NJPW 40th anniversary Tour WORLD TAG LEAGUE 2012

日時
2012年12月2日(日)   15:00開場 16:00開始
会場
愛知・愛知県体育館
観衆
8,500(超満員)

第4試合 時間無制限1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2012』準決勝戦

  • (Bブロック1位チーム)
  • (Aブロック2位チーム)

VS

  • 小島 聡

  • “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

境界線

※後藤&アンダーソン組が決勝進出。
レフェリー|タイガー服部

MATCH REPORT

 先発したのは小島とアンダーソン。小島がショルダータックルでアンダーソンを倒し、自慢の大胸筋をピクピクと動かしてファンにアピール。すると、アンダーソンもショルダータックルで反撃し、大胸筋のアピールもお返しした。
 天山対後藤の場面。天山がカウンターニールキックで後藤の動きを止め、小島とダブルショルダータックル。さらに、天山のヘッドドロップ&小島のエルボードロップという連携に繋ぐ。
 続いて天山が、後藤の急所へニードロップを食らわせ、踏みつけ攻撃、ブレーンバスターで追い討ち。だが、後藤が脱出に成功し、アンダーソンが登場。
 そのアンダーソンは、小島の串刺し攻撃をかわし、ジャンピングフロントハイキックを発射。しかし、小島がかわしてアンダーソンの動きを止め、逆水平チョップ乱射、串刺しジャンピングエルボー、「いっちゃうぞバカヤロー!」からのダイビングエルボードロップ、ローリングエルボー、コジコジカッターと得意技を連発。
 天山対アンダーソンの場面。天山がモンゴリアンチョップ連射、串刺しラリアット、カーフブランディング。しかしアンダーソンは、カウンターゼロ戦キックで逆転。
 天山対後藤となり、後藤がミドルキック3連射、串刺しニールキック、バックドロップ。すると、天山がマウンテンボムで巻き返し、アナコンダバイスを極めるも、アンダーソンがカットに入る。
 次に後藤は、追走式ラリアットで天山をなぎ倒し、やや強引な牛殺しを敢行。それを見た小島がリングに入ると、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックをお見舞い。そして天山にはバックドロップ&リバースガンスタンの合体攻撃を食らわせる。
 続いて後藤が昇天を狙うと、天山がブレーンバスターに切り返す。だが、後藤がうまく着地し、すぐさまロープへダッシュ。しかし、待ち構えた天山と小島がテンコジカッターで迎撃。
 次に、小島が右腕のサポーターを投げ捨て、後藤へラリアットを発射。これはアンダーソンが阻止したものの、小島が標的を変えてアンダーソンにラリアットをヒットさせる。このチャンスに天山は、コーナー最上段からムーンサルトプレスを敢行。ところが、後藤がかわして自爆を誘発。
 さらに後藤は、昇天・改で小島を戦闘不能に追いやり、天山にはラリアットをお見舞い。それでも天山は倒れず、2発目のラリアットを相打ちに持ち込む。だが、後藤が低空ドロップキックで天山を倒し、最後は後藤式で3カウント奪取。
 決勝戦でIWGPタッグ王者・アーチャー&スミスと対決することとなった。

COMMENT

後藤「あと1本! あと1本だ! 頂上は……見えた!!」
アンダーソン「これは偉大な一歩だ。テンコジは最高にグレートなタッグチームだった。でも、俺たちは、その先へ、必ずチャンピオンになる!!」
 
天山「クソ!チキショー!最高の必勝パターンやったけどね、壊されて。チキショー!ホンマに!負けたらなんもないよ。負けたら終わりや。もう1試合やりたかったけど、優勝したかったけど、ここで終わり。しょうがない。負けは負けですよ。でもね、今シリーズ、タッグリーグ、コジと一緒にテンコジやってきて、今年一年をビシッと決めたかった。できなかったけども、これで終わりか、どうかわかんない。もうないかもしれないけど、わかんないね。優勝できなかった。悔しいね、ホンマに」
——テンコジとしてタッグリーグ戦は、負けられない闘いだったと思いますが?
天山「いやぁホンマに、ベルトも獲られて、もう失うものは何もないっていう。タッグリーグで優勝しか考えられなかったしね、優勝獲りたかった。でもとにかく、勝負に勝ちたかった。計算狂ったね」
小島「スゴク、結果としては残念な結果になってしまいました。テンコジとしてやってきたこの1年間を、証明したい、証明しなければいけないリーグ戦だと思ったんですが、こういう結果で終わり、非常に残念です。ですが!このリーグ戦終わってみて、今すべてが終わった率直な感想は、俺はそれだけの凄いタッグチームの中の一員に入っていたと思うし、このタッグリーグに出れたこと、とても俺は誇らしいと思う。これだけの選手、これだけのチームの中で、闘えたことは誇りに思ってます。凄く残念だけど、でも、なんかテンコジが見せたかった、テンコジがやりたかった闘いっていうのは、このリーグ戦でできたと思うし。残念ながら、優勝には届かなかったけど、ここまで、今日の最終戦まで、こうやって何か可能性を感じさせる闘い、それをファンの方に見せれたことは、『やっぱ俺達は一年間組んで来てよかったな』と、そう思いました」
——テンコジの王者返り咲きを期待してる部分も強いと思うが?
小島「そういうのもあるけど、ちょっと今は、何も考えることができないんでね。これ負けたばっかりなんでね。ただ思っている以上に前向きだった。終わった瞬間、いま負けた瞬間に思ったことは、全然後ろ向きな気持ちはこれぽっちもなかった。それはまだ俺達テンコジが、テンコジであり続ける理由があると思ったからだと思います。この先どうなるかわからないし、このリーグ戦が終わって、来年2013年のテンコジっていうのがどうなるか全くわからないけど、ずっと心の繋がりがあるっていうことだけが、逆にこのリーグ戦があって、再確認できたと強く思いました。ありがとうございました」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ