戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to THE NEW BEGINNING

日時
2017年2月7日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,592人

第5試合 時間無制限
スペシャルイリミネーションマッチⅡ

○タイチ(11分40秒 OTTR)ロッキー×
○石井(13分15秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)タイチ×
○石井(15分53秒 OTTR)スミス ×
○ランス(17分22秒 OTTR)石井 ×
○ランス(18分24秒 OTTR)矢野 ×
○オカダ(19分35秒 OTTR)ランス ×
○鈴木(23分15秒 OTTR)オカダ ×
○バレッタ(23分22秒 OTTR)鈴木 ×
○金丸(25分39秒 ディープインパクト→片エビ固め)バレッタ ×
※金丸義信の一人残りで、鈴木軍の勝利

MATCH REPORT

「スペシャルイリミネーションマッチⅡ」として、オカダ・カズチカ&矢野通&石井智宏&ロッキー・ロメロ&バレッタ組のCHAOSが、鈴木みのる&ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&金丸義信&タイチ組の鈴木軍が激突。当初、エル・デスペラードが出場予定だったが、急病のため、タイチに変更に。

 2.5大阪のIWGPヘビーの追撃マッチ、そして2.11大阪で行なわれるIWGPタッグの前哨マッチとなる総力戦。鈴木軍はゴングが鳴る前に奇襲攻撃。リング上ではKESが矢野に集中攻撃。だが、石井が救出すると、矢野と共にタッグプレーで挽回。続いてバレッタとタイチが対峙。すかさず、そこにロッキーと金丸も加わり乱戦となるが、ロッポンギヴァイスはトレイン攻撃を金丸を炸裂すると、さらにダブルのトペ・スイシーダを敢行する。
 リング上はスミスがバレッタにハイアングルのバックドロップ。そこからバレッタを踏みつけて力を誇示する。続いてブレーンバスターを見舞ってから、タイチとスイッチ。タイチはレフェリーの死角をついて木槌でバレッタの脳天に一撃。さらに金丸と「アックスボンバー!」の掛け声と共にトレイン攻撃。場内は「タイチは帰れ!」コールが鳴り響く。
 次に登場した鈴木は、コーナーに控えるオカダを急襲。場外で右ヒザを痛めつけていく。リング上ではKESがバレッタに二人がかりでボディスラム。鈴木はリングに戻ると、バレッタにアキレス腱固め。矢野がストンピングでカットに入るも、鈴木はこれをアキレス腱固めに捕らえる。
 続いて金丸がバレッタに串刺しラリアットからエルボースマッシュを連発。しかし、バレッタもラリアットで反撃し、ようやく自軍コーナーに戻る。オカダがリングインすると、鈴木が飛びだしてくる。だが、オカダは串刺しエルボー、DDTとたたみかける。さらにボディスラムで投げるが、鈴木はコーナーに登ろうと背を向けたオカダの足を関節技で捕獲。続いてダウン状態のオカダの胸に強烈なランニングキックをお見舞い。ここから両者は打撃戦に突入。鈴木はオカダの右ヒザにローを叩き込むが、オカダも雄叫びを上げて応戦。しかし、鈴木はキチンシンクでオカダの動きを止める。
 続いてタイチが飛び出すが、ロッキーが「ナカスゾ、コノヤロー!」の雄叫びと共に、串刺しラリアットを連発。タイチはロッキーの攻撃をかわして、場外に追放しようとする。しかし、こらえたロッキーは金丸&タイチにダブルラリアット。だが、金丸&タイチは力づくでロッキーを場外に落とす。
 リング上、タイチはバレッタを挑発するが、石井がリングイン。そして、KESにツバを吐きかける。すると、金丸が石井をカニばさみでダウンを奪い、、タイチが強烈な顔面キック。さらにトラースキックを狙うが、石井は間一髪で交わす。そして、ラリアットでタイチからダウンを奪うと、一気に垂直落下式ブレーンバスターで突き刺して退場に追い込む。
 次に飛びだしたスミスは、石井にエルボーを連発。石井も串刺しラリアットで応戦するが、スミスはジャンピングニーでダウンを奪う。さらにダブルアームスープレックスで固めるも、石井はカウント2でキックアウト。ならばとスミスはブレーンバスターの体勢に入るが、これを石井は逆に投げ返す。続いて両者はエプロンサイドで攻防を繰り広げ、スミスのギロチンドロップを交わした石井が、キックで場外追放に成功した。
 すると、すぐさまアーチャーが石井に強烈なショルダータックル。さらにハイアングルのチョークスラムを決めるが、石井はカウント2でキックアウト。ならばとアーチャーはブラックアウトを狙うも、石井はコーナーに足をかけてディフェンス。しかし、アーチャーはビッグブーツを叩き込み、石井を場外追放。
 続いて矢野が背後からアーチャーに襲いかかり、急所攻撃を狙う。だが、アーチャーはこらえる。ならばと矢野はマンハッタンドロップからYTRポーズを狙う。しかし、それをフルネルソンで捕らえたアーチャーは、そのまま矢野を場外に追い出す。
 続いて飛び出したオカダが、ラリアットでアーチャーを追放に落とそうとする。しかし、これをこらえたアーチャーは、オカダをコーナーに座らせるとブラックアウトの体勢へ。しかし、オカダはエプロンサイドに不時着。そして、エプロンサイドでの攻防になると、アーチャーはチョークスラムの体勢へ。だが、これをしのいだオカダは、リングからドロップキックを放ってアーチャーを場外に追放。
 リングでは鈴木とオカダが対峙。鈴木はオカダを足関で追い込むが、バレッタがカット。続いて鈴木はオカダに左ミドルを連発。オカダがエルボーで応戦すると、ここから両者は不敵な笑みを浮かべてエルボー合戦へ。すると、鈴木は一瞬のスキをついてオカダをスリーパーで捕らえ、ゴッチ式パイルドライバーの体勢へ。しかし、こらえたオカダは鈴木をエプロンサイドに持っていく。しかし、エプロンの鈴木はオカダを背後からスリーパーで捕獲。そこから両者、エプロンサイドでの攻防に突入すると、激しい乱打戦を展開。オカダのキックを捕らえた鈴木は、エプロンでアキレス腱固めへ。そのままオカダを蹴り落とし、失格に追い込む。だが、エプロンで背後を見せる鈴木に、バレッタがドロップキックを炸裂させ、あっという間に退場に。
 最後は金丸とバレッタが対峙。金丸は延髄斬りから投げっぱなしジャーマン、低空ドロップキックとラッシュをかけるが、バレッタもロープを使ったトルネードDDTを炸裂。さらに顔面にランニングニーを叩き込むと、デュードバスターの体勢へ。しかし、ここでTAKAがレフェリーの視線を引き付けたスキに、タイチがバレッタにトラースキック。続いて金丸は旋回式のDDTを見舞うが、バレッタはカウント2でキックアウト。しかし、最後は金丸がディープインパクトで万事休す。鈴木軍が一人残しで勝利を収めた。

COMMENT

タイチ「おい、この前、ノブが言った通りだよ。鈴木軍ジュニア何人いると思ってんだ?」
金丸「ああ、ふざけんなよ!」
タイチ「デスペラード? アイツはどこ行ったんだよ。アイツはもういいよ! どこ行っちまったんだよ、やる前から消えちまって」
金丸「大事な時にいねぇじゃねぇかよ!」
タイチ「アイツもういいよ、どうでもいいよ! おい、TAKAが消えて、デスペラードが消えて、鈴木軍ジュニア何通りあるつったよ? もういいよ、もういい。俺たちでよ、最後のよ、最後の切り札……切り札でもねぇな」
金丸「おお、まだまだいるぞ」
タイチ「“鈴木軍ジュニア最強コンビ”だけどよ、まぁ仕方ねぇか。出すまでもねぇと思ったけど、こんなに早くTAKAとデスペラードが消えるとはよ。まぁいい、俺ら最強の鈴木軍ジュニアいくから」
金丸「よく見とけよ」
タイチ「もういいよ。TAKAもデスペラードも、もういい。おい、すぐ組め、すぐ!」
金丸「いつでもいいぞ」
タイチ「すぐ組め! 俺らもケガしたらたまんねぇ。すぐ組め! わかったな? オイ、ロッポンギ逃げんなよ」
スミス「2月11日、タッグチーム、CHAOSもマカベもホンマも、誰であれ俺が倒してみせる。スズキグン、イチバ〜ン!」
鈴木「やっと始まった。なに勝手に終わろうとしてんだよ。あれは終わりじゃねぇ。俺たちと新日本、テメェらの組み合いの合図だぁ。あの日は終わりじゃない。そう、すべての始まりの日だ……なぁ、オイ!(と叫んで記者に掴みかかる)。そうだろう? そうだろう、おい!(囁くような声で不敵な笑みを浮かべながら)鈴木軍……イチバ〜ン!」
※ランスはノーコメント

ロッキー「一つ、聞きたいことがある。デスペラードはなにをやっているんだ? サッポロでカネマルとデスペラードが挑戦表明したのに、なぜデスペラードが姿を現さない。もうこんなことはうんざりだ。スズキグン、いい加減にしろ。タイチ、カネマルでかかってこい。俺たちが、お前たちを追い出してやる。わかったか!」
バレッタ「うんざりだよ。誰が何と言おうと、俺たちがチャンピオンだ。アイツらがタイトルマッチに近づいたのは、たったの2日前だろ。タイチ、デスペラード、タカ、カネマル、誰でもいいよ。俺たちがチャンピオンとしてリングに上がり、ベルトを保持したままリングを降りるだけだよ」
オカダ「(※右足を引きづりコメントブースに登場)鈴木さん、アナタとの闘いは、終わりました。始まり? 違うよ。終わったんだよ。また始めたかったら、自分の実力でシッカリこのベルトまで来い。終わったんだよ、アナタとは。そして、鈴木軍、イチバン? どの口が言ってんだよ、コノヤロー。もっと恥ずかしがった方がいいと思いますよ」
※矢野、石井はノーコメント

  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ