ブシモ Presents G1 CLIMAX 23

日時
2013年8月1日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
静岡・アクトシティ浜松
観衆
3,200人(超満員札止め)

第10試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 23」Aブロック公式戦

VS

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 メインイベントは、オカダ・カズチカvsプリンス・デヴィット。7.20秋田大会のIWGPヘビー級選手権で激突したばかりの両者が再激突。
 ゴングが鳴ると場内は一斉に大「オカダ!」コール。そんな中、二人はまずグラウンドの攻防を展開。続いてオカダがスタンドレスリングの攻防からロープにデヴィットを押し込み、クリーンブレイク。しかし、デヴィットはすぐさま反撃し、エルボーを脳天に叩きこんでいく。一方のオカダも反撃に移るも、デヴィットはさっさと場外へ。バウンサーのファレの影に隠れると、これに気を取られたオカダを背後から攻撃。さらに解説席の蝶野に「アイ・アム・リアール!」とアピールしてから、鉄柵にもたれかかっていたオカダ目がけてドロップキック。これで肩口を痛めた様子のオカダ。
   リングに戻ると強烈な逆水平チョップを叩き込むデヴィット。コーナーの金具をむき出しにするとそこにオカダを叩きつける。さらにカウンターでドロップキックを炸裂させ、再びオカダを場外へと追いやった。その倒れているオカダをファレがまたぎながら仁王立ち。そして、追いかけてきたデヴィットはイスでオカダを突いてから、背中にも一撃を叩き込む。なんとかリングに戻ってきたオカダにデヴィットはダブルアックスハンドルで肩口に攻撃。再びコーナーの金具に叩きつけると、自身はコーナー最上段からダイブ。
 しかし、オカダはこれをカウンターのエルボーで迎撃。フラップジャックで顔面を叩きつけると、ヘッドスプリングで立ち上がり余裕を見せる。そして、クロスアームのネックブリーカーでいためつけ、ダイビングエルボードロップを投下。しかし、デヴィットも譲らない。すぐさま反撃に移ると、ダイビングのダブルフットスタンプをオカダの背中に突き刺していく。しかし、オカダもリバースのネックブリーカーと、一進一退の攻防となっていった。
  ここから二人はエルボー、張り手、フロントキック合戦を展開。ここをリードしたオカダはヘビーレインを決めるとツームストンパイルドライバーの体勢に。しかし、デヴィットは体勢を入れ替えて、リバースのブラディサンデーで切り返す。そして、コーナー最上段からダイビングのフットスタンプ。
 だが、オカダはデヴィットの続くツームストンパイルドライバーを体勢を入れ替えて、逆にツームストンパイルドライバーで切り返す。そして、いよいよトドメのレインメーカー! ところがデヴィットはレフェリーを巻き込んでこれを回避! 巻き込まれたレフェリーがリング上からいなくなったのを見ると、ここまで手を出すことはなかったセコンドのファレが遂にリングへと侵入してきた。 
 リングに入ったファレはオカダを攻撃。イスを片手に救出に入ってきた外道も蹴散らされ、オカダはファレにバックフリップまで食らってしまいダウン。そこにファレが場外で倒れていたデヴィットを無理やり覆い被させ、カウントを数えさせる。ここはギリギリキックアウトしたオカダ。続くデヴィットのブラディサンデーをかわしたものの、コーナーの金具に叩きつけられ、その勢いでスクールボーイを決めさせられそうになる。
  ここもなんとかキックアウトしたオカダはドロップキックで反撃。そして、今度こそはとレインメーカーの体勢に入る。しかし、今度もデヴィットは決めさせない。逆にオカダをロープに飛ばすと、待っていたのはファレのイス! これで脳天を撃ちぬかれたオカダは万事休す。最後はデヴィットの垂直落下式のブラディサンデーで3カウントを奪われ、まさかの敗北を喫してしまった。
  
 試合後、マイクを握ったデヴィットはマイクを握って『G1』優勝を猛アピール。ファレと共に勝ち誇った。

COMMENT

デヴィット「どいつもこいつも『G1 CLIMAX』のことを『シングルマッチが大変』だとか、『移動がキツい』とか、そんなことばかり言ってる。しかし、俺はぜんぜん気にしない。タッグマッチのように後ろに控えている外道がいなければ、秋田のIWGPヘビータイトルマッチは、俺が勝っていたはずだ。今度こそIWGPヘビーのチャンピオンになる。今日は単なる始まりにすぎない。『G1 CLIMAX』で俺がチャンピオンにふさわしいことを証明する。オマエたちは、シングルマッチで闘うという点で誰もが同じ条件だと思うだろう。だが、みんなは森を見るが、俺は木を見る。今日、俺は木を切った。これがリアルだ」
 
※オカダはノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年11月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ