戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in OSAKA

日時
2017年2月11日(土)   15:30開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
放送
バナーバナー
観衆
5,466人(超満員札止め)

第5試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合

  • (第10代チャンピオンチーム)

  • (チャレンジャーチーム)

※SANADA&EVIL&BUSHIが第11代王者となる

MATCH REPORT

 第5試合ではNEVER無差別級6人タッグ王者の棚橋弘至&中西学&田口隆祐組と、前王者のSANADA&EVIL&BUSHI組がリマッチ。1.4ドームでベルトを獲得するも、1.5後楽園で棚橋組に敗れ、わずか一日天下に終わったL・I・Jにとっては、その雪辱を賭けた一戦となる。“タグチジャパン”は田口がEVILを意識したコスプレ。中西もSANADAのようなドクロのハーフマスクを着用。そして、棚橋は緑のカラーバットをギターに見立てて入場。さらに3人とも、目の下にはEVILのようなアイメイクを施している。

  開始のゴング前にL・I・Jは本隊を急襲。リング上、EVILとSANADAは中西にダブルのブレーンバスターを仕掛けようとするも、中西は逆に投げ返す。そして、BUSHIをアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げると、場外のEVILとSANADAに向けて豪快に放り投げる。ここでタグチジャパンは「ウィー・アー・タグチジャパーン!」とポーズを決める。
 続いて田口とBUSHIが対峙。BUSHIは田口を延々とロープワークで走らせる。しかし、田口はヒップアタックをヒット。そして、「よくも走らせたな!」とヒップバットを見舞い、続いて中西と棚橋も追撃のヒップバット。そこから田口がブロックサインを出すと、中西 と棚橋がBUSHIを捕獲。そして、セカンドロープからヒップアタックを狙う田口にスローするが、BUSHIはその尻にミサイルキック。そして、BUSHIはTシャツを脱ぐと、それを用いて田口にチョーク攻撃。
 続いてスイッチしたSANADAは田口をパラダイスロックで固めると、尻に低空ドロップキック。そこからEVILが田口に重厚感のあるセントーン。田口もチョップで返していくが、EVILは一撃でダウンを奪い、続いて串刺し攻撃を狙う。これをキックで迎撃した田口はヒップアタックを狙うが、EVILはカウンターのアトミックドロップ。しかし、田口は意地でヒップアタックをヒット。
 次に登場した棚橋は、EVILにフライングフォアアーム。さらにBUSHI、EVILの順でドラゴンスクリュー。だが、EVILも負けじとローリングエルボー。そしてフィッシャーマンバスターを狙うが、棚橋はツイスト&シャウトで切り返す。しかし、EVILもラリアットで応戦
 続いて飛び出した中西はSANADAにスピア。さらに串刺しラリアットを見舞うと、握った両拳をSANADAに叩きつけ、「ホーッ!」と雄叫びを上げるが、ここでBUSHIが乱入。しかし、田口がBUSHI、棚橋がEVILにヒップアタック。そして、3人で「ホーッ!」と叫ぶと、L・I・Jそれぞれに同時にラリアットを炸裂。
 そして、中西はSANADAを抱え上げようとするが、SANADAはバックに着地してSkull Endの体勢へ。だが、こらえた中西はSANADAをアルゼンチンバックブリーカーで捕獲。さらに棚橋がEVILをテキサスクロバーホールド、田口がBUSHIをアンクルホールドに捕らえ、見せ場を作る。しかし、ここでSANADAが担がれたまま、レフェリーのタイガー服部を掴んで場外に投げ落とす。ここで中西はSANADAにヘラクレスカッターを決めるが、レフェリーは不在。
 ならばと中西はSANADAのバックを取るが、SANADAは一回転して着地。そして、中西の串刺しラリアットをかわすと、すかさずEVILが中西に串刺しラリアット。さらにBUSHIがジャンピングダブルニーをヒット。そして、BUSHIのコードブレーカーからSANADAがバックドロップを中西に炸裂させるが、これは間一髪で田口がカット。
 ここでTシャツを脱いだSANADAは、中西にSkull Endを仕掛ける。だが、棚橋がスリングブレイドで救出。しかし、その棚橋に今度はEVILがダークネスフォールズを敢行。すると、田口がEVIL、BUSHIにヒップアタックを連続でヒットし、さらに場外に落ちたEVILにエプロンサイドをダッシュしてヒップアタック。
 リング上では中西がトップコーナーからSANADAにフライングボディアタック。しかし、SANADAはカウント2でキックアウト。ならばと中西はアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ上げるも、SANADAはうしろに着地。そして、SANADAに突進を交わされた中西目掛けて、BUSHIがカウンターの毒霧を噴射。すかさず、SANADAがSkull Endを決めると、中西は無念のギブアップ。
 ゴングが鳴っても技を解かないSANADAに対し、棚橋が突っかかる。しかし、その棚橋には、EVILがEVILを敢行。リング外ではSANADAが田口を捕らえ、パラダイスロックの元祖である解説のミラノコレクションA.T氏の前で、パラダイスロックを披露。そして、L・I・Jの3人は奪取したベルトと共に、花道を引き上げた。

COMMENT

EVIL「棚橋よ、会社、田口、中西に操り人形のように操られていた、お前の糸を、俺が切ってやったぞ。楽になったか? 俺に感謝するがいい。そして、安らかに眠れ。Rest in peace.This is EVIL.Everything is EVIL.すべては……EVILだ」
BUSHI「タグチジャパン! 残念だったな。(※NEVER無差別級6人タッグのベルトを掲げ)この通り、このベルトは俺たちの手にある。田口に負けた前哨戦の借りは、必ずシングルで返してやるよ。もしお前らにやる気があるんだったら、メンバーを選抜してでも、また来いよ。このベルトに挑戦して来い。まぁ、誰も興味ないと思うけど、このベルト2回以上防衛したことがないらしいな。だったら、このベルト最多防衛するための挑戦者、誰でもこいよ。かかってこいよ。EN SERIO、マジで」
※SANADAはノーコメント

田口「選手はよく頑張ってくれました。選手は69%の力を出し切って……試合は6-9かな? 6-9、そんな感じで押し気味に……まぁ最後、あれがいわゆるワンチャン、ワンチャンをものにされた。いい感じで棚橋選手が上がっていってくれたんで。縦のスペースを使って……」
棚橋「(※遅れてインタビュースぺースにやって来て)核心に触れますけど、これで解散はないですよね?」
田口「解散という形はないですね。あるとしたら、監督の解任。監督の解任はあるかもしれないですけど。“タグチジャパン”が続く限りは、代表メンバーに若干の入れ替えはあるかもしれないですけど、今のところは自分の意図するところが伝わってきてますんで、この形をもう少し突き詰めていけば、もう1度、ベルトを……」
棚橋「このメンバーでもう1度、ロスインゴとやりたいですね」
田口「棚橋、中西、両選手は(代表の)第1候補です。ドラゴン・リー、マイケル・エルガンとこのシリーズ一緒にやってきましたけど、いいところを吸収してきましたんで。すごい連係が深まってきたんで、最後、ワンチャンを持っていかれたっていうのが……ウチのお家芸なのに……ただ、今日も“あれ”は出せませんでしたので、“あれ”さえ出せればっていうのも。リターンマッチで出るかどうかはあれなんですけども……まぁ、会社のあれがどうなるかわかりませんけども、実行委員会のメンバーのあれがあるんで。とりあえず、あれですね、リターンマッチを要求しますけども……タイトルマッチに負けてしまいましたんで、言い訳も……負けたら監督の責任ですね」
――今日は采配ミスだと?
田口「そうですね。監督の私の……そうですね、采配が……中西選手に任せすぎたかなと」
――辞任とかそういうのはない?
田口「それはないです。わたしの口からそういうのは。今の時点で辞めるとか、そういったことは。“タグチジャパン”をいいところまで持っていって、(立場が)上(の方の中)で次の新しい監督を探すっていうのであれば、“タグチジャパン”を引き継いでいって……」
――では、辞めることはない?
田口「まぁ、解任されれば」
――シリーズも終わったことですし、オーナーに報告に行く予定は?
田口「そうですねぇ……オーナーもあれだと思うんで。まぁ、オーナーも見てるでしょうから。どうですかね? これ以上、何を求めますかね?」
――解任ですかね?
田口「エッ、解任ですか? 過半数の承認を得られれば(解任もあり得る)……中西選手、棚橋選手次第だと思います。まあ、のびのびとやれれば……3人とも睡眠不足だったと思います」
――それは監督に問題がある?
田口「選手の監督不行き届きですか……で、辞任ですかね?」
――やっぱり辞任……
田口「私を辞任させたいっていう記者の方は約1名……」
――そんなことはないですけど。
田口「まぁ、6回転んでも9回起き上がりますから。まだ1回しか転んでない。あと5回転べます。まぁ、楽しんでくれたから、それでいいんじゃないですか? これからの“タグチジャパン”に乞うご期待で」
※中西はノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ