DESTRUCTION

日時
2013年9月29日(日)   15:00開場 16:00開始
会場
兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆
8,000人(超満員)

第0試合 20分1本勝負

レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 第0試合として組まれた6人タッグマッチ。
 
 飯塚は今回も観客席を破壊しながら入場。そして、テレビ朝日の実況席へ行き、野上慎平アナウンサーを襲撃。顔面を青く染めてしまった。
 
 そこからタイガー組の入場となるが、YOSHI-HASHIが特設花道上で渡辺に如意棒攻撃。そして、飯塚もタイガーに襲い掛かり、そのまま試合開始となった。
 その後、BUSHIがYOSHI-HASHIに対し、トップロープを支点にしたバク転キックをお見舞い。そして、背中合わせでYOSHI-HASHIを飛び越えると、ドロップキックで吹き飛ばす。
 ところが、飯塚が執拗なチョーク攻撃を仕掛け、BUSHIの動きがストップ。しかしBUSHIは、ダイビングヘッドシザースホイップでYOSHI-HASHIを投げ飛ばし、自軍コーナーへ生還。
 タッチを受けたタイガーが、コーナー最上段からのフライングボディアタック、ミドルキックでYOSHI-HASHIに追撃。すると、YOSHI-HASHIがタイガーの首をトップロープへ打ちつけるが、タイガーはすぐに雪崩式アームホイップで逆襲。そして、回転十字固めで押さえ込むものの、飯塚がカットに入った。
 渡辺対高橋の場面。渡辺が高橋をランニングエルボーで倒すと、BUSHIがジャンピングエルボー、タイガーがハイキックで続く。そして、渡辺がサイドバスターで追い討ち。
 続いて渡辺は変型バックドロップで叩きつけるが、フォールはYOSHI-HASHIがカット。そのYOSHI-HASHIをBUSHIがドロップキックで蹴散らし、割って入った飯塚の攻撃を回避。そのまま走りこみ、トペスイシーダでYOSHI-HASHIに追撃する。その直後、タイガーが飯塚を場外に追いやり、コーナー最上段からプランチャをお見舞い。すると、高橋がカウンターラリアットで渡辺に反撃し、東京ピンプスの体勢に入る。だが、渡辺が脱出し、左右のエルボーを連打。
 ここで渡辺はロープへ走るが、高橋がフラップジャックの形で持ち上げ、首をトップロープへ打ちつける。そして、今度こそ東京ピンプスをさく裂させ、渡辺を仕留めた。

COMMENT

裕二郎 「神戸はきれいなチャンネーが多いぜ。試合しながらスゲー目移りしちゃってよ。多いっしょ、神戸? キレイな姉ちゃん。じゃあ、あとで!」
※飯塚、YOSHI-HASHIはノーコメント
 
タイガー「神戸のビッグマッチ。題名は“第ゼロ”って書いてあるけど、俺たちそんなことなんとも思ってないから。俺たちが最初の第1試合、オープニングマッチは俺たちだ。にもかかわらず飯塚、やる気があるのかないのか。あんなクソみたいな試合しやがって。ふざけんな。あともうひとつ! 俺はいまGHCジュニアタッグのベルトもってる。なんで俺がライガーと一緒にIWGPジュニアタッグの決勝? なんとかっていうのに出れないんだ!? 挑戦者決定戦だかなんだか知らないけど。どういう基準で決めてるんだ!? どういう基準であの2人がやるって決まってんだ!なんの実績もないんだ、アイツらなんか。毎回、俺はKUSHIDA&シェリーと試合してたけど、俺を狙わないで必ず狙うのは若いヤツ。それのどこがこれからベルトを取ろうってヤツの意気込みなんだ。倒してみろよ、俺を。ベルト持ってるのは俺なんだ。団体は違えどベルト持ってんだ。違うかな? どういう基準で決めてんだ!? 湯沢さん(週刊プロレス記者)、どういう基準なんですか? わかるわけないですよね。俺もわかんない。でもどう考えたっておかしいと思いません? 俺とライガーはベルトもってきてるんですよ、こっちに。そうですよね? 実際NOAHで確立してベルトをもったチャンピオンだ、俺たちは。それなのにあの2チームで争う。そしてまたチャンピオン、ロッキーとコズロフとやる。もう、いいよ。いまの新日本プロレスは若いヤツが上がってきてる。それは大いに結構。必要なことですよ。だけど現実をみろって。俺とライガーが組んでアイツらとやったって絶対負ける気はしない。俺はそう思います。今回のシェリー&KUSHIDAとタイチ&TAKAの試合、俺はなんとも思わない、こんな試合。俺とライガーに早く挑戦させてほしい。それだけです」
BUSHI「個人的には今シリーズ、全国各地たくさんの会場回って、たくさんのお客さんに応援してもらってBUSHIって名前を覚えてもらったと思うし。これからタッグパートナーを必ずみつけて、IWGPジュニアタッグ戦線に切りこんでみせます」
※渡辺高章はノーコメント
 
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ