カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS NJPW 40th anniversary Tour G1 CLIMAX 22 〜The One And Only〜

日時
2012年8月7日(火)   17:30開場 18:30開始
会場
宮城・仙台サンプラザホール
観衆
2,500人

第4試合 30分1本勝負
G1 CLIMAX 22 Bブロック公式戦

VS

境界線

  • (1勝2敗=2点)
  • (2勝1敗=4点)
レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 かつて師弟関係にあった天山と後藤の『G1』Bブロック公式戦。昨年の公式戦でも対戦しており、そのときは後藤が勝利している。
 
 天山がカウンターラリアットで先制すると、後藤がカウンターショルダータックルで報復。そこからチョップ合戦になり、天山がモンゴリアンチョップ3連射で競り勝つ。
 だが、後藤は追走式ラリアットですぐに巻き返し、場外戦でエルボースタンプ、鉄柵攻撃、ラリアット。そして、リングに戻ると、チンロック、ジャンピングエルボードロップなどで天山の首を徹底的に痛めつける。
 追い詰められた天山は、マウンテンボムで逆転に成功。そこからモンゴリアンチョップ連射、ボディへのヘッドバット、串刺しラリアット、カーフブランディングと得意技を連発。そして、チョップで反撃した後藤を、カウンターニールキックでダウンさせる。
 ところが、後藤が牛殺しで逆襲し、首に大ダメージを負った天山の動きが完全にストップ。ここから後藤が、ミドルキック2連射、串刺しニールキック、バックドロップで追い討ちをかける。
 続いて後藤は昇天を仕掛けるが、天山が辛うじて逃れる。すると後藤は、腕ひしぎ逆十字固めで天山を捕らえ、昇龍結界から変型ネックロック。これはガッチリ極まっていたが、天山は辛うじてロープへ逃れる。
 すると後藤はもう1度昇天を狙い、抵抗した天山の顔面へヘッドバット。そして、そのままローリングラリアットを放つが、天山がカウンターで顔面にヘッドバットを見舞う。
 その後、両者のラリアットが2度相打ちとなり、そこから後藤がロープへ走る。しかし、天山がカウンタージャンピングネックブリーカーで倒し、アナコンダバイスで捕獲。
 さらに天山は、アナコンダバスターで後藤を叩きつけ、もう1度アナコンダバイス。すると、後藤が強引に立ち上がるが、天山が再びアナコンダバスターで叩きつける。そして、ダウンした後藤を、ムーンサルトプレスで圧殺した。

COMMENT

天山「オッケー! ヨッシャー! オイ見たか? よみがえった天山! 最高やな! 最高ッスよ! これで決められて。痺れ走ったけども、勝ったら勝ったで。バッチリ決まったし。気持ちいいッスね。後藤洋央紀、アイツはホンマ、海外から帰って来てから、俺を潰しやがってね、牛殺し。俺の大事な大事な首をやりやがってね。なんやかんやでこのブロック、リベンジしなアカンヤツがいっぱいおんねん。その中で、後藤洋央紀には、今までシングルで1度も勝ってない。『ちょっと待てよ』と。2012年『G1』、『また洋央紀にやられることはない。アイツには絶対負けたくない』。そう思いましたよ。アイツはね、ガンガン来てね、素晴らしいけども、ぶつかってきて、面食らって、1発1発があんな重い選手になってね、焦りましたよ。でもね、俺には受け止める力、残ってんやって。受け止めて、はね返して、力残ってるって。あまり俺のことナメたらアカンって。対戦相手、若い世代かもしれんけど、俺、絶対に踏ん張るで。絶対にアイツらに負けたないし。1敗、2敗、3敗もしたら終わりやしね。背水の陣でしたけどね、踏ん張る力、残る力、絶対持ってるしね。これで2勝? やっとこれで前半、半分済んだ。後半折り返して、こっから負けは許されないしね。獲りにいきますよ、一つ一つ。この『G1』、やっぱ完全燃焼したいッスね。自分自身が悔いのないように、燃えて、燃えて、燃えまくって、最後にお客さんが、俺を応援してよかったと喜んでもらえるような、そういう試合をしてね。お客さんの期待を裏切りたくないし、自分自身ケツ叩いてね、しっかりやっていきたいと思いますよ。また明日から気を引き締めてやりたいッスね」
——シングルプレーヤーとして、この『G1』で完全復活した?
天山「やっぱりタッグと違って、自分しか頼れないし、最後で『もうアカン』と思ったら、ギブアップするかもしれんし、自分の力をモロにシングル、『G1』っていうのに出るし。お客さんから見て『天山、やっぱり弱いな』とかより、『やっと復活したんちゃうか?』ってそう思ってもらえるように、見てもらいたいし。まだまだこんな、1勝2勝くらいで、“完全復活”って言ったら笑われるかもしれんけど、1勝1勝の積み重ねで、最後の最後にはガッチリと両国の決勝に残りたいですね。あの興奮をもう1回、あの感動をもう1回、味わいたいな。やっぱり。そのために、この1日1日、『絶対に負けてたまるか!』って気持ちでやってますよ」
——名古屋で真壁刀義選手、今日は後藤選手と、下の世代に勝ちましたが?
天山「やっぱり今年に入って、俺もこの『G1』に懸けてるし、今まで復帰したから、じゃあ若い世代に勝てるかっていったら、勝てなかったし。この『G1』っていう舞台で、真壁にしろ、後藤にしろ、まともに勝ったことなかった。俺の記憶にもなかったしね。この2人倒したっていうのが、俺自身の自信につながったし。この自信を大きくするために、明日も明後日もって、自分の身体を、自分の気持ちを信じて、やりたいですね、今年」
  
後藤「なぜ負けた? なぜ負けたんだ? 俺の油断か? いや、俺は油断なんて、これっぽっちもしていない。なぜ負けたか、わかんねぇ」

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年7月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ