NJPW 40th anniversary POWER STRUGGLE

日時
2012年11月11日(日)   16:00開場 17:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
6,600人(超満員札止め)

第9試合 60分1本勝負
トリプルメインイベントIII IWGPヘビー級選手権試合

  • (第58代王者)
  • (挑戦者)
※棚橋が5度目の防衛に成功。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 棚橋がヘッドロックで先制すると、高橋が噛みつき攻撃で逆転。だが、棚橋はアームホイップで高橋を投げ、ショートレンジドロップキックをお見舞い。
 すると高橋が、顔面攻撃で流れを変え、ヘッドロックをお返しする。しかし、棚橋がニークラッシャーで動きを止め、膝裏へのタックル、監獄固めで追撃。
 棚橋の攻勢は続き、高橋の脚をロープにかけてのレッグロック。しかし、高橋が棚橋をコーナーに激突させ、パワーボムホイップでもう1度コーナーに叩きつける。
 さらに高橋は、ラリアットで棚橋を場外に落とし、鉄柵攻撃&串刺しフロントハイキック。そして、リングに戻ると、ラリアット、フロントスープレックス2連発、羽折り固め、マウントエルボー連射、顔面攻撃などで棚橋を追い詰める。
 しかし棚橋は、チョップで高橋に抵抗し、フライングフォーアームで逆転。さらに、エルボースマッシュ連打、カウンターバックエルボー、コーナー2段目からのフライングボディアタックで追い討ちをかける。
 苦しくなった高橋は、棚橋を突き飛ばして場外に落とそうとする。そして、ロープを掴んで坂上がりした棚橋のバックを取るが、脱出した棚橋がドラゴンスクリュー。これで高橋が場外に落ちると、ボディアタック式ハイフライフローで押し潰す。
 リングに戻り、高橋がカウンターでアバランシュホールドを狙い、棚橋に抵抗されるとパワーで持ち上げて前方に叩きつける。そして、場外に落ちた棚橋にトペスイシーダを見舞うと、特設花道上でフィッシャーマンバスターを敢行。
 リングに戻った高橋は、雪崩式フロントスープレックス、フィッシャーマンバスターで追撃。だが、次の東京ピンプスは棚橋が脱出し、高橋の蹴り脚をキャッチ。そして、軸脚に低空ドロップキックを浴びせ、ドラゴンスクリュー、テキサスクローバーホールドに繋ぐ。
 劣勢の高橋はラリアットを放つが、回避した棚橋がスリングブレイド、TWELVE SIXで追撃。そして、ハイフライフローでダイブするも、高橋が受け止めてユウジロウズリフトで逆襲。すると、棚橋がエルボー&太陽ブロー&エルボースマッシュで巻き返すが、高橋がカウンターラリアットでなぎ倒し、インカレスラムで叩きつける。
 続いて高橋は、ムーンサルトプレスで棚橋を押し潰してフォールに行くが、カウントは2。次に高橋は、東京ピンプスをさく裂させてフォールするが、これも棚橋が返す。
 すると高橋は、ぶっこ抜きジャーマンの体勢に入るが、棚橋が脱出してグラウンドドラゴンスクリュー、カウンター低空ドロップキックで逆転。そして、ダルマ式ジャーマンでフォールするも、高橋がカウント1で返してラリアットからフォールに行く。しかし、棚橋もカウント1で跳ね返し、すぐさまスリングブレイドを敢行。
 それでも高橋はラリアットを発射するが、棚橋がかわし、左右の張り手を連射。高橋も応戦するものの、棚橋が打ち勝つ。そして、ドラゴンスープレックスホールドで勝負に出るが、カウントは2。
 ここで棚橋はコーナー最上段へのぼり、立ち上がった高橋をボディアタック式ハイフライフローでなぎ倒す。そして最後は、旋回式ハイフライフローで決着をつけた。

COMMENT

※キャプテンが1人で棚橋を迎えて、拍手。
——防衛おめでとうございます。今回は、前哨戦を含めて、かなり追い詰められたと思いますが?
棚橋「ありがとうございました。長い……。俺にとって、とれも長い長い1ヶ月でした、ウン」
キャプテン「(小声で)先に乾杯しましょうか?」
棚橋「キャプテンから先に乾杯をしましょうと……」
——お願いします。
キャプテン「棚橋クン! 防衛おめでとう!!  カンパーイ!!」
棚橋「カンパーイ!!  ん? ……二人?」
キャプテン「また、二人だな?」
棚橋「ヨシ、がんばろうぜ! (退出するキャプテンを呼び止めて)キャプテン! 次、がんばろうな?」
※ 二人は ガッチリと握手。
——あらためて、「長く」感じた理由は?
棚橋「裕二郎の、マイク攻撃ですよ。揺さぶられて、精神的にね? ま、自分でその話題を出さないようにしてきたわけじゃないけど。いままで、正面からぶつかったことがなかったのかなって。ただ、今回ね、裕二郎がどういうかたちであれ、俺の前に過去の問題を出してきて、いずれぶつからないといけないんだったら、いまかなって。いろいろ巻き込んだけど、またね、今日を境にね、また一歩づつ行きますよ、人生をね」
——すべてを背負って、乗り越えたわけですよね。
棚橋「下からの突き上げもすぐそこまで来てますけど、まだまだ時代は譲らないっすから」
——試合の直後に、オカダ選手が上がってきました。
棚橋「あんなヤツ、見たことねーよ。この1年足らずで……出世頭だな? そして会場の反応を見てもわかるように。ちゃんとみんな付いてきている。なんだろ? この追われる者のモノ悲しさっていうか。そういうのもあるけど、まだまだ譲らないっすね」
——オカダ選手、今年の1.4では大ブーイング、今日は大声援でした。
棚橋「いや、新日本にとっては、いいことですよ、ウン。ただこのまま、あの出世頭にポーンと行かれたら、完全に時代が変わっちゃうから。エース交代だから。なんとしてもね、負けたくないっす」
——「IWGPは遠いぞ」という言葉をもう一度、繰り返したのは?
棚橋「自分にウソついたままじゃ終わらないから。『IWGPは遠いぞ』と言って、すぐ獲られちゃったから。今回こそは、自分の言葉に責任を持って、次、闘います」
——では、1.4東京ドームに向けて。
棚橋「おそらく! 1.4東京ドーム、オカダになると思うけど、俺は必ず、このベルトを守ります!」
——この喜びを誰に伝えたい?
棚橋「……。そうですね。いろいろ家族に迷惑をかけてしまったんで、いろいろ巻き込んでしまったんで。『ベルト、防衛したよ』と、嫁さんに報告します(笑顔で)」
 
高橋「いまの試合のことは、もう言わないで。終わったことだから。過去あったことを、振り返って、悔やむことほど、無意味なことはないからよ。そうだろ?時間の無駄だよ。いま終わったこと、振り返る?反省する?悔やむ?無意味なことだよ。この過去の失敗も、成功も、ただの“出来事”だよ。それを教科書にして、未来の成功率を上げていく。それが俺の生き方だ。決めたよ!アイツの、棚橋弘至、来年一年間で、あのポジションから、俺が引きずり落す!決めたよ。そして俺が、アイツのいる場所より、もっと上に行ってやるよ!これマジ!!」
 
オカダ「よし!」
外道「さあ、見せてやろうか?(と言ってブリーフケースから権利書を出す)入ったぞ、ここに!“オカダ・カズチカ”って入ってるな?! オメーにとってよ、非常に深刻な事態だな?! 相手がよ、プロレス界始まって以来の“本物”でよ!レベルの違う男だからな!テメーの時代は、1月4日で終わりだ!レインメーカーの時代だ!今までの活躍はよ、ただのお遊びだよ。“本物”が始まるのはよ、2013年、1月4日!そっから、本物のレインメーカーの時代だ」
——今年の1月4日東京ドームと同じようなセリフを、棚橋選手にぶつけ、そして棚橋選手から返ってきました。ただ、周りの反応が全くあの時とは違ったように思うのですが、そのあたりどうでしょう?
オカダ「とくにありません(と言って控室へ)」
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ