SATOSHI KOJIMA 20th ANNIVERSARY 「RUSH!!」 〜やっちゃうぞバカヤロー〜

日時
2011年12月14日(水)   17:30開場 18:30開始
会場
東京・後楽園ホール
観衆
2,000人(超満員)

MATCH REPORT

 試合開始前、場内のビジョンに蝶野正洋が登場。「今日の披露宴、どのような感じでしょうか?」とジョークを飛ばした上で、「これからもプロレス界を引っ張って行くという気持ちで、頑張ってもらいたい」と、小島へお祝いメッセージを送った。
 
 そんな中で開始された第6試合は、1月4日東京ドームで行なわれるIWGPヘビー級選手権試合の前哨戦。
 
 王者・棚橋、挑戦者・鈴木の先発で試合がスタートし、両者は手四つの力比べを展開。そこから棚橋がスリーパーホールドを極めると、鈴木はすぐに切り返して腕を取る。そして、ヘッドロックを極めた。
 その直後、タイチが背後から襲いかかり、棚橋を羽交い絞めにする。ところが、鈴木が「離せ!」命じ、真正面から棚橋と対峙。そして、腕ひしぎ逆十字固めを極めたものの、棚橋はロープへ逃れた。
 KUSHIDA対タイチの場面。すぐに逃げ出してさんざんKUSHIDAをじらしたタイチが、握手の手を差し出す。そして、不意打ちを狙うものの、KUSHIDAがすぐに逆襲。ドロップキックでタイチを場外に落とし、ハンドスプリングでフェイントをかける。
 ところが、鈴木が背後からKUSHIDAに襲い掛かり、場外戦が勃発。鈴木が棚橋、タイチがKUSHIDAをいたぶり、試合の流れを一気に引き戻した。
 これでKUSHIDAは鈴木組の標的にされ、鈴木のローキック、チキンウィングアームロック、タイチの顔面攻撃、急所攻撃などを浴び続けて大ピンチに陥る。しかし、ハンドスプリングエルボーで鈴木に逆襲し、自軍コーナーへ生還。
 ようやく出番となった棚橋は、鈴木にドロップキック、太陽ブロー&エルボー、フライングフォーアーム、ダイビングサンセットフリップで追撃。しかし、鈴木が追走式キチンシンクで反撃し、串刺しフロントハイキック、ランニングローキック、卍固め。
 その後、エルボー合戦が展開され、そこから鈴木が一本足頭突き2連発。すると棚橋は、ミドルキックをキャッチしてドラゴンスクリューへ行くが、鈴木が踏ん張って阻止し、腕ひしぎ逆十字固めで反撃した。
 KUSHIDA対タイチの場面。棚橋組がトレイン攻撃を仕掛け、棚橋の串刺しドロップキック、KUSHIDAの串刺しダブルニーアタック、棚橋のスリングブレイド、KUSHIDAのその場飛びムーンサルトプレスが連続で決まる。
 さらにKUSHIDAはロープへ走るが、鈴木がエプロンからキックをお見舞い。すかさずタイチがパントキックで追い討ちをかけ、トップロープを利用した2段式ジャンピングパワーボムに繋げる。
 続いてタイチはショートタイツ姿に変身し、ロープへ走る。しかし、KUSHIDAがカウンターエルボーで迎撃し、エレファントキック、ジャーマンスープレックスホールド、バズソーキックと畳み掛ける。
 ここでKUSHIDAはコーナー最上段にのぼり、ムーンサルトプレスを敢行。タイチが逃げることを先読みし、足から安全に着地する。ところが、その直後に鈴木が背後からスリーパーホールドを極め、ゴッチ式パイルドライバー。そして、棚橋を卍固めで分断すると、フラフラ状態のタイチが、KUSHIDAを押さえて3カウントが入った。
 
 試合後、鈴木がマイクアピールを開始。
 
鈴木「オイ、棚橋。ちょっと聞いてくれ。俺はよ、昭和最後の年、昭和63年の6月に、このリングでデビューした。このリングで生まれたんだ。それは紛れもない事実だ。(※ファンの野次に対し)そうだ、ちょっとしか(新日本に)いなかった。ああ、(いたのは)9ヶ月だ(キッパリ)。そのあとUWF、藤原組、そしてパンクラス、総合格闘技、俺なりのやり方で、子供のころ憧れたストロングスタイルをやってきたつもりだ。そしていま!ここにいるんだ(※大拍手)。1月4日の東京ドーム、オマエの新記録とか、そんなこと関係ねぇぞ。これは、オマエが『呪い』とか『呪縛』とか言ってる古い新日本……、そうだ。新日本の歴史と歴史の勝負だ。な?どっちがつえぇか? 東京ドームで……勝負だ!!」
 
 これに対して棚橋は「アンタの言う歴史から俺は逃げない! そして、アンタからも逃げない。そして! ストロングスタイルからも逃げない!! アンタのすべてを飲み込んで、そして勝つからな!!」と大声で返答。即座に鈴木が「やってみろ、オイ!!」と叫び、両者はさらに激しく睨み合った。

COMMENT

タイチ「ボス、俺には考えてることがわかんねぇ……」
鈴木「いま言いたいことはリングで言ったよ。ストロングスタイルなんか、“言葉の亡霊”じゃない。俺が生きてるんだ。俺が命懸けてやってきた、今までの20数年のプロレス、これこそが全て、これこそがストロングスタイルだ。棚橋、勝負だ。かかってこい!」
  
棚橋「……俺が!対戦相手と向き合ったときに、一番大事にしてるのが、目!! そして、言葉の先にある心意気!! アイツのスタイルは、俺は気にくわねーけど、ただ、言ってるだけのことは……あるな。ああ、あると思うよ。歩んできた道は違えど!その先にストロングスタイルがあったっていう答えは、間違いじゃない。やっぱ、闘いには闘う理由がほしい。今回、その理由!俺にとって充分すぎる!鈴木みのる!すべての歴史!そしてストロングスタイル!……、全部、俺がこのベルトと一緒に、飲み込んでやっから!」
※KUSHIDAはノーコメント

 
 
  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ