戦国炎舞-KIZNA- Presents 真壁刀義 20th anniversary

日時
2017年2月21日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナーバナー
観衆
1,491人

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊vsLOS INGOBERNABLES de JAPONの10人タッグマッチ。NEVER 6人タッグ王者組のSANADA&EVIL&BUSHIは、2・26後楽園でデリリアス&ライガー&タイガーの挑戦を受ける。また、IWGP Jr.王者のヒロムは、2・11大阪でドラゴン・リーを退けて初防衛に成功。その直後、田口が挑戦表明している。

 タグチジャパンの監督でもある田口は、日本国旗を携えて登場。そんな中、田口対ヒロムで試合が始まり、ヒロムが連続ドロップダウンを披露。すると田口も連続ドロップダウンで対抗し、ヒロムのヘッドシザースホイップを切り返してアンクルホールド。たまらずヒロムが場外へ逃げると、コミカルなトペフェイントで挑発した。
 KUSHIDA対SANADAの場面。両者がグラウンドで張り合い、腕の取り合いでも互いに譲らず。その後、KUSHIDAがアームホイップと同時にSANADAの腕を取り、腕ひしぎ逆十字固めでロープエスケープさせた。
 フィンレー対SANADAの場面。フィンレーが串刺しバックエルボー2連発で先制し、さらに串刺し攻撃を狙う。ところが、EVILが場外から脚を引っ張って転倒させ、SANADAが低空ドロップキックで逆転。
 たちまち大乱闘が巻き起こり、フィンレーが完全に孤立。BUSHIがTシャツによるチョーク攻撃、顔面攻撃、内藤が延髄斬り、SANADAがバックドロップ、EVILが指折り攻撃、カウンターフロントハイキックなどで攻め立てる。
 だが、フィンレーはカウンタードロップキックでEVILに逆襲。ようやくタッチを受けた棚橋が、ボディスラム、ジャンピングエルボードロップでEVILに追い討ちし、KUSHIDA&ジュースとトリプルドロップキックを敢行する。
 棚橋の攻撃は続き、ボディスラムからダイビングサンセットフリップ。するとEVILは追走式ジャンピングバックエルボーで巻き返すが、棚橋もすぐに追走式ジャンピングエルボーでお返し。
 しかし、EVILがトラースキックで流れを変え、串刺しショートレンジラリアットで追い討ち。そして、棚橋がロープへ走ると、自分はニュートラルコーナーへ走り、死角からラリアットを食らわせた。
 田口対ヒロムの場面。田口が串刺しジャンピングヒップアタック、ランニングヒップアタックを見舞い、ギタッてからヒロムの低空ドロップキックを鮮やかにかわす。そして、即座にアンクルホールドを極めるが、ヒロムはすぐに脱出。それでも田口はアンクルホールドを狙うが、ヒロムは場外へ退避。その後、田口がトラースキックを受け止めて延髄斬りを見舞うも、ヒロムはジャーマンスープレックスホイップで逆転した。
 ジュース対内藤の場面。ジュースがラリアットで吹き飛ばすも、内藤はロープを利用したスイングDDTで逆転。これでジュース対BUSHIとなり、BUSHIがミサイルキックで追い討ちをかける。
 続いてL・I・Jが波状攻撃を仕掛け、BUSHIが串刺しダブルニーアタック、EVILがトラースキック、SANADAがパントキック、BUSHIがバッククラッカー。だが、次のエムエックスはジュースが回避し、顔面パンチでBUSHIに報復。
 それでもBUSHIは、フェイント式ニールキックをジュースに食らわせ、コードブレイカーを繰り出す。ところが、ジュースが受け止め、プリンスズスロウンで逆転。
 ここで棚橋&KUSHIDA&田口&フィンレーが同時プランチャで内藤たちを分断。そして、ジュースがBUSHIにカウンターバックスピンキックをお見舞いし、パルプフリクションでとどめを刺した。

 試合後、田口は日本国旗を肩に羽織り、なぜか舌を小刻みに動かしてヒロムへ急接近。そして、そのままIWGP Jr.ベルトを舐め回すと、ヒロムはゆっくりと後ずさり。何もアクションを起こさずに退場した。

COMMENT

田口「ナメられたら、ナメ返す。ナメたんだな?ベルトを。ヒロム。いや、高橋ヒロム。ベルトをナメたら……ナメられたら、ナメ返す。それが、69チャンピオンとしての、定め。まさかベルトを本当にナメるヤツが出てくるとは思わなかったよ。『ナメられたら、ナメ返す』。知ってか知らずか、ナメてくれたよねぇ、ベルトを。会社は前哨戦の始まりって書いてたけど、まだ(タイトルマッチ)どこでやるか決まってないでしょ?だったら、どこでもいいからさ、どこでもいいよ。でも……(※たっぷりと間をおいて)どこでもいいや。やっぱり。やめとこ。やめときます。どこでもいいです。良いの浮かんだけど、どこでもいいです」
※棚橋はコメントブースで一度立ち止まるも、すぐに去ろうとする
――EVIL選手と最近やり合っていますが?
棚橋「いや、僕の中では、やり合ってる内には入らないです。ただ、自分との闘いというか。ここ1、2年で弱くなって。弱くなるのは急だけど、プロレスっていうのは、強くなるのには、時間がかかる。これが、プロレスの難しいところ」
ロビンソン「今日は勝利を収めた。L・I・Jとの試合、シングルもタッグも、6人、8人、10人と色々やってきている。ヤツらが勝つ日もあれば、俺らが勝つ日もある。今日は俺が勝利した!札幌の試合、たくさんの人が見てくれた。NEVERのタイトルマッチ、俺は負けてしまった。肩もケガしてしまった。でも、もう調子は回復してるんだ。もう2月、もうすぐ3月。これからまた、後藤を倒しに行く。今年必ず、この腰にベルトを巻く」
フィンレー「今日は1ヶ月ぶりの試合だった。ケガで1ヶ月くらい休んでしまった。その復帰戦の相手がL・I・J。ドクターは治療に専念してくれて、俺はもう、体の調子も万全だ。ドクターはとにかく『レスリング続けなよ』と言ってくれたし、もう肩の調子はまったく問題ない。これからドンドン闘う。今俺はハングリーで仕方ないんだ!」
※KUSHIDAはノーコメント

内藤「まあ、皆さまの予想通り、マイケル・エルガンをやっつけてきましたよ。インターコンチネンタル王座を防衛してきましたよ。次は26日の後楽園。パニッシャー・マルティネス。果たして彼が、我々ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのパレハなのか、それとも違うのか? どっちだと思いますか? どっちだと思いますか? まあ、その答えは26日、ハッキリしますよ。まあ、あとさあ、俺はしっかり『ニュージャパン・カップ』エントリー表明したからね。あとは新日本プロレスがどう判断するかによるけどっさあ。いい返事を俺は楽しみに待ってるよ。前年度覇者として今年も『ニュージャパン・カップ』を盛り上げてやるよ」
ヒロム「田口さん、2009年5月の入門テストのことを憶えてますか? 俺とあなたはその時から始まってるんです。あなたはこのことを憶えてますかね? まあまたどっかで、どっかで話させてくれたらうれしいと思います。この件に関してはあなたが思い出してほしいな。それより……ううぅ……また昨日……悪夢を見た! (急に頭を抱えながら)悪夢だった! 悪夢だった!(だんだんトーンを上げて)恐ろしい! 恐ろしい! 恐ろしい! 恐ろしい悪夢だったーッ! アンクルホールド、受けたくない。あんな技、俺は嫌だ。アンクルホールド、俺の左足が、俺の左足が……悪夢だった! 悪夢だった! でも、でも、楽しい悪夢だったぁ! 田口さ〜ん、もっとぉ! もっとぉ! もっとぉ! もっともっともっともっともっとぉぉぉぉぉぉ……楽しませてくれよ、ハッハッハッハッハッハ!」
EVIL「棚橋弘至、大阪でおまえの操り人形の糸はもう俺が切ってるんだよ。楽になってるだろう。まあまだおまえのぉ、魂がぁ、チョコチョコと動きたいんであれば、この俺がぁ、おまえの魂を捻り潰してやるぅ。よ~く覚えておけ。This is EVIL! Everything is EVIL! すべては……EVILだ!」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ