DOMINION 6.16

日時
2012年6月16日(土)   17:00開場 18:00開始
会場
大阪・大阪府立体育会館
観衆
6,850人(超満員札止め)

第2試合 20分1本勝負

VS

境界線

レフェリー|佐藤健太

MATCH REPORT

 青義軍の永田&井上とキャプテンが、ついに合体。6月10日後楽園ホールで矢野と飯塚にコスチュームを引き裂かれたキャプテンは、イエローのニュースタイルで登場。
 
 永田と石井が先発し、激しいエルボー合戦で場内が盛り上がる。そこから永田がミドルキックを連射して行くと、石井は張り手連打で報復。これに永田が応戦して張り手合戦になり、さらに石井がヘッドバット。だが、永田はすぐさまカウンターフロントスープレックスでやり返した。
 ここで井上とキャプテンがタッチを求めると、永田はしばらく立ちどまってキャプテンを見つめる。しかし、井上とのタッチを選択。
 その井上は、スピアーでYOSHI-HASHIとロメロを同時に蹴散らすが、YOSHI-HASHIが逆襲して場外で鉄柵攻撃。さらに、ロメロがマイクで「フォーエバー!!」と叫びつつ、ストンピング連射。
 これでYOSHI-HASHI組が井上を捕まえ、ロメロがアッパーカット、ランニングダブルニーアタック。さらに得意の連続串刺しラリアットを敢行し、その流れにYOSHI-HASHIも加わって握手をかわす。だが、井上はカウンター水車落としでYOSHI-HASHIに逆襲。
 永田対YOSHI-HASHIとなり、永田がミドルキック連射、串刺しフロントハイキック、エクスプロイダー。しかし、YOSHI-HASHIはヘッドハンターで反撃。
 永田対石井の場面。石井が、串刺しラリアット、ラリアットの連続弾。対する永田は、フロントハイキック、エクスプロイダーで報復し、ついにキャプテンとタッチ。
 キャプテンは石井に対し、ショートレンジドロップキック、フライングボディアタック。そして、ファンの大声援を受けてダイビングヘッドバットを敢行するが、あっさりかわされて自爆してしまう。
 しかしキャプテンは、カウンター地獄突きで巻き返し、ヒラボトムで追撃。そして、キャプテンチャージを開始するが、ロメロがミサイルキックで妨害。そのロメロを井上がエルボーで蹴散らし、その井上にYOSHI-HASHIがドロップキック。しかし、永田がYOSHI-HASHIをフロントハイキックで吹き飛ばす。
 すると、キャプテンが石井を羽交い絞めにするが、永田のランニングフロントハイキックがかわされて誤爆。すかさず石井がラリアットで永田を蹴散らし、キャプテンにもラリアット。そして、垂直落下式ブレーンバスターでトドメを刺した。
 
 試合後、永田と石井が乱闘になるが、セコンドたちが制止して大事には至らなかった。

COMMENT

※石井組はノーコメント
 
井上「ちょっと、組んでみて、懐かしい感じはしましたね(と言って控室へ)」
——今日は黄色のコスチュームですが、どういう意図が?
キャプテン「永田君!今日はすまなかった。また悪を倒そうじゃないか!永田君!またよろしく頼む!(と言って握手を求める)」
永田「それがオマエが見つけた道か?」
キャプテン「永田君!悪を倒そうじゃないか!私はスーパーヒーローだ!永田君、また会おう!(と言って控室へ)」
永田「たかが一年だよ。去年の『DOMINION』思い出しますよ。人間って、こうも変われるものかと。ま、これが、あの男の自分で見つけた道ならば、信じて突き進めばいい。久しぶりに新日本のマットで試合をして、まだまだもの足りないし。この新日本の巡業に加わった俺のパワーは、もっとスゴイものになる、それを今日は証明したかったよ」
——石井選手との激しい打ち合いは、完全に永田選手の中で燃え上がる炎が、ますます燃えていくという感じがあるんでしょうか?
永田「現在の新日本プロレスに、もしかしたら、どこか遠くになくそうとしているストロングスタイル。ストロングスタイルはなくしちゃいけない。それをちょっとだけ、リングで披露したまでですから。効いたよ!石井のビンタ!ラリアート!エルボー!効いたな!こんなのどこ行っても、なかなか味わえない。だから新日本のリングなんですよ」
——キャプテンの話をする時の表情と、石井選手の話をする時の表情と全然違うんですが?
永田「一応、俺のかわいい弟子だったからね。ダメなのを、地の底からすくい上げようとした、かわいい弟分だったから。そういうヤツだったから、アイツは。人それぞれ、選んだ道というものがあるけど、あの道が本人の選んだ道ならば、決定的に貫いて、やるべきだよ。それに対して俺は、何もしない。もう手助けもしない。自分で掴み取るしかない。それが正義の力だ。本当の正義を貫いてこそ、あのキャプテン・ニュージャパンっていうのを確率させることが出来るだろうから。頑張って欲しいよね。そういう意味で」
——タッチする時にいろんな思いがあったと思いますけど、何回か躊躇してからタッチしましたよね?最後はどういう気持ちでタッチしたんですか?
永田「ただ、『貸したまえ!』って言葉は俺に響いたな。最後の一言、なぜか響いてしまった」
——井上選手が一言、『懐かしい感じがした』と行って立ち去ったんですが、永田選手はその懐かしさというのは感じましたか?
永田「懐かしさもあったのかな?そこで気を許してタッチしたのかもしれないし。過去はどうしてもあるわけで。どんなに失敗しても、最後まで許して我慢して、成長を信じる。信じようと思った心が、タッチをしたかなと。信じてますよ、今も、僕は。かつてのあの男に対してね。信じ、待ち、許す。これが青義の心。まだ、待ってますよ。ゼア(敬礼アピール)」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ