DOMINION 6.16

日時
2012年6月16日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
6,850人(超満員札止め)

第4試合 30分1本勝負
スペシャルタッグマッチ

VS

  • “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

  • MVP

境界線

レフェリー|マーティー浅見

MATCH REPORT

 1月4日東京ドームで抜群の実力を見せつけたベンジャミンが、MVPと再びタッグを結成。
 
 先発したのはアンダーソンとMVP。両者一歩も譲らず、互角の勝負を展開する。そこからトンガ対ベンジャミンとなり、ベンジャミンがフロントスープレックスでトンガを大きく投げ飛ばす。さらに、ベンジャミンの串刺しジャンピングボディアタックから、MVPがジャックナイフ式エビ固め。
 しかしトンガは、コーナー最上段へ飛び乗り、トルニージョでMVPに逆襲。スイッチしたアンダーソンが、「ゴメンナサーイ!」と叫びつつ、セントーンで追い討ちをかける。
 その後もアンダーソン組優位の展開が続き、2人がかりでMVPを攻め立てる。しかし、MVPがバックブリーカーでアンダーソンに反撃し、間髪入れずにベンジャミンがトラースキックを見舞う。
 これで今度はアンダーソンが捕まり、MVPがフェースクラッシャー、ボーリンエルボー。しかし、アンダーソンは串刺し攻撃をかわし、ジャンピングフロントハイキック、ランニングパワーボムで逆転。さらに、コーナー最上段からダイビングガンスタンを敢行する。
 続いてアンダーソンは、スピニングガンスタンを狙うが、MVPに阻止されてジャンピングネックブリーカードロップが相打ち。リング上はトンガ対ベンジャミンとなる。
 ベンジャミンがパワーボムを仕掛けると、トンガが前方回転エビ固めで脱出。さらに、前後の連続リープフロッグから空手チョップを見舞うと、串刺しジャンピングボディアタック、コーナー最上段からのフライングボディアタックで追撃。
 ここで、MVPがプランチャでアンダーソンを分断。一方、リング上ではトンガがヘッドシュリンカーを仕掛けるが、ベンジャミンが脱出してエルボーで反撃。それでもトンガはコーナー最上段にのぼるが、ベンジャミンもコーナー最上段に飛び乗り、そのままフロントスープレックスでトンガを大きく投げ飛ばす。そして、ペイダート(飛びつきDDT)で勝負を決めた。

COMMENT

MVP「もう一度、言うぜ?俺とシェルトン・ベンジャミン、2人合わせて、その名も“ヴィクトリーズ”。俺たちが、どんなチームよりもベストであり、どんな問題も受け付けない。かかんで誇り高きチームなんだ。いま、このリングで誰がチャンピオンであろうが、関係ない!」
ベンジャミン「俺が、このニュージャパンに戻ってきて言いたいのは、このリングで最高峰の選手を決める大会『G1 CLIMAX』が夏にあるだろ?そこに出場志願したい。俺なら、『G1』のリングで実力を証明してみせるよ?」
MVP「おお〜、そうかい相棒。俺は、コイツの最高のパートナーだが、『G1』で試合することになったら、どうなる?俺は、オマエに必ず勝利する。そのあともう一回、タッグを組んでやっていくかい?」
ベンジャミン「フフフ。それはやってみないとわからないんじゃないかな?『G1』では、誰が相手でも恐れることはない。もちろんMVPとはタッグを組んでやっていくつもりだけどね」
MVP「オーケーだ。とにかく、今年こそ、俺は去年なれなかった“ナツオトコ”
になる自信がある。俺たち、2人、ブラック・ゴジラ、そして相棒のブラック・ラドンがニュージャパンを席巻するぜ?」
 
アンダーソン「知っての通り、シェルトン・ベンジャミンとMVPはビックマネーを掴んだ、世界でもトップな2人だ。今日はタマ・トンガとマシンガンがビックマッチで初めて組んだ。それはなかなか良かったと思うよ。また組んでやりたいと思う。自分達もよくやったと思うが、それ以上にシェルトン・ベンジャミンとMVPは本当に良かった」
トンガ「はじめに、今日は世界一のタッグチームの片割れ(アンダーソン)と組んで試合出来て良かった。こんな大きな大会に出れて良かったし、これからもチャンスを掴んで行きたいと思っている。俺は立ち止まらずこれからもやっていく」
アンダーソン「また、一緒にやろう」  
  • facebook
  • twitter

出場選手

  • シリーズ画像 タマ・トンガ
  • シリーズ画像 “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン
  • シリーズ画像 シェルトン・X・ベンジャミン
  • シリーズ画像 MVP

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ