Road to THE NEW BEGINNING

日時
2013年2月2日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
岐阜・岐阜産業会館
観衆
2,000人(超満員)

第4試合 20分1本勝負

VS

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 2月10日広島のIWGPタッグ戦を控え、アーチャー&スミスと天山&小島が対決。

 試合開始前、TAKAがマイクアピールを敢行。「鈴木軍が誇る最強チーム、コイツらの名前を知ってるか! IWGPタッグチャンピオン、ランス・アーチャー、デイビーボーイ・スミスJr.、キラー・エリート・スクワド、KES! 次の防衛戦の挑戦者、天山、小島! 略してテンコジ! テンコジさん! 去年、何度もコイツらに負けてますよね? 何度やっても結果は同じ。なぜならば・・・鈴木軍イチバーン!!」と、まくし立てる。
 そして、TAKAが「レッツ・ゲット・クレイジー!」と叫んだ瞬間にアーチャーとスミスが襲い掛かり、場外乱闘で試合が始まる。
 
 出鼻をくじかれた天山と小島だったが、鉢合わせ攻撃を切り返して逆転に成功。そのままスミスを捕まえ、エルボードロップ&ヘッドドロップの合体攻撃を食らわせた。
 小島対スミスの場面。小島が逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボー。そして、「いっちゃうぞバカヤロー!」をファンと大合唱するが、ダイビングエルボードロップはスミスが妨害。
 これで小島が孤立し、アーチャーのジャンピングボディプレス&スミスのギロチンドロップがさく裂。さらに、TAKAがサミング、顔面攻撃、スミスがフィッシャーマンズスープレックスホールドで続く。
 劣勢の小島は、スミスのラリアットを腕へのラリアットで迎撃し、コジコジカッターで逆転。タッチを受けた天山が、モンゴリアンチョップ連射、串刺しラリアット、カーフブランディングでスミスに追撃する。
 すると、スミスがパワースラムで巻き返し、スイッチしたTAKAがサミングで不意打ちする。しかし、小島が救援に入り、テンコジカッターをTAKAにお見舞い。ところが、直後にスミスが乱入し、両腕ラリアットで天山と小島をなぎ倒した。
 天山対アーチャーの場面。アーチャーのハンマーブローに対し、天山がカウンターニールキックで報復。キャプテン対アーチャーとなり、キャプテンがラリアットをかわしてジャンピングショルダータックル。さらに、コーナー最上段からのダイビングヘッドバットで追い討ちをかける。
 続いてキャプテンは、キャプテンチャージからカリビアンデスグリップを極めるが、スミスがカット。それでもキャプテンは、再びキャプテンチャージからカリビアンデスグリップを繰り出す。これをアーチャーがブロックすると、キャプテンは間髪入れずに地獄突きをお見舞い。そして、ロープへ走るも、アーチャーがカウンターラリアットで逆襲。
 ここで、アーチャーが天山、スミスが小島を、アバランシュホールドで叩きつける。それでもキャプテンは、スミスに地獄突きを食らわせ、キャプテンチャージのために両腕をあげる。ところが、アーチャーが背後から羽交い絞めにし、スミスとの合体技キラーボムで決着をつけた。

COMMENT

アーチャー「俺たちはIWGPタッグチャンピオンだ。そして俺たちは、IWGPタッグ史上、最も危険なタッグチームだ。もう2度とやられることはない。全員が痛みを感じるように、もっと痛めつけてやる! 全員に死を! 俺たちはキラーエリート!」
スミス「その通り! 今夜はキャプテン・ニュージャパンにキラーボムを食らわせてやった。心配するな、テンザン、コジマ、タフか? キラーボムをもう1回食らっても大丈夫か? このタイトルは守ってみせる」
TAKA「ハハハ! 何度やっても一緒なんだよ、テンコジさんよ! なぜかわかるか? なぜならば、鈴木軍・・・」
TAKA&アーチャー&スミス「イチバン!」
TAKA「レッツ・ゲット・クレイジー!!」
 
天山「キャプテン! チャンスやったぞ? チャンス! どうした?! 隙があるんちゃうかって。あれで決めな、キャプテン! もったいないな」
キャプテン「君たち、このシリーズ、私は小島くん天山くんと一緒に、彼らと闘う機会が多いぞ! 必ず、必ずこのスーパーヒーローが勝ってみせるからな! 天山くん、よろしく頼む!」
天山「ホンマに、やる気出してよ! スーパーヒーローなんやろ? 頼むぞ」
キャプテン「小島くん、よろしく頼む!」
小島「よろしくいけ!」
キャプテン「また会おう!」
小島「よろしくいけ!」
天山「キャプテンがやる気になって、今シリーズ、今日始まったばかりだけど、結果はともかく、あれぐらいの気持ち、頼もしいですよ。ただ、己のチャンスっていうのを活かしきってないから。最後にやられて、俺らもフォローできなかったのも問題やけどもね。相変わらす、ランスとスミス、チャンピオンになって、ますます強くなって、力強いし、ちょっと穴がないね。開幕戦でいきなり全開で、こっちもいくつもりやったけど、逆にアイツらの強さがモロに出て、しょうがない。今日は今日で、失敗したけど、明日からまたあるしね。広島が俺らにとって、もう1回あのチャンピオンベルトが、もしかしたらラストチャンスかもしれない。テンコジが、あのベルトを巻いてないと、なんや落ちつかないしね、毎日イライラするし。とにかく今シリーズ、キャプテンも含めて、テンコジがまた引っ張っていく。最後に広島でガッチリいこうぜ!」
小島「オッケー! 今年は西暦2013年なんだ。昨年2012年は、KESの一番スゴかった年かもしれない。ただ、なんの因果か、2013年1・4からテンコジは始動してしまったんだ。これは俺たちが導いたとかじゃないんだ。もうプロレス界の、世の中がテンコジを必要としてるから、2013年の1・4にテンコジが始動した。それだけのことだ。っていうことは、2013年はテンコジの年になる。断言してやるよ。俺たちは日々進化している。2014年、2015年、もっともっと強くなってる。残念なことに。たぶん2020年くらいが、テンコジ史上最も強い年かもしれない。ただそれはいま、途中段階で、俺たちが一番、タッグチームとしてどれだけ最高であるかってことを、今シリーズで見せましょう!」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年7月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ