戦国炎舞 -KIZNA- Presents Road to THE NEW BEGINNING

日時
2017年2月7日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
放送
バナー
観衆
1,592人

第4試合 時間無制限
スペシャルイリミネーションマッチⅠ

(2分00秒 OTTR)オスプレイ ×
(2分06秒 OTTR)柴田 ×
○真壁(9分01秒 キングコングニードロップ→体固め)外道×
○真壁(11分04秒 キングコングニードロップ→体固め)邪道×
(12分20秒 OTTR)真壁 ×
(13分33秒 OTTR)YOSHI-HASHI ×
(13分46秒 OTTR)KUSHIDA ×
(14分45秒 OTTR)本間 ×
(15分46秒 OTTR)後藤 ×
※ジュース・ロビンソンが一人残りで本隊の勝利

MATCH REPORT

 新日本プロレス本隊連合軍とCHAOSがイリミネーションマッチで激突。2・11大阪で行われるブリティッシュヘビー戦・柴田vsオスプレイの前哨対決でもある。なお、2・5札幌で行われたNEVER戦では、後藤がジュースを下して初防衛。YOSHI-HASHIはシングル対決で飯塚を下した。また、真壁&本間はIWGPタッグ戦3WAYマッチに出場するも、王座奪還はならず。2・11大阪のリターンマッチでリベンジを狙う。

 柴田対オスプレイで試合が始まり、柴田が出合い頭のカウンターフロントハイキックで先制。そのままエルボー連打でオスプレイをニュートラルコーナーへ追い込み、対角コーナーへ走る。しかし、オスプレイがカウンタードロップキックで迎撃し、エルボー連打から串刺し低空ドロップキックをお見舞い。
 さらにオスプレイは、ハンドスプリングオーバーヘッドキックへ繋ぐと、すぐさまセカンドロープへ飛び乗る。ところが、柴田がフロントハイキックでバランスを崩し、2度目のフロントハイキックで場外へ転落させる。これによりオスプレイはオーバー・ザ・トップロープ(OTTR)で失格になるが、柴田はなぜかトップロープを飛び越えてプランチャで追撃。
 これで柴田も失格になるが、構わずオスプレイと激しい番外戦を展開。2人はそのままもつれ合ってバックステージへ消えた。
 KUSHIDA対外道の場面。KUSHIDAが外道を押し込んでOTTRを狙うが、後藤たちが背後から襲撃し、全員でKUSHIDAを場外へ落とそうとする。そこに真壁たちも入って大混乱になるも、外道はうまく逃走。そして、KUSHIDAも危うく難を逃れた。
 本間対後藤の場面。本間がショルダータックルで競り勝ち、ボディスラムから小こけしを発射。しかし、かわされて自爆してしまい、そのままローンバトルへ追い込まれる。
 苦しい時間が続いた本間は、外道のパンチ攻撃を回避して変型DDTをお見舞い。さらに、邪道をバックエルボーで倒し、小こけしを命中させる。これで真壁の出番となり、外道と邪道に串刺しラリアット2連発。さらに、外道の頭部にパンチを連射して行く。
 しかし外道は、次のノーザンライトスープレックスを抵抗し、チンクラッシャーで逆襲。そして、トラースキックを放つが、真壁が受け止めてショートレンジラリアット。そこからキングコングニードロップを炸裂させ、外道から3カウントを奪取した。
 その直後、邪道が真壁へ襲い掛かり、ハンマーブロー連射、逆水平チョップ。さらに、ラリアットをキャッチしてクロスフェースオブJADOを極める。
 その後、邪道はビューティフルパントキックを繰り出すが、真壁が回避し、KUSHIDAがスワンダイブブレーンチョップでアシスト。次にKUSHIDAは側転からYOSHI-HASHIに低空ドロップキックを食らわせ、後藤&邪道をハンドスプリングエルボーでなぎ倒す。
 続いて真壁の串刺しラリアット&KUSHIDAの延髄斬りという合体攻撃が邪道に炸裂し、真壁がキングコングニードロップでとどめ。邪道も失格となる。
 ここでYOSHI-HASHIが登場するも、真壁は左ラリアットをお見舞い。するとYOSHI-HASHIは、カウンターラリアットで真壁をなぎ倒し、パワーボムからジャックナイフ式エビ固め。それでも真壁が立ち上がると、ラリアットで追い討ちをかける。
 さらにYOSHI-HASHIはラリアットを放つが、真壁が相打ちへ持ち込み、助走をつけてラリアットを発射。だが、YOSHI-HASHIが回避し、真壁をOTTRで失格に追い込んだ。
 KUSHIDA対YOSHI-HASHIとなり、YOSHI-HASHIがヘッドハンターで叩きつける。すると、KUSHIDAがトップロープを支点にしたバク転キックをYOSHI-HASHIに食らわせ、ロープをずらしてOTTRを狙う。それでもYOSHI-HASHIはトップロープにしがみつくが、KUSHIDAが場外へ蹴落とした。
 その直後、後藤がリングへ飛び込むと、KUSHIDAがエプロンからジャンピングハイキックを見舞う。ところが、後藤がKUSHIDAを荒っぽく投げ飛ばし、OTTRで失格させた。
 これで本間対後藤となり、本間が串刺しジャンピングエルボー、フェースクラッシャー、小こけしとラッシュ。さらに、追走式バックエルボーへ繋ぐ。
 すると後藤は本間を投げ捨て、エプロンへ追いやる。それでも本間は後藤を羽交い絞めにするが、ジュースが放ったタックルはかわされて本間に誤爆。
 その直後、ジュースが顔面パンチ連射を繰り出すも、後藤がエルボーで報復してよろめかせる。そこから後藤が突進すると、ジュースが身をかわし、エプロンにいた本間に衝突。これで本間が転落して失格となる。
 ここからジュースと後藤の一騎打ちとなり、後藤がジュースを投げてOTTRを狙う。しかし、ジュースが辛うじてエプロンへ踏みとどまり、ロープ越しにブレーンバスターを仕掛ける。これを後藤が抵抗し、変型GTRの体勢に入る。だが、ジュースが脱出し、ラリアットの相打ちへ持ち込む。
 これで後藤はロープ際へ追い込まれ、ジュースがラリアットで場外へ落とそうとする。それでも後藤は粘るが、ジュースが2発目のラリアットで場外に落とし、チームを勝利へ導いた。

COMMENT

※柴田はオスプレイをバックステージに引き込むと、オスプレイの頭部を壁に叩きつけ、そのまま控室に連れ込んでいった。
真壁「オイ! 動いてきたな。反体制? なにうたってんだよ。テメェら、ベビーフェイスみたいな行動ばっかしこきやがってよ。時代が動いてきた。いいじぇねぇか、ジュースよ。ジュース・ロビンソンさんよ、いいじゃねぇか。今日、カッチリ決めてやった。気分いいぜ」
本間「ジュース、凄ぇ勢いだよ。味方の俺まで落としちまう凄ぇパワー。でもよ、そのパワー、勢い、それを上回るのが、俺と真壁、G.B.Hだ。大阪、K.E.S、CHAOSのアイツらには、絶対負けない。次のチャンピオンは、IWGPタッグチャンピオンは、俺と真壁だ」
KUSHIDA「凄い勢いだわ、ジュース・ロビンソン。(※ジュースに向けて)グッド・フィニッシュ。ちょっとジェラシー沸いちゃいますね。イリミネーションでやると、ヘビー級の選手もいるし、ベルト巻いてる人間もいる。チャンスがゴロゴロ転がってるから、残りシリーズも全部逃さずいきます」
ジュース「この勝利が自分にとって必要だったものだ。札幌では、ゴトーに負けてしまったが、今日それを獲り返すことができた。今日は相手がアンラッキー、自分がラッキーだっただけかもしれないが、勝ちは勝ちだ。それは最高なことだ。ゴトー、もう一度NEVER無差別級王座に挑戦させろ。次は俺が勝つ!」

※後藤、YOSHI-HASHI、外道、邪道はノーコメント

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ