NJPW 40th anniversary KING OF PRO-WRESTLING

日時
2012年10月8日(月)   16:00開場 17:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
9,000人(満員)

第3試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合

  • (第64代王者)
  • (挑戦者)

VS

境界線

※ロウ・キーが第65代王者となる。
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 序盤、両者がスタンディングで向き合い、キックボクシングのような攻防を見せる。そこから飯伏が左右の掌底を連射して行くが、すべてブロックしたロウ・キーがショルダータックル。
 さらにロウ・キーはラリアットを放つが、飯伏がかわしてヘッドシザースホイップ。これでロウ・キーを場外に落とし、コーナー最上段へ駆けのぼる。ところが、ロウ・キーが背後から突き飛ばし、大きく吹き飛んだ飯伏は鉄柵に激突してしまう。
 リングに戻り、ロウ・キーがエルボー連射、フライングメイヤー、背中へのローキック、ボディシザース、踏みつけ攻撃、エルボースマッシュ、ローリングソバット、ブラジリアンキックなどで一気に攻め立てる。
 しかし、飯伏が強烈なミドルキックで逆襲し、ロウ・キーを後退させる。だが、ロウ・キーはなおもボディシザース、コブラツイストを極め、飯伏を悶絶させる。
 苦しくなった飯伏は、ショルダースルーでロウ・キーをエプロンに追いやり、ロンダート式のバク宙キックで場外に落とす。そして、コーナー最上段からのムーンサルトアタックで追い討ち。
 リングに戻った飯伏は、ミドルキック、その場飛びシューティングスタープレス。続いてのパワーボムは不発に終わったものの、すぐにジャーマンスープレックスホールドに繋げる。
 さらに飯伏は、ムーンサルトムーンサルトを繰り出し、ロウ・キーの回避行動を読んで安全に着地。ところが、その直後にロウ・キーが強烈なドロップキックで逆転。
 それでも飯伏はドラゴンスープレックスを繰り出すが、ロウ・キーが着地してその場飛びフットスタンプ。しかし飯伏は、ロウ・キーをコーナーに激突させ、その場飛びカンクーントルネードで追撃。さらに、パワーボムホイップで後頭部をコーナーへ叩きつける。
 次に飯伏は、コーナー最上段にのぼるが、ロウ・キーが起き上がってハイキックで脚を払う。そして、自らコーナーへのぼると、トップロープからの雪崩式キークラッシャーで勝負を決めた。
 
 試合後、プリンス・デヴィットが登場し、ホームリングの新日本プロレスでロウ・キーに挑戦することを表明。
 これに対してロウ・キーは、自分が田口隆祐、KUSHIDA、飯伏を倒した世界のナンバーワンであると主張。そして、「ナゼダカワカルカ?セカイノセンシデスカラ!」と日本語で絶叫し、両者は至近距離で睨み合った。

COMMENT

 
ロウ・キー「みなさん、ロウ・キーの時代へようこそ。ロウ・キーの時代がやってきた。俺はいつも、『俺がナンバーワンだ』と言ってきた。そして今や、(IWGPジュニアヘビー)ベルトもこの手の中にある。誰でも挑戦したいヤツはかかってこい。俺はTNAや、WWEでも活躍し、そして新日本でも再びチャンピオンとなった。でも、俺の目の前に1人のライバルが現れた。デヴィットだ。去年に関して言えば、彼の活躍は素晴らしかったかもしれない。でも、今チャンピオンであるのはこの俺だ。俺はどうやってデヴィットに勝つのかを知っている。挑戦してくるのは、いいだろう。でも、わからせてやる。俺が強いということを」
——飯伏選手に関して、どんな感じでしたか?
ロウ・キー「今日はイブシに対して、チャレンジャーの立場で臨んだ。前は負けたということだ。でも俺は2回同じ失敗はしない。今日彼に勝って、俺がチャンピオンだ。なぜ俺がチャンピオンかわかるか?世界の王者です。そして、世界の戦士です!今日は東京、両国でパーティーだ!(と言ってビールを一気飲み)」
 
飯伏「(頭を押さえて)……クッソ。ダメでした……すみません。いや〜……。わかんなくなりました。自分が何をしてるのか? スタイルチェンジとかいろいろしたんですけど、わかんないっすね。チェンジできてない。わかんないすね、なんでか。いや〜、短期間で自分のところのベルトも、IWGPジュニアも失って、凄い調子よかったんすけど、ダメでした。いや、でも、でも、あきらめないっす。まだまだ、やりますよ。いつでも。負けたけど、あきらめてないっす」
——武道館のケニーとの試合がチェンジのきっかけ?
飯伏「あの次は、違うスタイルでと思ったんですけど、わかんないす。今日、出せたのかわからないです。なんでかわからないっす。いや〜、でもリマッチ。できれば。やりたいっす。あきらめきれないっす。ただ、今日はダメだった。期待に応えられなかったのがダメでした。くやしいです。リベンジしたいです」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ