NJPW 40th anniversary Tour Road to POWER STRUGGLE

日時
2012年11月2日(金)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
1,800人

第7試合 無制限1本勝負
「Super Jr. Tag Tournament」決勝戦

VS

境界線

※シェリー&KUSHIDA組がトーナメント制覇。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 握手のあと、先発したデヴィットとKUSHIDAが互角の勝負を展開。そこから田口対シェリーとなり、シェリーがニールキックで田口をダウンさせ、腰をグラインドさせて挑発。
 デヴィット対KUSHIDAの場面。クイックタッチを駆使した腕攻撃から、田口の低空ドロップキック、デヴィットの低空ドロップキックが立て続けにヒット。その後もデヴィットと田口は、徹底した腕攻撃でKUSHIDAを攻め立てる。
 さらにデヴィットと田口は、ダブルカニばさみからダブル低空ドロップキックを発射。しかし、KUSHIDAがかわし、両腕ラリアットで逆襲。その直後、シェリーがデヴィットをコーナーからの飛び蹴りで吹き飛ばし、田口にはマンハッタンドロップ、フライングボディアタック。さらに、デヴィットを踏み台にし、田口をスイングDDTで叩きつける。
 その後、シェリーとKUSHIDAが連携攻撃で田口に追い討ち。続いてKUSHIDAが、ハンドスプリング式ヒールキックでデヴィットを場外へ落とし、トペコンヒーロで分断。そして、シェリーがオートマティックミッドナイトからフォールに行くも、カウントは2。
 KUSHIDA組の攻勢は続き、ダブル串刺しバックエルボー、KUSHIDAを踏み台にしたシェリーの串刺しジャンピングエルボー、KUSHIDAのその場飛びムーンサルトプレス&シェリーのフロッグスプラッシュが次々とさく裂する。しかし、その背中にデヴィットがダイビングフットスタンプを食らわせた。
 デヴィット対KUSHIDAの場面。いきなりデヴィットがラリアットを放つが、KUSHIDAがハンドスプリングエルボーで報復し、串刺しダブルニーアタックで追撃。しかし、デヴィットが追走式串刺しドロップキックで巻き返し、ドリームキャストからブラディサンデーを狙う。だが、KUSHIDAが回避し、ジャパニーズレッグロールクラッチホールド。
 さらにKUSHIDAは、ムーンサルトプレスからフォールに行くが、デヴィットがキックアウト。すると、KUSHIDAの串刺しダブルニー&シェリーの延髄斬りというサンドイッチ攻撃が決まり、2人がI-94を仕掛ける。だが、田口がリングに入り、ラリアットでKUSHIDAを吹き飛ばす。そして、デヴィットがシェリーを振り払い、背中にダイビングフットスタンプを投下。
 田口対KUSHIDAの場面。田口がミサイルキックでシェリーを蹴散らし、どどんからKUSHIDAをフォール。だが、カウントは2。すると、田口とデヴィットは合体技ブラックホールバケーションをさく裂させるが、KUSHIDAがフォールを跳ね返す。
 次に田口とデヴィットは、ブラックサンデーを狙うが、シェリーがカット。そして、KUSHIDAが前方回転エビ固めで巻き返し、シェリーがトラースキック、スライスブレッドで田口に追撃。さらに、KUSHIDAとシェリーのダブルバズソーキックから、KUSHIDAがドラゴンスープレックスホールドで3カウントを迫る。
 そして、シェリーがトペスイシーダでデヴィットを分断すると、KUSHIDAがミッドナイトエクスプレスから田口をフォール。これは何とか返した田口だったが、最後は合体殺法I-94が火を吹き、ついにKUSHIDAが3カウントを奪取した。

COMMENT

KUSHIDA「大丈夫?」
シェリー「イエス!」
KUSHIDA「ありがとう!」
シェリー「ありがとうバディ!俺達手に入れたぞ」
KUSHIDA「やっと獲れた!最後にね、初めて田口隆祐から1本獲れたっていうのが、まぎれも無く、新日本プロレスに来てくれた、アレックス・シェリーのサポートのお陰です。ありがとう」
シェリー「2ヵ月前に新日本プロレスに来て、これは俺にとってビックチャンスだった。この国が好きだし、この会社も好きだ。先月俺は前歯が欠けてしまった。2戦目で歯を失ってしまった。今日の闘いは俺達にとって、とても重要な闘いだった。それに勝つことができて、本当に嬉しい。ありがとうございました」
——この2人で、初めてタイトルを獲ったということになるが、今の心境は?目指すものは?
KUSHIDA「僕自身も、新日本プロレスに入って、だいぶ経ちますけど、初めてタイトル獲れた。スゲー長かったですね。さっきも言いましたけど、このタイムスプリッターズは、今までのみんなが思ってる価値観、そして僕自身が自信なくて、『まだいけないんじゃないか?』とか、そういう弱い部分を全部ブッ壊して、あと観てるお客さんの、なかなか新日本プロレス来て、パートナーもいなくて、ポジションが定まらない中、生え抜きじゃないから応援しづらいとか、そんな甘いリングじゃないっていう、そういうみんなが思ってるもの、全てブッ壊して、二人で新しいものを創りたいですね」
——タイムスプリッターズの新しい時間軸は動き出したと思ってよい?
KUSHIDA「もう今日勝った時点で、新日本プロレスは、まだシングルはこの間負けたばっかりですし、そう遠くない未来でしょう。タッグに関して言えば、僕らの時間で、いま新日本プロレスのジュニアは、新しい時間のスタートを切りました。これ、間違いないですね」
——ファンが期待するのは、フォーエバーフーリガンズとの闘いになると思いますが?
KUSHIDA「そうですね、僕が2年前に、全然メシ食えない時にカナダにいて、YouTubeでモーターシティマシンガンズとApollo55の試合を見て、『スゲーいいことやってんな』と思って、凄いジェラシーだったですね。今日その場にいれたことが、凄い奇跡に感じるし、時間の流れの速さ、そして1日1日を無駄にしなければ、そこに立てるんだってことをね、自分自身証明できたかなって。あとは、やっぱりジュニアのタイトルマッチだと、どうしてもこういう時しか、メインイベント取れないので。こうやって口で言ってても、始まらないので、僕らが速く大阪でチャンピオンになって、結果と内容を残して、地位をグググっと押上げたいですね」
シェリー「俺達はタッグチームとして近いうちにタイトルを獲ると思う。そして将来的には、日本だけでなく世界中で活躍していきたいと思ってる。様々なタイトルを、アメリカ、カナダ、その他世界中で狙っていきたい。そしてディフェンディングチャンピオンとして王者であり続けたいと思っている。俺たちにはそれができると知っている」
KUSHIDA「俺もそう思う。アレックス・シェリーの知名度と実力っていうのは、僕がカナダのどインディーにいた頃に一番身にしみてわかっていますので。親友なんでアレですけど、最大限利用して、二人で僕の大好きな旅行に、プロレスで世界中を旅したいですね。これはマジですよ」
——改めてKUSHIDA選手にとって、アレックス・シェリー選手はどんな選手ですか?
KUSHIDA「一番は“先生”であり、“憧れの存在”であり、そして新日本プロレスに来て“大親友”ですね。今日もリング上で僕が何回も死にそうなところを、何回も体でサポートしてくれて、言葉でもサポートしてくれて。本当にこれ以上のパートナーは(いない)。ホントよく見つかったなって。奇跡ッスね」
——KUSHIDA選手についてどう思っている?KUSHIDA選手は“先生”だといっているが?
シェリー「先生?(笑)同じ歳だよ?! 初めてKUSHIDAに会った時、彼がカナダに来ていて、同じ道場で、同じ先生で、プロモーションで出逢った。テクニック、スピード、どれをとっても、俺はKUSHIDAをとてもいいレスラーだと思った。その時TNAにも誘いを受けたが、俺は日本に来た。俺はKUSHIDAとタッグチームを組むことが、ベストで、チャンスなんだと思った」
KUSHIDA「嬉しいですね!ホントに。こんなところに俺のパートナーがいたとは。TNAでスーパースターだったので、『タッグパートナーになりたいな』とも思ってなかったし。ちょうど僕もパートナー探してましたし。こういうことってあるんですね」
——タイムスプリッターズの今後の新しい時間軸に期待します。
KUSHIDA「ありがとうございます。乾杯しよう!サンキュー!(と言って、KUSHIDAとシェリーはお互いにビールを掛け合った)」
シェリー「いい感じだ!いい感じ!」
KUSHIDA「いやぁ!ビールかけ、初めてやった。(目が)ヒリヒリする!こんな感じなんですね。次はチャンピオンベルトの味を味わいたですね」
シャリー「イエス!次は大阪で乾杯だ!」
——賞金の使い道は?
シェリー「ニンテンドーWii」
KUSHIDA「ゲーマーなんで、ゲーム買いたいそうです。そうだな?何に使おうか?世界中を旅行したいね!シェリーの家に行こう!」
シェリー「OK!レッツゴー!」
KUSHIDA「世界中のインディペンデントは周りたいですね」
シェリー「本物の時計は?」
KUSHIDA「キンキラキンのいい時計を買います!」
 
田口「……優勝できなかった。ここまで来て、負けたのは、1回戦で負けたのと同じですよ(無念そうに肩を落として)」
デヴィット「(田口の肩を叩いて)シェリーは、非常に才能のある選手だ。モーターシティマシンガンズのころから素晴らしかったが、TNAから新日本に来て、さらに輝いている。そして、パートナーのKUSHIDAは若くてとてもハングリー。IWGPジュニアタッグの挑戦者にふさわしいチームじゃないか? 今日は、おめでとうと言おう。でもね、ボクたちApollo55は必ず、タッグ戦線にカムバックしてくるよ」
田口「このApollo55が過去のものにならないよう、いまをときめかないといけませんから。もう一度、Apollo55をチャンピオンに返り咲いて、もう一度、時代を築きますよ」
デヴィット「タグチ、今日はサンキュー。また、一緒にやっていこう!」
※笑顔で握手
 
ロメロ「KUSHIDA!アレックス・シェリー!大阪で俺達がオマエらをブッ潰してやる!2度目だ!フォーエバーフーリガンズは、いつでもチャンピオンだ!」
コズロフ「俺達は再びオマエらをブッ潰す!俺達がトップだ。俺達がベストだ。このベルトは俺達が持ち続ける」
ロメロ「ライガー!タイガーマスク!タイムスプリッターズを下したら、次はオマエらだ。俺達は、オマエらのマスクを髪の毛が欲しい!」
コズロフ「ノンタイトルマッチだ。タイトルを懸けてではなく、オマエらのマスクと髪の毛を懸けてだ!」
ロメロ「フォーエバーフーリガンズは永遠にチャンピオンだ!フォーエバー!エンドエバー!」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ