カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS NJPW 40th anniversary Tour G1 CLIMAX 22 〜The One And Only〜

日時
2012年8月12日(日)   14:00開場 15:00開始
会場
東京・両国国技館
観衆
11,500人(超満員札止め)

第9試合 時間無制限1本勝負
G1 CLIMAX 22 優勝決定戦

VS

境界線

  • Aブロック1位
    5勝3敗=10点
  • Bブロック1位
    5勝3敗=10点
※オカダ・カズチカがG122を制す。
レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 試合開始前、『G1 CLIMAX 22』スペシャルサポーターのDAIGOさんが登場し、大歓声を浴びる。次に、オカダ、アンダーソンの順で入場し、声優ユニット・ミルキィホームズの三森すずこさん、橘田いずみさんが、両選手へ花束を贈呈。そこから両国国歌の斉唱となり、DAIGOさんが「君が代」を熱唱した。
 
 試合開始直後から大「アンダーソン」コールが巻き起こる。そんな中、オカダがショルダータックルで先制し、いきなりレインメーカーを仕掛ける。それをアンダーソンがかわし、ガンスタンを狙うが、今度はオカダが回避した。
 その後、エプロン上での攻防となり、アンダーソンがジャンピングフロントハイキック。さらに、アームブリーカーでオカダの腕をトップロープへ打ちつける。これで場外戦となり、アンダーソンがオカダの腕を鉄柵へ叩きつける。さらに、リングへ戻ると、ジャンピングニードロップやキックを腕に集中させる。
 劣勢となったオカダは、アンダーソンをコーナー最上段へ乗せ、ドロップキックで場外へ転落させる。そして、鉄柵を悪用し、アンダーソンの首にダメージを蓄積させる。
 さらにオカダは、アンダーソンの首をエプロンから外に出し、DDTを敢行。深手を負ったアンダーソンは、カウント19で辛うじてリングへ戻る。しかし、オカダが低空ランニングフロントキック、DIDで追撃。
 だが、アンダーソンは逆水平チョップでやり返し、追走式の串刺しジャンピングフロントハイキックで逆転。さらに、「ゴメンナサーイ!」と叫んでのセントーン、カウンターゼロ戦キックに繋げる。
 続いてアンダーソンは、スピニングガンスタンへ行くが、オカダが回避してフロントハイキックで反撃。そして、クロス式ネックブリーカー、ボディスラム、ダイビングエルボードロップで追撃。
 次のレインメーカーは阻止されたオカダだったが、すぐにフラップジャックで巻き返し、DIDで絞り上げる。しかし、アンダーソンはロープエスケープ。
 両者へのコールが交錯する中、オカダがツームストンパイルドライバーを仕掛ける。しかし、阻止したアンダーソンがスピニングスパインバスターで逆襲。そこからコーナー最上段にのぼるが、オカダが捕まえてリバースネックブリーカーの体勢に入る。しかし、アンダーソンがさらに体勢を入れ替え、ランニングパワーボムを敢行。そして、もう1度コーナー最上段にのぼると、今度こそダイビングリバースガンスタンをさく裂させる。
 続いてアンダーソンが串刺し攻撃に出ると、オカダがかわして自分が串刺し攻撃に行く。これをアンダーソンがさらにかわしてジャンピングフロントハイキックを放つも、オカダ回避してフロントハイキックを発射。そして、今度こそリバースネックブリーカーで叩きつけ、ヘビーレインからフォールに行くものの、カウントは2。
 するとオカダは、ツームストンパイルドライバーを仕掛けるが、アンダーソンが抵抗。その後、オカダはコーナー最上段にのぼるも、アンダーソンがジャンピングハイキックを浴びせる。
 そこからコーナー上での攻防となり、競り勝ったアンダーソンが雪崩式スピニングガンスタンの大技を決める。しかし、フォールはオカダがギリギリでキックアウト。するとアンダーソンは、バーナードライバーでオカダに大ダメージを負わせる。そして、大コールを受けてガンスタンを仕掛けるも、オカダが突き飛ばしてカウンタードロップキックで逆襲。
 ここから両者はエルボー合戦を展開し、アンダーソンが連打で押し込む。しかし、オカダがエルボースマッシュ3連打で巻き返し、ロープへダッシュ。ところが、アンダーソンが追走してガンスタンに行く。
 すると、オカダが回避してレインメーカーを仕掛けるが、アンダーソンがかわしてなおもガンスタンに行く。これもオカダが回避すると、アンダーソンはフロントハイキックをヒットさせる。
 ところが、その直後にオカダが後ろからショートレンジドロップキックを食らわせ、ツームストンパイルドライバーで追撃。そして最後は、レインメーカーで決着をつけた。

COMMENT

オカダ「(小切手を見ながら)戻ってきましたね」
外道「レインメーカーが降らせた雨だ」
オカダ「しっかり回収しました」
外道「でもまだ足んないけどな」
オカダ「まだ足んないッス」
——『G1 CLIMAX』、初出場、初優勝、今の気持ちを聞かせてください。
オカダ「初出場、初優勝だとか、そんなこと別に気にしてない。当たり前の結果が、ついてきただけです」
——それに加えて、“史上最年少”という歴史も創りましたが?
オカダ「いや、別にどうってことないですね。レベルが違うんで」
——優勝決定戦、相手は外国人初優勝を狙ったアンダーソン選手。死闘だったと思いますが?
外道「ま、頑張ったんじゃねぇのか?」
オカダ「そうですね」
外道「よくあそこまでやったよ、レインメーカー相手にな。レベルが違うとこ、よく頑張ったな」
オカダ「レベルが違いますね」
——レベルの違いを見せた『G1』となりましたが、IWGPは次の1.4までというのは、どういう意図が?
外道「そういうことだよ。レインメーカーに一番相応しい舞台で、取り返すから。取り返すのはいつでも簡単なんだよオイ!いつでも取り返せるんだよ!あの色男に言っておけ!『いつでも取り返してやる!』って。ただな、レインメーカーによ、相応しい舞台ってもんがあるだろ?年間最大のビックマッチだよ!1.4(東京ドーム大会)の、メインイベントを用意しろ!そこで、バッチリ取り返してやる!」
——オカダ選手はすぐにIWGPを取りにいくのではなく、1.4まで待つと?
外道「いつでも取り返せるんだよ!取り返すのなんて簡単なんだよ!舞台が問題だよな。東京ドームのメインイベントが相応しいだろうが。そこで取り返してやるよ!」
——オカダ選手、賞金は何に遣いますか?
外道「まだ、フェラーリに足んないな。俺のフェラーリ」
オカダ「(質問した記者に答えて)外道さんのフェラーリ」
外道「頭金だよ」
——初出場ということで、過酷なシリーズと言われている『G1 CLIMAX』を完走して、『G1』の過酷さは感じた?
オカダ「そんな過酷でもなかったッスね」
外道「いくつかな、想定外のことが起こったけどよ。間違いなく全勝優勝だと思ってたから。ま、ちょっと想定外だったけどよ、最後はよ、この通りだよ。大本命がきて、面白くなかったか?さて、乾杯か?なにに(乾杯するか)?『おめでとう』でもねぇな、当然のことだもんな。『当然のことが起こりましたー!!』でいこうか?」
オカダ「ま、そうなんで」
外道・オカダ「当然のことが起こりましたー!! (と言って乾杯)」
外道「なにもビックリすることはありません」
——ビールの味はどうですか?
オカダ「普通です」
 
アンダーソン「一つだけ、言っておきたい。ジャイアント・バーナードが去ったあと、自分は、新日本プロレスのファンにあることを示したいと思った。それは、自分はシングルプレイヤーとしても優れている、と。だから、2012年はマシンガンイヤーにする、と、言い続けてきた。そして、今日のオカダのことは、世界一のレスラーの1人だと思う。彼のことをリスペクトしている。今日の負けは、負けだよ。ただ、もう一回チャンスがほしい。今日も接戦だった。リマッチは、いつでもどこでもいいよ。『G1』は世界一のトーナメントだ。今年はあと一歩というところまで来た。自分も世界ナンバーワンの選手の1人だということを示せると思う。これから、一度、アメリカに帰るけど、また9月に帰ってくるよ」
——超満員の会場の「アンダーソン」コールは聞こえた?
アンダーソン「たくさんのファンがバックアップしてくれたことを感謝してるよ。日に日に声援が増えていったのは、新日本の目の肥えたファンが、自分の頑張りを評価してくれたからだろうね」
——『G1』決勝という夢の舞台の感触は?
アンダーソン「イエス。まさにドリーム・カム・トゥルーだね。2006年にロサンゼルス道場に修行して7年が経った。その頃から、『G1』に出るのが、そして決勝の舞台に立つのが夢だった。夢は必ず叶うんだ。ただし! 来年こそは『G1』のチャンピオンになりたいね。来年、勝つこと。これが次の目標です。バーナードライバーのこと? ああ、バーナードは自分のキョーダイ(日本語で)だからね。毎日、メールでやりとりしてるし、アドバイスをもらっている。バーナードライバーを出せば、僕の気持ちをファンもわかってくれると思ったんだ」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ