戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in OSAKA

日時
2017年2月11日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
5,466人(超満員札止め)

第6試合 60分1本勝負
ブリティッシュヘビー級選手権試合

  • チャンピオン

  • チャレンジャー

※柴田勝頼が防衛に成功

MATCH REPORT

 休憩時間終了後、テレビ朝日の放送席にオカダ&外道が解説者として登場。

 そこから始まった第6試合は、昨年11月にイギリスのRPW(レボリューションプロレスリング)でブリティッシュヘビー級王座を獲得した柴田が、イングランド出身のオスプレイと防衛戦を敢行。

 序盤、柴田が放ったミドルキックをオスプレイが両腕でブロックし、即座にバックスピンキックを発射。しかし、柴田が身をかがめてかわす。
 その後、オスプレイがヘッドシザースを繰り出すと、柴田が倒立で首を抜く。そして、直後にローキックを放つも、オスプレイが上体を後ろへ倒して回避。
 その後、柴田がオスプレイをコーナーへ追い詰め、エルボー連打から串刺し攻撃を狙う。しかし、オスプレイが素早く立ち上がり、カウンタードロップキックで場外へ落とす。
 その直後、オスプレイはエプロンからシューティングスタープレスを繰り出し、柴田にかわされるとエプロンを利用してフェイント。そこからフロントハイキックを食らわせると、素早くリングへ戻ってトペスイシーダを敢行する。そして、再びリングへ戻ってサスケスペシャルで追い討ちすると、リング中央であぐらをかいて柴田を挑発。
 これでオスプレイのペースとなり、ニークラッシャー、変型膝固めで追撃。さらに、柴田をコーナーへ追い込むと、エルボー連打から串刺し低空ドロップキックを浴びせる。だが、柴田がすぐに立ち上がり、オスプレイのエルボーを受け止めて強烈なエルボーをお返し。
 これで柴田が復活し、追走式串刺しフロントハイキック、エルボー連打、串刺し低空ドロップキック、フロントネックチャンスリー、コブラツイストと猛攻。
 さらに柴田は、膝蹴りからバックドロップを繰り出すが、オスプレイがバク宙で着地し、ジャーマンスープレックスホイップで報復。それでも柴田はすぐに立ち上がってジャーマンスープレックスホイップを返すが、またもやオスプレイがバク宙で切り返し、ローリングソバットをお見舞い。そして、ハンドスプリングオーバーヘッドキックを放つも、柴田がキャッチして今度こそジャーマンスープレックスホイップ。
 ここからエルボー合戦になり、強打で押し込んだ柴田がオスプレイの胸板へローキックを浴びせる。だが、場外戦でオスプレイが柴田の右肩を鉄柱へ叩きつけ、ハイキックで頭部を撃ち抜く。
 これで柴田はまったく動けなくなるが、オスプレイがカウントアウト寸前でリングへ押し込む。そして、オスプレイはコーナー最上段へのぼるが、柴田が立ち上がり、エルボー連打で反撃。ところが、オスプレイは柴田をコーナーへ釘づけにし、顔面付近へトラースキックを食らわせる。
 次にオスプレイは、スワンダイブフライングフォーアームで柴田に追撃。そして、レインメーカーポーズからレインメーカーを繰り出し、柴田にブロックされるとショートレンジジャンピングニーアタックをお見舞い。さらに、アッパーカット、スピンキックへ繋ぐ。
 続いてオスプレイはコーナー最上段へのぼり、リバースファイヤーバードスプラッシュ。それでも柴田がフォールを返すと、コークスクリューキックからオスカッターを繰り出す。
 ところが、柴田が受け止めてスリーパーホールドで捕獲し、そこから変型タイガースープレックスで叩きつける。そして、再びスリーパーでオスプレイを弱らせると、最後はPKで葬った。

 試合後、柴田が求めた握手にオスプレイが応じる。すると柴田は、オスプレイに向かって一礼してから退場した。

COMMENT

柴田「(※ブリティッシュヘビーのベルトを置き、自身もあぐら組んで座る)一つ、プロレスというものは、言葉の壁を越える不思議な力があります。今、このベルトを俺が持っている意味を考えた時、これは運命的なものがあって、ここに導かれたんじゃないかと、俺は思ってます。オスプレイのイギリス人としての意地も、闘った上でシッカリ伝わったし。プロレスって、言葉を越えたところに、なにか不思議な突き動かす力があるんじゃないかって、去年からつくづく思ってます。次、このベルトを俺が持ってる以上、誰の挑戦でも受けたいと思います。イギリス人だろうが、アメリカ人だろうが、日本人だろうが、俺から獲りたいっていうヤツが現れれば、闘いたいと思います。日本でも、ロンドンでも、イギリスでも、どこでもいい。俺はどこでもいい。第2のホームグラウンド、ロンドンでもいいよ。いつ何時でも、俺はこれを持っている。以上」

オスプレイ「(※インタビュースペースに座り込み、手で顔を覆う)ちょっと待ってくれ。今、俺は自分自身に失望している。シバタ、俺は英国人のプライドをかけて、この試合に臨んだ。それだけに正々堂々と勝負する気持ちでリングに上がった。この試合を家族や友人たちも楽しみにしていたほどさ。本当に、このブリティッシュヘビー級のタイトルマッチに懸けていたんだ。このシバタとオスプレイの試合は、注目されるに値するものだった。小さな魚が、自分の体以上に大きい魚を釣り上げるのが、簡単でないのはわかっていた。実際、とても大きな壁にぶつかっているような感じだった。それでもオスプレイは、自分なりのやり方で勝負した。だけど、結果はこうだ。それでも、もう1度、もう1度やればどうなるかわからない。シバタ、今日のところはお前の方が優れていた。それがこの結果に表れている。そのベルト、ずっと持っていろ。シバタを狙って、このオスプレイがもう1度挑戦する。(※ゆっくり立ち上がって、頭を下げると)アリガトゴザイマシタ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ