BEST OF THE SUPER Jr. XX

日時
2013年5月30日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,480人

第9試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.XX」Aブロック公式戦

VS

  • リコシェ

    結果

  • 結果

    プリンス・デヴィット

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 BULLET CLUBの介入はあるにせよ、ここまで無傷の3連勝を収めているデヴィットが登場。DRAGON GATE屈指の実力者リコシェと初対決。
 
 序盤、リコシェがドロップキックでデヴィットを場外に落とし、トペフェイントを披露。さらに、連続バク転で場内を沸かせる。
 すると、BULLET CLUBメンバーのトンガとアンダーソンがエプロンへ上がり、その隙を突いてデヴィットが逆襲。これでリコシェが場外へ落ちると、ファレとアンダーソンが暴行を加える。
 デヴィットのペースとなり、串刺しドロップキック、チンロック、カウンタードロップキック、変型腕固め、逆水平チョップ連射などで畳み掛ける。
 苦しくなったリコシェは、延髄斬り、スワンダイブミサイルキックで逆襲。場外に転落したデヴィットにサスケスペシャルを見舞う。
 デヴィットが辛うじてリングへ戻ると、リコシェはスワンダイブアックスボンバー、飛びつき河津落とし、その場飛びシューティングスタープレスとラッシュ。そして、ロープのあいだで急停止するフェイントを見せるが、デヴィットがドロップキックで場外に叩き出す。
 ここでデヴィットは、なぜか自分から場外へエスケープ。その動きにレッドシューズ海野レフェリーが気を取られた隙を突き、アンダーソンがリコシェを捕獲。パワーボムでエプロンへ叩きつけた。
 リングへ戻り、デヴィットがフットスタンプ、串刺しドロップキックで追い討ち。すると、リコシェも串刺しドロップキックをお返しするが、デヴィットのオーバーヘッドキックでダウン。
 その後、串刺し攻撃を回避したデヴィットが、エプロンから延髄斬り。続いてコーナー最上段にのぼるが、リコシェが突き飛ばして動きを止め、トップロープから雪崩式フランケンシュタイナーを敢行。そして、スワンダイブ式フェニックススプラッシュの大技をさく裂させる。
 すかさずリコシェはコーナー最上段にのぼるが、デヴィットが追いかけて雪崩式バックドロップで逆襲。そして、リバースブラディサンデーで突き刺すと、場内が大「リコシェ」コールに包まれる。
 ここでデヴィットはダイビングフットスタンプを繰り出すが、リコシェが回避して延髄斬り。すると、デヴィットがブラディサンデーを仕掛けるものの、リコシェがスピンキックで反撃。だが、デヴィットがすぐさまショートレンジラリアットをお見舞い。
 再び大「リコシェ」コールが起きる中、コーナー最上段にのぼったデヴィットにリコシェがキック。そして、自らもコーナー最上段にのぼるが、反対にデヴィットが雪崩式ブラディサンデーを敢行し、3カウントを奪った。

 試合後、デヴィットがリコシェを無理やり引き起こし、BULLET CLUBメンバーと一緒にいたぶると、場内が大ブーイングに包まれる。さらに、デヴィットがリコシェを足蹴にすると、「帰れ」コールが巻き起こった。
 しかし、お構いなしのデヴィットは、「DRAGON GATEのトップを倒した。DRAGON GATEのリコシェはリアルじゃない」などと、マイクアピールで自分の実力を誇示。さらに、アンダーソンが「プリンス・デヴィットは世界でベストなレスラーだ!! プリンス・デヴィット、イチバーン!! BULLET CLUB、イチバーーン!!」と、吼えまくった。

COMMENT

アンダーソン「紳士淑女のみなさん! どけどけ! バレットクラブのリーダー、IWGPジュニアチャンピオンのプリンス・デヴィットだ!」
デヴィット「2013年の『BEST OF THE Super Jr.』はバレッタ、タカハシ、アレックス・シェリー、今日のリコシェで4人倒した。これからライガー、ロメロ、イシカリタイチ、メキシカンのティタンだ。みんな倒す。このカメラの前にいる男達が、現実だとみんなに見せてやりたい」
アンダーソン「なにか質問はあるか? この世界一のレスラーに」
——No.1レスラーであれば、セコンドの力を借りなくても十分勝てるのでは?
※アンダーソンが東スポ岡本記者を捕まえ、ベンチに座らせる。
デヴィット「セコンドの力なんて、なにも借りていない。“リアル・ロックンローラ”のプリンス・デヴィットは自分の力で今日勝った。オマエら見ていただろ。まだ質問あるか? 東京スポーツの明日の一面はなんて書くんだ?」
東スポ岡本記者「???」
アンダーソン「もう1回。バレットクラブ・イズ?」
東スポ岡本記者「リアル!!」
アンダーソン「グッジョブ!」
デヴィット「グッジョブ! おめでとう」
※アンダーソンが岡本記者の腹を拳で殴り、岡本記者は床に倒れうずくまる。
 
リコシェ「ああ、今日は、プリンス・デヴィットに負けてしまったね……。でも、大丈夫だ。ここでくじけてはいられない。たしかに、プリンス・デヴィットは凄かった。セコンドの介入もあったりしたけど。僕は、彼よりも多く宙を舞ったかもしれない。その点では上回ったかもしれない。けど、デヴィットがあれほど強いとは……ちょっと過去に経験したことのないようなタイプだったね。でも、これでヤル気を失うことはないよ。僕の勝ちたい心、向上心が失われることはない。都合のいいことに、明日はオフだ。一日だけ休んでリセットして、また次の日から、自分なりのやり方で、この『SUPER Jr.』を闘っていくよ」
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 リコシェ
  • シリーズ画像 プリンス・デヴィット

EVENT CALENDAR

2022年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
ariete
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ