カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS NJPW 40th anniversary Tour G1 CLIMAX 22 〜The One And Only〜

日時
2012年8月1日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2,020人(超満員札止め)

第8試合 30分1本勝負
G1 CLIMAX 22 Aブロック公式戦

VS

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 元WWEスーパースターのベンジャミンが、初参戦の『G1』でIWGPヘビー級王者・棚橋と対決。
 
 ベンジャミンが序盤から抜群の運動神経を見せ、バックドロップで棚橋を叩きつける。
 しかし棚橋は、串刺し攻撃に来たベンジャミンをカウンターバックエルボーで迎撃し、コーナー2段目に飛び乗ってフライングボディアタック。
 続いて棚橋はコーナー最上段にのぼるが、ベンジャミンもジャンプで追いかけ、雪崩式フロントスープレックスを敢行。さらに、ハンマースルーで棚橋を勢いよくコーナーへ激突させる。
 苦しくなった棚橋は、カウンターバックエルボーで逆襲し、ショートレンジドロップキック、フライングフォーアーム。そして、串刺し攻撃を狙うものの、ベンジャミンがカウンタートラースキックで迎え撃った。
 それでも棚橋はダルマ式ジャーマンスープレックスの体勢に入るが、ベンジャミンが前方回転エビ固めの形で脱出し、そのまま脚を取ってアンクルホールドを極める。だが、脱出した棚橋が、テキサスクローバーホールドでやり返す。
 しかし、ロープへ逃れたベンジャミンが、棚橋の突進を受け止め、バックブリーカーで逆転。そして、エルボーを連打して行くが、棚橋が張り手でやり返し、TWELVE SIXで突き刺す。
 さらに、棚橋がコーナー最上段にのぼると、またもやベンジャミンがジャンプして追いかける。しかし、棚橋がエルボーで叩き落とし、ハイフライフローを敢行。だが、ベンジャミンが両膝を立ててブロック。
 続いてベンジャミンがスピンキックで追撃すると、棚橋はやや強引な前方回転エビ固めを繰り出し、ジャックナイフ式エビ固めに移行。さらに、スリングブレイドで追撃する。
 すると、ベンジャミンが棚橋を突き飛ばして場外に落とそうとするが、棚橋はスリングブレイドで復活。そして、今度は自分がベンジャミンを突き飛ばすが、ベンジャミンも逆上がりで復活を遂げる。
 そしてベンジャミンはラリアットを放つが、棚橋がかわして延髄斬りをお見舞い。すると、ベンジャミンはパワーボムを仕掛けるが、棚橋が前方回転エビ固めに切り返し、スリングブレイド。そして最期は、今度こそハイフライフローを決め、強敵のベンジャミンを下した。
 
 試合後、棚橋はベンジャミンの健闘を称え、固い握手をかわす。そして、大きな「棚橋」コールを受けると、「『G1 CLIMAX』が!! 始まったぜーー!!」とマイクで絶叫。さらに、「いいか? このとおり、俺は(IWGPヘビー)チャンピオンだ。チャンピオンだから『G1 CLIMAX』、優勝するのが当たり前だろ?」と優勝宣言した。
 そして棚橋は、四方の客席へ向かって「後楽園!!」と絶叫し、「盛り上がって行こうぜー!!」の叫びから1回目のエアギターを敢行。さらに、フラフラになりながらもアンコールと「もう1回」コールに応え、合計3回の演奏を行なった。その直後、再びアンコールが沸き起こり、それが「棚橋・最高」コールに変わる。
 すると棚橋は、「皆さん、3回もアンコールありがとうございました! 引き続き『G1 CLIMAX』、盛り上がって行きましょう!」とファンに挨拶。最期は、「後楽園の皆さーーん!! 愛してまーーす!!」で『G1』初戦を締めくくった。

COMMENT

棚橋「アーーッ!……今年の『G1』は、『G1』への挑戦状だから。わかるか?チャンピオンがなぜ軽視される?俺は怒ってるよ。イチバンだからチャンピオンだろ?だったら『G1』も獲るから。俺が『G1』の価値観を、全部、ひっくり返して、俺色に染めます。……あ〜でも、ホントに世界は広いっすよ。世界は広いし、あらためて、今日の興行を観て、『G1』ってスゲーなって。だから、挑戦の価値があるなって。カート・アングル、チャーリー・ハース、シェルトン・ベンジャミン……チーム・アングル。だから、新日本プロレスの道場でやっていることは、絶対、世界に通用するから。若い選手、新日本の選手、道場での練習を信じて。練習が世界に通じてるんだったら、団体だって、世界に通用するようになるから、俺が世界に通用させてみせるから。なんの迷いもなく、練習に打ち込んで、新日本プロレスを、世界一にしようぜ!!」
 
ベンジャミン「アメリカでも、『G1 CLIMAX』は一番タフなトーナメントだと言っている。みんなも知ってると思うが、俺はWWEから来た。今夜は、世界でナンバーワンのレスラー、タナハシと闘った。『G1 CLIMAX』は簡単に勝てるトーナメントだとは思っていなかったからこそ、このシリーズに参戦した。新日本プロレスの中で本当のナンバーワン、世界一を決める場だと考えている。俺は勝つことに、いつもハングリーでいたい。今日は結果として負けてしまったが、この後勝ち続けたい。今日の負けは、世界でナンバーワンのタナハシに対しての負けだ。でも、本当の世界一は常に、このシェラトン・ベンジャミンだと思ってる。次、タナハシと闘うことがあれば、俺が勝って、世界のナンバーワンだということを証明したい。アリガトウ」
  
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ