NJPW 40th anniversary Tour Road to TOKYO DOME

日時
2012年12月9日(日)   15:00開場 16:00開始
会場
秋田・秋田テルサ
観衆
2,000人(超満員札止め)

MATCH REPORT

 1月4日東京ドームのIWGPヘビー戦を控え、王者・棚橋と挑戦者・オカダが前哨戦で激突。
 
 棚橋対オカダで試合が始まると、両者への大コールで場内が騒然となる。そんな中、オカダがショルダータックルで先制するが、棚橋がカウンターバックエルボー、フライングボディアタックで反撃。その後、棚橋のランニングサンセットフリップをオカダがかわし、オカダのセントーンを棚橋がかわした。
 後藤対石井の場面。エルボー合戦のあと、ショルダータックルの打ち合いになり、後藤が石井をなぎ倒す。そこから棚橋対石井となり、棚橋が太陽ブローを連射。ところが、オカダが棚橋の背中を蹴ってロープワークを妨害し、石井がラリアットで場外に落とす。すかさずオカダが鉄柵攻撃と串刺しフロントハイキックを見舞い、棚橋は完全に動きが止まってしまう。
 これでオカダ組が棚橋を長時間のローンバトルへ引き込み、オカダが低空ランニングフロントキック、石井がバックドロップなどで追い討ち。しかし棚橋は、ドラゴンスクリューで石井に逆襲し、ようやく後藤とスイッチ。
 その後藤は、ミドルキック3連射、串刺しニールキック、バックドロップで石井に追撃。そして、エルボー連打からラリアットを放つも、石井が相打ちに持ち込み、3発目のラリアットで後藤を倒した。
 棚橋対オカダの場面。棚橋が、フライングフォーアーム、ドラゴンスクリュー、ダイビングサンセットフリップ。すると、オカダがフラップジャックで巻き返し、リバースネックブリーカーの体勢に入る。しかし、脱出した棚橋がグラウンドドラゴンスクリューからテキサスクローバーホールドを極める。
 それでもオカダは、今度こそリバースネックブリーカーで逆襲し、ダイビングエルボードロップからレインメーカーポーズ。そして、レインメーカーを発射するものの、棚橋が回避してドラゴンスープレックスを狙う。これをオカダが阻止すると、棚橋はロープへ走るが、オカダがカウンタードロップキックで吹き飛ばした。
 棚橋対石井の場面。石井がエルボー&逆水平チョップ連射、串刺しラリアット、パワースラム。すると、オカダが乱入してフロントハイキックで追撃し、石井が延髄へのラリアット、オカダがDDT、石井がパワーボムとラッシュをかける。しかし、棚橋が開脚式ドロップキックで石井とオカダに反撃し、直後に後藤が両腕ラリアットでアシスト。そして棚橋が、飛びつきドラゴンスリーパーからのファイナルカットを石井に見舞う。
 続いて棚橋はコーナー最上段にのぼるが、オカダが打点の高いドロップキックで攻撃を妨害し、石井が雪崩式ブレーンバスターからフォール。これは後藤がカットに入り、オカダの顔面にヘッドバットを浴びせる。だが、石井が後藤をラリアットでダウンさせ、棚橋にもラリアットをお見舞い。そこからフォールに入るが、カウントは2。
 苦しくなった棚橋は、ブレーンバスターを着地して突破口を開く。そして、石井を突き飛ばすと、後藤が飛び込んでラリアットを食らわせる。すると、オカダがレインメーカーを仕掛けるが、棚橋が脱出し、直後に後藤が牛殺しを敢行。
 さらに後藤が、プランチャでオカダを分断すると、棚橋がスリングブレイドで石井を倒す。そして最後は、ハイフライフローで決着をつけた。
 
 試合後、大「棚橋」コールが起きると、棚橋がマイクアピールを開始。「新日本プロレスが! 久しぶりに! 秋田に、帰って来たぜーー!!」と絶叫すると、「今日も凄いたくさんの応援、ありがとうございました! 今日で、年内、秋田の大会は最後になりますけど、また来年、絶対ここで会いましょう!」と、ファンに呼びかけた。
 これで場内が再び大「棚橋」コールに包まれ、棚橋がエアギターを開始。いつもの流れで3回の演奏をしただけでなく、4回目、5回目のボーナストラックも敢行。ファンのハートをガッチリ掴み、「秋田の皆さーん!! 愛してまーーす!!」の叫びで最後を締めくくった。

COMMENT

後藤「秋田! 会いたかったぜ! 東京ドームまで、後藤洋央紀は突っ走ります!」
棚橋「肌で感じる、拮抗より押されていた俺のパワーが、五分、いや五分以上に持っていって、前哨戦有利に進めるから。今までの前哨戦とは覚悟が違うから。最後に、秋田最高でした!」
 
オカダ「チャンピオン! 辛そうッスね?! 大丈夫ですか?」
外道「オイ! オマエの限界が見えたよ。ドームまでもつのかオメーは? どっちにしてもな、時間が迫ってるぞ、オイ。1ヶ月を切ったぞ! テメーが落ちるだけじゃねぇんだよ。プロレス界の歴史が変わるんだよ。この日だ。2013年1月4日だ。プロレス界の歴史が変わるぞ。見逃すんじゃねぇぞ」
※石井はノーコメント
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ