NEVER

日時
2012年11月15日(木)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・SHIBUYA-AX
観衆
250人

第9試合 無制限1本勝負
「初代NEVER無差別級王座決定トーナメント」1回戦

VS

境界線

※田中選手が2回戦に進出。滝澤選手との対戦が決定。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 KUSHIDAが素早い動きで攻め込み、バズソーキックを発射。だが、田中がかわして腕を取る。
 しかし、KUSHIDAが腕を取り返して反撃し、田中の手をマットに叩きつける。そして、側転からの低空ドロップキックで追撃。
 さらにKUSHIDAは、ハンドスプリングエルボーを繰り出すが、田中がかわしてラリアットで逆転。これで乱闘となり、田中が場外マットの上でボディスラムを連発。
 リングに戻ると、田中が羽折り固め、ニードロップ、逆水平チョップ、逆片エビ固め、エルボー連打、ジャンピングエルボーアタックと猛攻を見せる。しかし、KUSHIDAが2発目のジャンピングエルボーをカウンタードロップキックで迎撃。さらに、スイングDDTを阻止してハイキックで田中を場外に落とし、トペコンヒーロをお見舞い。
 KUSHIDAの攻撃は続き、スワンダイブチョップ、カウンターバックエルボー、アームホイップ、その場飛びムーンサルトプレス、トップローを支点にしたサマーソルトキック、エプロンからの延髄斬り。そして、コーナー最上段から追撃を狙うも、田中が追いかけて雪崩式ブレーンバスターで逆転。
 続いて田中は、串刺しラリアット2連発、カウンターラリアットで追い討ちをかけ、パワーボムからフォールに行くも、カウントは2。すると田中は、コーナー最上段からスーパーフライを敢行するが、KUSHIDAが両膝を立ててブロック。
 さらにKUSHIDAは、低空ドロップキック、ジャーマンスープレックスホールド、ムーンサルトプレスで追撃。そして、ミッドナイトエクスプレスを敢行するも、田中にかわされて自爆してしまう。
 それでもKUSHIDAは、スライディングラリアットをかわして田中を丸め込み、ラリアットを回避してジャパニーズレッグロールクラッチホールドを繰り出す。だが、いずれもクリアした田中が、カウンターエルボーでKUSHIDAの追撃を断ち、左右のエルボー連打、バックブロー、垂直落下式ブレーンバスターとラッシュ。
 苦しくなったKUSHIDAは、再びスライディングラリアットをかわし、ハンドスプリング式ニールキックで反撃。だが、田中がカウンターラリアットでなぎ倒し、スライディングDで完勝を収めた。

COMMENT

田中「昨日も言った通り、『5〜6人のメンバーで争えばええ』言うたやろ?俺が言ったのと、だいたい同じやろ?せやろ?順当なかんじやろ?だから、次、優勝するまで、3つ勝たなアカンやろ?それやったら、人数半分にして、今日2試合、次2試合やっとったら、楽やったやろ?俺、絶対いくから、決勝まで。もちろん、今日勝ち上がってね、3試合、次はやるつもりで、それまで体調整えるから。今日もチャッチャと終わらせようと思ったけど、意外と粘るから。向こうも、ジュニアのチャンピオンになって、初めての試合やろ?それで、気合入ってたのかもしれへんけど。ま、俺から言わせれば、順当な結果。次誰だっけ?」
——滝澤選手です。
田中「あのデカいヤツね?ま、デカいやつ、日本人で、あれくらいの体持ってるヤツっつうのは、数えるくらいしかおらんと思うけど、アイツがインディーの中の“怪物”くらいの大きさやったらね、ウチにも佐藤耕平っていう、大きな人間と、ほぼ毎回のように闘っとるからね。全然身長の差とか、体重の差とか、全くもって、気にしねぇ。勝ち上がって、その次に誰がおるか、またその次に誰がおるか、誰が来んのか、それを19日までに、自分の頭ん中で、楽しみに思い描いてるよ。ま、俺が思うようになるかどうかわからんし、でも、いろんなもの想像して、イメージトレーニングやないけども、誰がくんのかを楽しみに、19日迎えるわ」
 
KUSHIDA「田中将斗がいう“5人”に、入っているのか入っていないのか、どうだっていいよ。どうだっていい。ただ俺は、そうやって、言われて、その悔しさをバネに、一歩一歩、上を目指した結果、IWGPに到達したんだから、登れない山はないッスよ。階段を昇り続けますよ」
 
内藤「リニューアルした『NEVER』ということで、今回、第一回目だったんですけども、『リニューアルしてどうなったか?』っていったら、『こうなります!』というのが出ているわけではないで、今日出てきた選手一人一人が、“こういう『NEVER』にしたい”とか、そういう想いを持って試合してたんじゃないかなぁと、全試合観て思いました。リニューアル1発目ってことで、もうちょっといっぱいお客さんが来てくれるかな?ってちょっと期待してたんですけど、そのへんも、これからの課題として。この渋谷AXから始まったっていうのは変わらないんで、ここを聖地というか、ここをフルハウスにすることを目標にしつつ、この先後楽園ホールであったり、夢は大きく両国(国技館)であったり、東京ドームであったり。そのぐらいまで、無差別級の闘い、普段の新日本とは若干違う闘いを、そのぐらいのレベルまでもっていけたらなぁと思ってます。実際試合してない俺が言うのもなんですけど。それぐらいの気持ちでみんなも闘ってると思うんで。大きい夢をもって、次は19日月曜日、またこの会場に来たいと思います」
——田中選手は「5〜6人の闘いになる」とキツいこと言っていましたが?
内藤「『なんとなく参加したくて来ました!』っていう人間がいたら、それは削るべきですけど、みんなそれぞれ、あのベルトを狙ってきて、ここで夢掴むんだっていう気持ちで、上がってきたと思うんで、決勝まで考えると正直シンドイですけど、こんだけの人数が集まったってことは、俺は嬉しく思います」
——高橋広夢選手が一回戦で敗れてしまったが?
内藤「ずっとプロレス教えてきてたんで、今回このトーナメントで一番注目してたんですけどね。高橋広夢には。どうなんでしょう?気持ちとしては、勝ち上がってほしかったけど、負けてまた何かそこで感じて、這い上がってくれればいいんじゃないかなと」
——高橋裕二郎選手には?
内藤「負けちゃいましたね。今日のトーナメントの中で、一番、高橋裕二郎対カール・アンダーソンっていうのが、お互いに崖っぷちというか、今までの勢いが負けた方が死んでしまうんじゃないかみたいな、結構重要な試合だったんじゃないかなぁと、個人的に観てたんですけど。そんなとこですね。一番、高橋広夢以外で気になったのは、先シリーズから常にコメントを出し続けてた、石井智宏。なんか、一番やる気を感じるというか。なんだかんだ言いながら、この闘いに懸けてる気持ちっていうのが凄い伝わってきたんで、CHAOSではありますけど、19日は、俺個人的には、石井智宏に注目してしまうなと」
——内藤選手個人では、ヒザの手術から今の状態はいかがですか?
内藤「順調で、私生活はほぼ問題ないくらいまで回復しました。ただ、運動とかになると、まだ全然一般レベル以下ですね、現在は。見た目は元気なんですけど、ヒザは実は(試合に出るレベルには)回復してないっていう状況ですね。あとは安静にするしかないので、あと何ヵ月かじっと我慢するしか、今は方法がない状態です」
——リング上では「半年」と言っていたが?
内藤「そうですね、早くて半年。遅くても9ヵ月という言われ方をしてました。10月16日に手術したんで、早ければ4月、遅くても7月には帰ってこれるかなっていう感じです。ただもう、だいぶ試合から離れちゃったんで、自分の中でも、こう燃えてこないっていうか、前にいた場所とは思えないぐらい、リングがすごく遠く感じるので、いま現在は、“復帰する自分の姿”っていうのが想像できないですね」
——『NEVER』の“N”は、内藤の“N”だったのでは?みんなも期待してた人も多かったと思うが?
内藤「そうですね、自分自身でも、期待してました。『あのベルトを巻かなきゃいけない』とか。今日のこの大会も、俺が締めるべき大会なんだと思ってたし。非常に悔しさが残りますけど。課題がいっぱいありますけど、観客動員だったり、いろいろありますけど、俺には可能性がすごく見えた大会だったなと思うんで。『NEVER』が新たな一歩を踏み出せたかなと。早く俺も『NEVER』に上がりたいッスね」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ