吉野家Presents KIZUNA ROAD 2013

日時
2013年7月15日(月)   17:00開場 18:00開始
会場
北海道・札幌テイセンホール
観衆
1,650人(超満員札止め)

第7試合 時間無制限
3軍対抗スペシャルイリミネーションマッチIII CHAOS vs BULLET CLUB

VS

境界線

※3人残りでデヴィット組の勝利。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

【退場順】
(1)○オカダ(12分16秒 レッドインク)テリブレ×
(2)○オカダ(13分14秒 オーバー・ザ・トップロープ)トンガ×
(3)×YOSHI-HASHI(14分45秒 グラネード→体固め)ファレ○
(4)×高橋(16分04秒 オーバー・ザ・トップロープ)アンダーソン○
(5)×邪道(16分57秒 ガンスタン→片エビ固め)アンダーソン○
(6)×オカダ(19分02秒 オーバー・ザ・トップロープ)デヴィット○

 3軍対抗イリミネーションマッチの最終戦で、オカダ率いるCHAOSとデヴィット率いるBULLET CLUBが対決。7月20日秋田で行なわれるIWGPヘビー戦オカダvsデヴィットの前哨戦でもある。
 
 いきなりオカダとデヴィットが先発すると、場内が大「オカダ」コールに包まれる。そんな中、オカダがロープ際でクリーンブレイクするも、デヴィットが不意打ちし、顔面攻撃。しかしオカダは、カウンターバックエルボーをデヴィットに見舞い、低空ランニングフロントキックに繋いだ。
 邪道対デヴィットの場面。邪道が逆水平チョップを放つたびに「Woooo!」の叫びをファンと大合唱。すると、控えのファレが邪道のロープワークを妨害し、デヴィットが逆水平チョップで逆襲。そして、BULLET CLUBメンバーと一緒に「Woooo!」と叫ぶが、ファンがブーイングを浴びせた。
 アンダーソン対外道になると、場内が「外道」コールに包まれる。そんな中、外道がアンダーソンのショルダースルーを回避し、トーキック、パンチ連射、サミングで攻め込む。しかし、アンダーソンがスピニングスパインバスターで逆襲し、BULLET CLUBが総出で外道を襲撃。大ブーイングとなった。
 さらにアンダーソンが、外道にマウントパンチを連射し、止めに入ったレッドシューズ海野レフェリーを突き飛ばす。その後も外道は、金具がむき出しになったコーナーへ叩きつけられ、ファレのハイアングルボディスラム、デヴィットのチンロック、カウンターバックエルボー、テリブレの噛みつき攻撃、串刺しラリアットなどで追い討ちされる。しかし、テリブレのセントーンアトミコを回避し、トラースキックで逆襲。
 ようやくタッチを受けたオカダは、アンダーソンをカウンターフロントハイキックで吹き飛ばし、テリブレの背後から高角度前方回転エビ固め。そして、そのまま立ち上がって脚を絡め、レッドインクで一気にギブアップを奪った。
 オカダ対トンガとなり、トンガが変型ヘラクレスカッター、エルボードロップ、串刺しジャンピングボディアタック。しかしオカダは、フラップジャックでトンガを叩きつけ、フロントハイキックで場外に落として失格させた。
 YOSHI-HASHI対ファレの場面。YOSHI-HASHIがファレの突進をかわしてコーナーへ激突させ、ジャックナイフ式エビ固め。さらに、カウンターラリアットからフォールに行くが、カウントは2。すると、ファレがカウンターバックフリップで巻き返し、グラネードでYOSHI-HASHIを仕留めた。
 高橋対アンダーソンの場面。高橋がジャンピングフロントハイキックをかわし、反対にフロントハイキックをお見舞い。しかし、アンダーソンがトップロープ越しのブレーンバスターで高橋をエプロンへ追いやり、ジャンピングフロントハイキックで場外に落とした。
 邪道対アンダーソンとなり、邪道がパントキックでアンダーソンの動きを止め、両足をセカンドロープに引っ掛けてDDTを見舞う。そして、きっちり狙いをつけてからビューティフルパントキックを放つが、アンダーソンが回避し、ガンスタンで轟沈した。
 オカダ対デヴィットの場面。ドリームキャストをかわしたオカダが、リバースネックブリーカーをお見舞い。そして、ダイビングエルボードロップからレインメーカーポーズを披露するが、レインメーカーはデヴィットが回避。
 するとオカダは、ドロップキックでデヴィットをダウンさせ、再びレインメーカーに行く。ところが、回避したデヴィットが後ろからオカダを突き飛ばし、オーバー・ザ・トップロープで失格させてしまった。
 1対3の状況に追い込まれた外道は、トレイン攻撃をかわして反撃に出る。しかし、多勢に無勢で歯が立たず、ファレが串刺しボディアタック、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックをお見舞い。
 続いてデヴィットがコーナー最上段からダイビングフットスタンプを投下してフォールに行くが、カウントの途中で自ら外道を引き起こす。すると、アンダーソンがスピニングガンスタンで追い討ちをかけ、再びデヴィットがフォール。
 ところが、デヴィットが再びカウントを中断させ、ファレがグラネードで追撃。そして、デヴィットが3度目のフォールに行くものの、またもやカウントの途中で外道を引き起こす。
 続いてデヴィットがブラディサンデーの体勢に入ると、オカダがたまらずタオルを投入。これで外道はTKOとなり、3人残りでデヴィット組の勝利となった。
 
 試合後、デヴィットがかまわず外道をブラディサンデーで叩きつけ、完全にKO。激怒したオカダがパイプイスを投げつけ、デヴィットたちをリングから追い出した。
 しかし、やりたい放題のBULLET CLUBは、サムライTVの解説席に座っていた真壁まで挑発。真壁が怒ってイスを持ち出し、一触即発の状態となった。
 するとオカダがマイクを掴み、「オイ、デヴィット! 俺はな、オマエに言ったけど、『もっと調子に乗ってくれ』ってな。オマエな、いま、言わしてやる。調子に乗りすぎだ、コノヤロー!いいか? 秋田でな、この前の後楽園の分だけじゃねぇぞ! 今日の分もしっかり上乗せして! しっかり、外道さんのカタキ取ってやるから! 秋田、覚えとけよ!!」とアピール。
 だが、外道はまったく動けずにタンカで運ばれ、オカダは憮然とした表情で退場した。

COMMENT

アンダーソン「いいか? すべて俺達の計画通りにいっている。バレットクラブは、ずっと温めていたプランに従って動いている。バレットクラブが新日本プロレスリングを乗っ取った! そして、プリンス・デヴィットはとても素晴らしいレスラーだ。秋田でIWGPヘビー級チャンピオンになる! これは始まりに過ぎないぞ。バレットクラブが世界のトップだ。ゼッコウチョー!!」
デヴィット「今日のバレットクラブからのメッセージだ。外道、レインメーカー、マネーマン、小さい男。俺はリアルシューター。秋田で、IWGPヘビー級のチャンピオンシップで勝つのは“リアル・ロックンローラ”だということを、世界に見せつける。ベルトを巻くのはリアルシューターだ」
※テリブレ、トンガ、ファレはノーコメント
 
オカダ「デヴィット、いいんじゃないの? 調子の乗り具合は。レベルが違うと思ってたけど、俺と同じ位になったんじゃないですかね? ま、外道さんがあそこまでやられて、俺も黙っていられるほど、優しくないんで。もう1試合あるけど、秋田でしっかり、外道さんの仇を取ってやるぞ。調子乗った罰だぞ、デヴィット! 前よりもっともっとダメージ負って、まだまだ俺はツームストンだってあるしな。いろいろ技持ってる。まだまだオマエに見せてない技、たくさんあるぞ。ビビって、秋田までたくさんクライしてくれ。ありがとう」
※裕二郎、YOSHI-HASHI、邪道、外道はノーコメント
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
ariete
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ