戦国炎舞 -KIZNA- Presents THE NEW BEGINNING in SAPPORO 〜復活!雪の札幌決戦〜

日時
2017年2月5日(日)   13:30開場 15:00開始
会場
北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
放送
バナーバナーバナー
観衆
5,545人(超満員)

MATCH REPORT

 第5試合では2.11大阪で行なわれるIWGPインターコンチ、IWGPジュニアヘビー、そしてNEVER無差別級6人タッグ&のトリプル前哨戦として、マイケル・エルガン&棚橋弘至&中西学&田口隆祐&ドラゴン・リー組が、内藤哲也&SANADA&EVIL&BUSHI&高橋ヒロム組が対決。内藤は入場時、花道にインターコンチのベルトを置き去りにしてリングイン

 先発はヒロムとリー。開始と同時にリーはすばやいロープワークからティヘラ。ヒロムも同じ技を繰り出すが、リーはうまく着地。続いてエルガンがタッチインし、内藤を呼び込む。不敵な笑みを浮かべた内藤は、リングに入ると同時に寝転びポーズ。そして、エルガンの背後からBUSHIとSANADAが急襲。しかし、エルガンは力で吹き飛ばすと、BUSHIをリフトアップして内藤に投げつける。さらに内藤に滞空時間の長いブレーンバスター。

 次は田口がスイッチし、内藤の後頭部にヒップバットを連発。すると、棚橋、中西、エルガンも続々と内藤にヒップバットを見舞っていく。続いて田口はロープワークで内藤を延々と走らせ、うまく場外に落とす。ここでヒロムがリングに入るも、リーはこれを蹴散らして場外に落とすと、豪快なトペ。コンヒーロを敢行。リング上ではSANADAが田口にドロップキック。これを皮切りに、L・I・Jは本隊に場外戦を仕掛ける。

 リング上では内藤が田口の腰にエルボー。さらにBUSHIとの連携で低空ドロップキックを田口の顔面にヒット。次に登場したEVILは田口にセントーン。さらに強烈な逆水平チョップから串刺し攻撃を狙うが、田口がカウンター。そして、セカンドロープの反動を利用してヒップアタック。

 タッチしたエルガンはEVILにロープ越しのボディプレス。そして、BUSHIのフライングボディアタックを受け止めると、ヒロムも捕獲し、二人同時にバックフリップ。さらに内藤のダイビングエルボードロップを交わし、投げっぱなしジャーマン。続いてSANADAとEVILにもジャーマン。そして、EVILを追撃のぶっこ抜きジャーマンで固めるが、これはカウント2。

 ここで本隊はEVILに集中攻撃。棚橋の串刺しボディプレス、田口のヒップアタック、中西がジャンピングボディプレス。続いて棚橋とEVILが互いの必殺技を巡り、技の読み合いを展開。棚橋はスキをついてツイスト&シャウトを炸裂させるが、EVILもなぎ倒すようなラリアットをヒット。

 次はヒロムとリーが対峙。リーはヒロムのジャーマンをうまく一回転して着地すると、逆にロープの反動を利用したジャーマン。そしてヒザを叩き込むが、ヒロムも負けじとトラースキック。さらに走り込んできたリーをフロントスープレックスでターンバックルに激突させる荒技を披露。ここでBUSHIがリーにミサイルキックを叩き込み、バッククラッカーをお見舞い。

 L・I・Jはリーにキックを次々に見舞うと、続いてBUSHIがコードブレイカー。リーがキックアウトすると、BUSHIは一気にエムエックスを狙うが、これはかわされてしまう。すると、間髪入れずに中西がBUSHIにラリアット。すかさず、SANADAが中西のヒザに低空ドロップキック。そのSANADAに田口はヒップアタックを見舞うが、EVILがタイミングよくサイドバスター。続いて棚橋がEVILにドラゴンスクリューを決め、すばやくコーナーに上るも、これは内藤が阻止。

 だが、エルガンは内藤を捕獲すると、場外のL・I・Jに向けてパワーボムで投げ捨てる。さらに棚橋も場外へのハイフライフローで追撃。最後はリーがBUSHIをデスヌカドーラで仕留め、勝利を収めた。

 試合後、ヒロムはリーの目の前でIWGPジュニアのベルトをひと舐めしてから退場した。

COMMENT

エルガン「ナイトー、お前に残されたのは、あと6日だ。6日だぞ。BUSHIはいらない。ヒロムもいらない。SANADAもEVILもいらない。お前と俺だけ。6日後の闘いは二人だけだ。そして、それが終わった時にお前は、俺に対するリスペクトなき心に『GOOD BYE』と言うんだ。そしてインターコンチネンタルのベルトに『GOOD BYE』と言うことになるんだ。ナイトー、お前の中にある尊敬なき心を、俺の手でぶち壊してやる」
リー「俺の目は、ヒロム・タカハシにだけ向いている。今日、それを思い知ったはずだ。ヒロム・タカハシよ、このベルトがなぜここにあるか考えてみるがいい。お前に奪われたこともあったけど、それを取り戻してから、ずっとここにある。次はお前の持ってるベルトをいただく。1年前、お前が俺から奪ったようにな、楽しみにしておくんだな」
棚橋「監督、(試合評を)お願いします」
田口「今日は、あの、すごく、二人が空きスペースに入ってくれて、いい縦パスが何本か決まて、練習の成果が出たかなと。ただね、“あれ”が出なかったということで。“あれ”が出れば、もっと楽に勝てるんでしょうけども」
中西「“あれ”ね」
田口「まぁ、“あれ”がまだあるんで、まだまだあれかなあって感じで……」
――結構、前半、相手のパイプレスというか……
田口「そうですね。それに対しても……」
中西「俺と棚橋さんがね……」
棚橋「サイドから上がっていかないと」
――徐々に三人の中では、“崩し”のイメージっていうのはできてきてるんですか?

田口「そうですね。やっぱりシリーズとして、ずっと言い続けてるんで、伝わってきたかなと」
――棚橋選手もクロスの精度も上がってきてると?
棚橋「お互いパスが出せるようになってきたんで。誰でも決定力があるように」
田口「そうですね」
――中西選手のゴール前のお尻を使ったボレーシュートも武器といったら武器ですか?
中西「まあね。でも、最終的には“あれ”があるから。“あれ”があるからね」
田口「ま、大阪(2.11)で“あれ”が出るのか出ないのか」
――改めて大阪、どんな闘いになるのか?
田口「まあ、“あれ”次第なんですけど、まあ、天候が雨でなければ。晴れてくれれば“あれ”が出せるんですけどね」
――絶対に負けられない的な要素はあるのかなと?
田口「そうですね。絶対に負けられない闘い……常に負けられない闘いで。負けていい闘いっていうのはないんで。負けていい闘いはね。ただ、負けから学ぶことはある。今、いい言葉を言いましたけど。まぁね、僕がこの“タグチジャパン”を結成した時に、まず二人に伝えたのは、『人を動かすんじゃない。心を動かすんだ』。このいい言葉を二人に伝えました。心を動かす試合をしていこうということです。ハイ。締まりが悪いようで……あとは二人に」
中西「ま、“あれ”があるから。思い切っていきますよ」
棚橋「A・R・E(エイ・アール・イー)……“あれ”です」

EVIL「棚橋、安らかに眠らしてやる。よぉく覚えとけ」
内藤「今日の試合で、しっかり次のテーマ、俺の中で決まったよ。もう次の目標、次の狙い定めたよ。マイケル・エルガン……じゃなくて、ここ北海きたえーる、この会場でマイクをしてみたいな。北海道のお客様も聞きたいでしょ? 一緒に合唱したいでしょ? デ・ハ・ポンって、合唱したいでしょ? 次のきたえーるは、俺のメインイベントで帰ってくれば、済む話だからね。大阪のマイケル・エルガン戦、まったく問題ないよ。北海道のお客様、楽しみに待っててください。合唱できるその日を。トランキーロ、焦らずに待っててください。アディオス」
ヒロム「(※IWGPジュニアヘビー級のベルトを抱き、泣きながら)ドラゴン・リー……やっと会えた……やっと会えた、ドラゴン・リー。この痛み、懐かしい。この痛み! この痛み! すべてを思い出させてくれたよ、ドラゴン・リー。最高だよ。こんな最高のヤツいないよ。大阪! 大阪まで待てない。俺と! ドラゴン・リー! 二人の関係、もっといろんな人に見てもらいてぇよ。ハハハ。もっと! もっと!! もっと!!! いろんな人に! もっと~!!!! 見てもらいたいなぁ。Soy Canpeon(ソイ・カンペオン=俺がチャンピオン)。Soy Numero Uno(ソイ・ヌメロ・ウノ=俺がナンバーワン)」
※SANADA、BUSHIはノーコメント

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ