NJPW 40th anniversary Tour NEW JAPAN LIVE 2012

日時
2012年5月6日(日)   15:00開場 16:00開始
会場
岡山・岡山県卸センター・オレンジホール
観衆
1,450人(超満員札止め)

第6試合 30分1本勝負

VS

  • “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン

  • 結果

    YOSHI-HASHI

境界線

レフェリー|レッドシューズ海野

MATCH REPORT

 前日の高松大会と同じく、棚橋、後藤、内藤、アンダーソンがチームを結成。オカダ率いるCHAOSメンバーと8人タッグ戦で対決。
 
 ゴング前、内藤がオカダと睨み合うと、棚橋が「下がれ」と言って内藤を押す。しかし、内藤が敵意をむき出しにして棚橋を押し返し、両者が小競り合いに。だが、アンダーソンと後藤が止めに入り、棚橋対オカダで試合がスタート。
 オカダが、ヘッドロック、ショルダータックルで先制。これに対して棚橋は、ショルダータックルをお返しし、コーナー2段目からのフライングボディアタックで追撃。ところが、内藤が棚橋の背中を叩き、強引に交替した。
 アンダーソン対中邑の場面。アンダーソンが繰り出したフライングメイヤーを、中邑が着地。しかしアンダーソンは、リープフロッグで中邑を翻ろうし、セントーンをお見舞い。そして、乱入した田中をパワースラムで排除するが、直後に中邑がカウンターニーリフトで逆襲。さらに、アンダーソンをコーナー最上段へ固定し、ボディへランニングニーアタックを食らわせた。
 これを合図に両軍入り乱れての乱闘となり、田中がアンダーソンを竹刀で殴り、中邑がミドルキックと膝蹴りで追い討ち。アンダーソンは動きが完全に止まってしまい、長時間のローンバトルを強いられる。
 アンダーソンは、オカダのエルボースタンプや低空ランニングフロントキックを浴び、田中の串刺しジャンピングエルボー、中邑のニードロップ、ミドルキック、頭部への膝蹴りなどで追撃される。それでもカウンターゼロ戦キックで中邑に反撃するが、タッチを妨害されてリバースパワースラムを食らい、なおも苦しい展開が続く。
 しかしアンダーソンは、ボマイェで突っ込んで来た中邑にスピニングスパインバスターで逆襲し、ようやく自軍コーナーへ戻る。これで後藤対田中となり、エルボー合戦から後藤が追走式ラリアット、ミドル連射、串刺しニールキック、地獄車とラッシュ。だが、PKをキャッチした田中が、ブレーンバスターでやり返した。
 後藤対オカダの場面。オカダが串刺しバックエルボーからフロントハイキック。これに対して後藤がバックドロップで逆襲すると、棚橋と内藤が同時にタッチを求める。ところが、内藤が棚橋を突き飛ばして場外へ落とし、自ら出陣。
 内藤は、ヘッドシザースホイップでYOSHI-HASHIを吹き飛ばし、ドロップキックでオカダをなぎ倒す。だが、串刺し攻撃をかわしたオカダが、リバースネックブリーカーで流れを引き戻し、DID、ダイビングエルボードロップで追撃。そして、レインメーカーに行くものの、内藤がかわしてジャンピングエルボーアタックで逆転。
 ここで内藤は叫び声をあげて気合を入れるが、控えの棚橋が背中を叩いて強引に交替。だが、棚橋はオカダのフラップジャックでダウンしてしまう。
 棚橋対YOSHI-HASHIとなり、YOSHI-HASHIがラリアット、チャクラム。さらに、オカダと中邑のアシストを受け、ジャンピングパワーボムで棚橋を叩きつける。これを棚橋がクリアすると、YOSHI-HASHIはスイングネックブリーカーからスワントーンボムを敢行。しかし、棚橋がかわして自爆を誘い、スリングブレイドで逆転。
 それを見て田中が乱入するが、後藤がローリングラリアットをお見舞い。その後藤に中邑が襲い掛かると、アンダーソンがジャンピングフロントハイキックで蹴散らす。すると、オカダがアンダーソンをドロップキックで吹き飛ばすものの、内藤のミサイルキックで沈黙。
 このチャンスに、棚橋がTWELVE SIXからハイフライフローを決め、3カウントを奪取した。

 試合後、石井が乱入して後藤を急襲。観客席に後藤を押し込んで痛めつける。しばらく動けなくなった後藤だが、立ち上がって石井に報復。両者はバックステージでも激しくやりやった。

 一方、オカダはIWGPヘビー級ベルトを肩にかけ、不適な笑みを浮かべて棚橋を指差す。そして、セコンドの外道がマイクを掴み、「テメーが次のチャンピオンか!? 笑わすな、コノヤロー! レインメーカーはよ、相手、選ばねぇぞ! オメーだろうがよ、内藤だろうがよ、後藤だろうがよ、結果は一緒だよ。レベルが違うんだよ、コノヤロー、オイ! テメーらは永久に本物を越えることができねぇんだ。テメーを返り討ちにしてよ、新日本の中心から弾き出してやるからよ!」と、棚橋を挑発。オカダは自分から言葉を発さず、自信たっぷりにレインメーカーポーズ。これに対抗し、棚橋も両手を広げてアピールした。

 オカダが退場すると、内藤がリングに入り、棚橋と至近距離で睨み合う。そして、「棚橋! 次の挑戦者はまだ決まんねぇんだよ。棚橋、オマエには譲らない。次の挑戦者は俺だ」と言い切り、花道を引き上げた。

 それを見届けた棚橋は、いつもとは違う低くゆっくりとした口調でマイクアピールを開始。「真面目な話をしよう」と前置きした上で、「内藤がなんと言おうと、レインメーカーが本物であろうと、必ず俺が挑戦してベルトを取り戻します」と宣言した。
 その直後、棚橋は「ありがとう、真面目な話は以上です」と言ってファンを笑わせ、「今日はどうもありがとうございました!」と挨拶。これで大「棚橋」コールが起きると、今度は「じゃあ、改めて」と前置きし、「岡山に新日本プロレスが帰って来たぜーー!!」と絶叫。さらに、「ゴールデンウィーク最終日、新日本プロレスを見に来てくれて、本当にありがとうございました! これからもっと頑張って、クソ盛り上げて行きますんで、これからもよろしくお願いします!」と続けた。
 続いて棚橋は、ファンの要望に応え、3回のエアギターを敢行。最後はもちろん「岡山の皆さーん!愛してまーす!」の叫びで、ロングサーキットを締めくくった。

COMMENT

内藤「まだ、まだ、(IWGPヘビーの)チャレンジャーは決まってないんだよ。みんな棚橋だと思ってる? 棚橋が最有力? 俺もそう思うよ(ニヤリ)。でも! まだ決まってないんだよ。決まってないし、諦める気も、サラサラない! 明日か? 明後日か? わかんないけど、挑戦者、発表されるんだろ? たとえ棚橋だったとしても、俺は諦めないよ! 新日本プロレスがなんと言おうと、(6/16)大阪当日、そして(30歳になる)誕生日(6/22)を迎えるまで、諦めない。棚橋! 俺はしつこいからな! 諦めない! 諦めない! 大阪のメインに立つのは、俺だ!」
棚橋「なんか、最後、リング上でポツンと1人ぼっちになって、『ああ、ベルトをめぐる人間模様って、“エース”は孤独だな』と感じました。ただ、この俺をこうやって、ファンが背中を押してくれるから。このシリーズ、感じて来たからね。どんどんアピールを続けて、全員、田中も、中邑も倒して、“未知の領域”へ。新日本の“今まで行ったことのないところ”に俺は行きます! 必ず挑戦します!」
※後藤、アンダーソンはノーコメント
 
田中「(※棚橋とのシングル戦について)いつになったらやんねんって。こっちはいつでもオーケーって言っとるやろ、オマエ」
YOSHI-HASHI「今日でシリーズ終わったけどな、全部終わったわけじゃねぇよ。次のシリーズ、片っ端、やってやるからな! マーチン・ホット!」
中邑「タコスもそう言ってるな。アイツはな、サルサ・デルデよりもな、サルサ・メキシカーナの方が好きなんだ、コノヤロー! そんなこと言っても、わかるヤツにしかわかんねぇな。な、どうする? 俺はどうする? いつも一緒だ。何のためになりたくて、この世界に入って来た? 強くなりてぇからだろう? どうするんだ? 何を見るんだ? 自ずと、自分自身だよな?」
オカダ「次は誰だ? 棚橋か? いいぞ。オマエにIWGPの遠さ、教えてやる。昨日、やったろ? イリミネーションで。俺1人、誰も倒せなかったな。IWGPはな、そんだけ遠いんだよ。今、そのレベル、わかんねぇか? そんなにアホか? 来いよ!」
外道「誰だろうが、関係ねぇんだよ! な? 内藤だろうが、後藤だろうが、あのカスだろうとよ。レインメーカーは関係ねぇぞ。誰でもいいぞ、オイ。いつでも来い! 誰でも来い、コノヤロー! 止めてみろ! レインメーカーをよ! カネの雨を止めてみろ、コノヤロー! テメーが来んのか? 返り討ちだ! 返り討ちにしてよ、新日本の中心から弾き出してやるよ。それでテメーは終わりだ、コノヤロー!」
  • facebook
  • twitter

出場選手

EVENT CALENDAR

2021年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ