていけるのほかに?」
——その中で、見事な完勝を決めました。
永田「ま、ひとつひとつがいつも以上に強力だったし。ハイも強力だったし。逆に頭をけられて、滑舌がよくなったかもしれない。スムースなイングリッシュが出てたから、血管の詰りがとれたかもしれない。」
——闘う前は、イライラもあったようですが?
永田「始まって、ガンガンやれば、そういうものはすぐ解消されるよね。とくにああいうタイプとは」
——あらためて、桜庭和志とは?
永田「ま、自分のターニングポイントに、どっからともなく現れてきた。それは18年前の10.9もそうだったし、今年に入って、桜庭と永田というのが周りが望むような状況があったし。何度でも闘えるけど、今日は一発勝ってスッキリはしたけど、ちょっとグレイシーに声をかけたら、向こうが共闘で来ちゃったんでね。凄い気持ちのいい共闘がもしかしたら、できるかもしれない」
——相当、楽しみなタッグですが?
永田「僕らすか? ただ難解なのは向こうのチームですね。ま、グレイシーと言えば、桜庭だし。桜庭がコッチにいれば、凄いプレッシャーになるじゃないですか? 目標? ま、なんにもなくて第ゼロ試合になるなら、目標は定めたほうがいい。波は自分で作っていきますよ! あの兄弟とは誰もがはできないよ。まだまだがんばります! おまえが言うなって言われるかと思ったね。ちょっとひやひやした(笑)」
  
ホーレス「ナガタ、サクラバ、1月4日の東京ドームで君達の時代は終わりだ」
ダニエル「負けるつもりで日本に戻ってきたわけではない。俺達は勝つために戻ってきた」
——タッグチームでの闘いに自信はありますか?
ダニエル「練習しているので、準備は万端だ」
——桜庭選手には、グレイシー一族として、苦い思い出があると思うが、桜庭選手に対してどう思われますか?
ホーレス「昔のことなんで、これから2人の時代だ。もう終わってることだ」
ダニエル「これからニュージェネレーションのグレイシーとして、2人は送り込まれている。俺達には絶対に勝てない」
——永田選手が『ニュージャパンがナンバーワンだ』と言っていたが、グレイシー一族として、どう受け止めた?
ダニエル「新日本はいい団体だと思うが、グレイシーファミリーが“ナンバーワン”だ」
ホーレス「これまでいい選手はいっぱいいた。でも、俺達が来たから、俺達がベストだ」
——永田選手、桜庭選手の試合を見て、どのように思った?
ダニエル「別になにも思わなかった」
ホーレス「試合見ながら、自分達の試合に向けて、作戦を練っていた」
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ