吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

日時
2013年7月20日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
秋田・秋田市立体育館
観衆
4,075人(超満員)

第6試合 30分1本勝負
スペシャル8人タッグマッチ

VS

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊とBULLET CLUBが激突する8人タッグマッチ。
 
 先発したのは、棚橋とアンダーソン。ところが、控えのトンガがエプロンから棚橋の後ろ髪を引っ張り、アンダーソンがラフ殺法で攻勢に出る。すると、棚橋はカウンターバックエルボー&フライングボディアタックで巻き返すが、アンダーソンはマウントエルボー連射で逆襲した。
 ライガー対トンガの場面。ライガーがトンガとテリブレにスライディングキックを見舞い、自分を羽交い絞めにしたファレに、アンダーソンのスライディングキックを誤爆させる。そして、エプロンを駆け抜け、ファレに向かってトペコンヒーロを敢行。
 続いてライガーはコーナー最上段にのぼるが、トンガがドロップキックで場外に落とす。これで激しい場外戦が勃発し、大ダメージを負ったライガーをアンダーソン組が捕獲。長時間に渡って集中攻撃を浴びせる。
 それでもライガーはトンガに逆襲し、タッチを妨害するアンダーソンに掌底をお見舞い。これでようやく出番となった真壁は、串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射、ノーザンライトスープレックスホールド、カウンターラリアットでトンガに追い討ち。しかし、トンガはリープフロッグからのドロップキックで巻き返した。
 キャプテン対アンダーソンの場面。キャプテンが頭部へのパンチ連射から串刺し攻撃を狙う。しかし、アンダーソンが回避し、ジャンピングフロントハイキックで逆転。すかさず、トンガが串刺しジャンピングボディアタック、トンガが串刺しボディアタックで追い討ちをかけ、トンガ&アンダーソン&テリブレの合体バックドロップがさく裂。
 続いてアンダーソンがスピニングガンスタンからフォールに行くが、キャプテンが自力でキックアウト。さらに、ガンスタンを回避して地獄突きを見舞うと、カウンタージャンピングショルダータックルで逆襲。そして、替わったテリブレをヒラボトムで叩きつけた。
 棚橋対テリブレの場面。棚橋がフライングフォーアームで先制すると、テリブレが張り手で巻き返し、ブレーンバスターを狙う。だが、棚橋が背後に着地し、ドラゴンスクリューで反撃。
 次に棚橋はスリングブレイドを狙うが、控えのファレが背中を蹴って妨害。しかし、棚橋がテリブレの張り手をファレに誤爆させ、真壁が両腕ラリアットでアンダーソンとトンガを吹き飛ばす。
 その直後、キャプテンがファレに地獄突き、ライガーが掌底を見舞い、真壁がラリアットで場外に追いやる。すると、棚橋がダブル式ジャーマンスープレックスホールド、TWELVE SIXでテリブレの動きを止め、ハイフライフローでとどめを刺した。
 
 試合後、快勝を収めた棚橋が、特設花道上で1度だけエアギターをかき鳴らした。

COMMENT

真壁「オイ、コノヤロー! なめんじゃねーぞ、この三下どもが!」
——凄いラリアットでした。
真壁「あたりめーだ。バカヤロー! 俺のラリアットくらって、余裕かませるわけがねーだろ! テメーら、三下は三下らしくよ、身の振り方考えておけ。俺が本腰入れたらよ、壊滅に追い込むからな! 日本に来て、好き勝手できると思うなよ! 必ずだ、テメーらの行動、レスラーの価値も全部、消し去ってやる! それだけだ!」
——G1に向けては? 敗れたオカダ選手とも再戦がありますが。
真壁「敗れた? 誰が敗れたんだ? 試合には負けても、勝負に勝ったろ。あれを見て、観客は俺様の凄さがわかっただろ? ベルトもって、タイトルマッチかました? それがなんだ? ここには、ベルトもってなくてもスゲー選手はゴロゴロいる。とくに俺様を筆頭にな! オイ、G1楽しみだな! おまえらの存在、価値を全部、消し去ってやる! それだけだ!」
棚橋「開幕戦で、このCMLL世界タッグのベルトを持って、今シリーズ走ってきたけど、ちゃんとね。今シリーズ、かたちに残したし。わかったのは、俺のモチベーションもコンディションも一つも落ちてないということ。最高の状態でG1 CLIMAX、ちょっくら優勝してきます!」
キャプテン「君たち! だから言ったろ。私のことをカメだとか、ニセモノのスーパーヒーローだとか言ったな? 最後の最後に仕留めてやったぞ? 私には、G1はないがな。その次のシリーズこそ、彼らをねじ伏せてやるからな? よーく覚えておくんだぞ?」
※ライガーはノーコメント
 
トンガ「今日はなんだか、イマイチだった。俺達を見ろ。俺達はパーフェクトチームだ。俺達を止めようとするのか? マカベ、チェーンで勝とうとするなんて、バレットクラブには通用しない」 
テリブレ「タナハシ、ライガー、マカベ! バレットクラブがナンバーワンだ! オマエら全員ぶっ潰してやる」
アンダーソン「タマ・トンガとテリブレが言ったので、これ以上言う必要はない。この結果に、バレットクラブは怒り狂っている。プリンス・デヴィットが、今夜秋田でIWGPヘビー級王者になる。そしてこのマシンガンが、2013年『G1 CLIMAX』の優勝者になる。新日本プロレス、どうなると思う? メインイベントで、言って来たように、バレットクラブが新日本プロレスを乗っ取ったことを、ハッキリとみんなの前で見せつけてやる! 新日本プロレスの菅林社長、これはオマエをねらっている! いま乗っ取りは始まっている! オマエはこうなるぞ!(東スポ岡本記者を羽交い締めにして)この国で一番デカいこの身体が、天高くオマエの身体を吊るし上げるぞ! ファレ!」
※ファレは岡本記者の頬にペチンと平手打ち。マシンガンと共に控室へ。ファレはノーコメント。
  • facebook
  • twitter

出場選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ